不思議探偵社.

地震予知・前兆現象・予知・予言・UFO・宇宙人・透視・超常現象・都市伝説など不思議系情報をお届けっ!【さくらさんの未来予知公式サイト】

サイト内検索

             

その他

【アメリカ大統領選挙2020】気になる動きをピックアップっ!(クライマックス版その1)~アメリカ首都ワシントンDCで信じられない光景がっ!&再びジョージア州の上院選挙で露骨な不正が行われる~(1月6日)

アメリカ大統領選挙2020これまでの動き

トランプ大統領の写真

ドナルド・トランプ大統領

【アメリカ大統領選挙2020】気になる動きをピックアップっ!(1)

【アメリカ大統領選挙2020】気になる動きをピックアップっ!(2)

【アメリカ大統領選挙2020】気になる動きをピックアップっ!(3)

【アメリカ大統領選挙2020】気になる動きをピックアップっ!(4)

【アメリカ大統領選挙2020】気になる動きをピックアップっ!(5)

【アメリカ大統領選挙2020】気になる動きをピックアップっ!(6)

【アメリカ大統領選挙2020】気になる動きをピックアップっ!(7)

【アメリカ大統領選挙2020】気になる動きをピックアップっ!(8)

【アメリカ大統領選挙2020】気になる動きをピックアップっ!(9)

【アメリカ大統領選挙2020】気になる動きをピックアップっ!(10)

【アメリカ大統領選挙2020】気になる動きをピックアップっ!(11)

【アメリカ大統領選挙2020】気になる動きをピックアップっ!(12)

アメリカ首都ワシントンDCで信じられない光景がっ!(1月6日)

ワシントンDCの写真

日本時間では明日(7日)になりますが、アメリカ大統領選挙は「選挙人投票の集計」が行われ、おそらく今回の大統領選挙の勝者が確定する見込みです。

それに先立ち、トランプ大統領がアメリカ国民に次のように呼びかけていました。

「1月6日に首都ワシントンDCに集結し、声を上げようっ!!」

これは、大統領選挙で不正が行われていたことが明るみになったことで、アメリカ国民の多くが今回の大統領選が盗まれたと認識しているので、大統領選で最も重要な日となる1月6日に首都に集結し、「不正を許さない」という意思を示そうというトランプ大統領からの呼びかけです。

そして、現在(現地時間5日)のワシントンDCの様子がこちらっ!!!

ワシントンDCの様子(2021年1月5日)

信じられない光景となっていますっ!!!

遥か遠くの方まで民衆が途切れることなく続いています。写真に写っているだけでも軽く数十万人はいると思われます。

前日でこの状態ですから、明日はどのような状況になるのか想像できません。

今、アメリカの首都がとんでもない状況となっています。

日本のマスコミはこれをちゃんと報じるのでしょうか?

明日、トランプ大統領が民衆の前で演説を行うということですから、アメリカの歴史に残るような演説になることは間違いないと思います。

かつてここまで民衆を集めた政治家がいるでしょうか。

お正月に、トランプ大統領の特集番組(大統領になる前の話)を昨年秋頃に録画していたのを思い出して観たのですが、トランプ大統領の本当の顔はボクたちが思い描いている人物像とはかけ離れていると思います。

一言で言うなら、非常に頭が良く、強かな戦略家。そして演技派……、このような印象を持ちました。

ツイッターでの発言も演説もすべて、民衆が期待する「トランプ像」を熟知していて、それを完璧に演じているだけだと推測しています。

再選した際には、トランプ大統領について特集記事を書きたいと思いますっ!

兎にも角にも、明日はアメリカに大々注目の一日ですっ!!

 

スポンサーリンク

 

再びジョージア州の上院選挙で露骨な不正が行われる(1月6日)

アメリカの地図の画像

本日(現地時間5日)、ジョージア州で「上院選2議席の決選投票」が行われました。

そして、現在投票の集計が行われているのですが、なんと驚くべきことに、投票の集計には大統領選挙でも使われた疑惑の「ドミニオン集計システム」が再び使用されました。

そうなると、真っ先に疑われるのが得票集の改ざん。

で、早速不正が行われたようですっ!(笑)

ジョージア州の上院選で行われた不正の証拠

なんと、共和党議員の得票数が30000票以上も削除されたのですっ(笑)

もう、露骨過ぎて言葉が見つからないですが、さらに大統領選挙を彷彿とさせるアレも登場しましたっ!

ジョージア州の上院選で行われた不正の証拠

「バイデンジャンプっ!」という名の異常な得票数水増しですっ(笑)

オレンジと黄色のグラフは民主党からの候補者です。

わずか数分で民主党の2名の得票数がグイーーン!と急上昇しています。

大統領選挙でもバイデン候補の得票数が短時間で理論上あり得ないほどに急上昇し、後に「バイデンジャンプ」と名付けられた現象です。

そして、今回も集計中にドミニオン集計システムに「謎の不具合」が発生し、集計が一時止められるという事態も発生しました。

現状ではアメリカの選挙はまったく意味をなしていない、不正を未然に防げていないと言えますので、法律から実施方法に至るまで全てを変えないとダメだと思います。

しかし、勘ぐった見方をすると、大統領選での不正騒動も今回の選挙もすべてトランプ大統領の計画通り、思惑通りなのかも知れません。それは後に判明すると思います。

引き続き、アメリカ大統領選挙をウォッチしていきますっ!

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

不思議探偵社Twitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

-その他