不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

奇跡・神秘・前世 宇宙人・UFO・UMA 心霊・怪奇・ホラー 超能力・超常現象

[不思議体験記-11冊目-]みなさんからの投稿[10月4日更新]

2018/10/04

ファンタジーなイラスト

不思議探偵社は、みなさんの不思議な体験や恐怖の体験、奇跡的な出来事などの投稿をお待ちしています。「異世界へ行ったことがある」「UFOにさらわれたことがある」「前世の記憶がある」「河童と相撲をしたことがある」「悪魔にとり憑かれたことがある」といった話、またそういった話を聞いたことがある、という方は、ぜひご投稿を!

不思議体験記の本棚

[不思議体験記-1冊目-]
[不思議体験記-2冊目-]
[不思議体験記-3冊目-]
[不思議体験記-4冊目-]
[不思議体験記-5冊目-]
[不思議体験記-6冊目-]
[不思議体験記-7冊目-]
[不思議体験記-8冊目-]
[不思議体験記-9冊目-]
[不思議体験記-10冊目-]

途中で電車を降りたから(10月4日) NEW!

投稿者:ななぴん さん
投稿日10月4日(木)

線路の写真

7年ほど前、実家の父の話です。

認知症を患ってはいましたが、普通に会話が出来る状態でした。

体調が悪くなり救急車で病院へ。貧血がひどいということで大事をとって入院することになりました。

落ち着いていたので入院の用意を取りに家に戻っている合間に大量の吐血をして危篤になりました。

かなり重篤な状況で覚悟もしたのですが、緊急オペがうまくいき一命を取り止めました。

その父が回復して少し話もできるように鳴った頃。

あの人たちはどこへ行った?

話を聞くと、自分は電車に乗っていたと言います。

周りにたくさんの人がいたのだけど、失礼して自分だけ駅で降りてしまった。

黙って降りてしまって…あの人たちはどこに行ったのだろう。

父は途中で電車を降りたので戻ってこられたんだなとその時思いました。

 

スポンサーリンク

 

あの世でも、たくさんの人をいっぺんにお迎えする時は、準備が必要なのよ

投稿者: さん
投稿日10月2日(火)

花壇の写真

かなり前ですが、不思議な夢を見た時のことを投稿します。

見たのは東日本大震災の約1か月前で、非常に印象的な夢でした。

夢の中で、私は友人と一緒に総勢8人位で連れ立って、新しく建てられたか、あるいは改修工事を終えたばかりのお寺を観光で訪れています。

境内は広く、大勢の観光客で賑わっていました。

庭には蓮の浮かんだ縦長の池があり、設えてある小さな滝から水が注がれていましたが、水面は濁っていて結構苔むしていました。

池の正面には真新しい仏像が安置されていて、花なども両脇に綺麗に活けてあり、全てがきちんと整えられているのに、そこにいると段々気が滅入ってきます。

ここにはもう神様はいない。神様は去ってしまった)そう強く感じるのです。

時間も昼前なのですが、景色が色あせて見え始めました。

そう感じているのは私だけで、友人たちは楽しそうに観光しています。

寂しい気持ちが募って耐え難くなり、私は皆に「ここを出よう」と提案しました。

お寺を出ると川沿いの道路に出ましたが、そこも薄暗く陰気に感じます。

それでも、右方向約1キロ先の、道を挟んで向かい側の土手に、雲間から光が差し込んで明るく輝いている場所があり、私は「そこに行こう」と提案しました。

早足でそこに向かい、ふと振り返ると私に付いてきた友人は1人しかいませんでした。

陽が照らしていたその場所には、非常に小さな、腰の曲がった無愛想で無口な老婆が1人いました。

近くには老婆の住まいと思われる木でできた小屋と、手入れの行き届いた花壇がありましたが、そこに咲いている花々が非常に美しかったのです。

全く見覚えのない品種で、花の大きさも大きくも小さくもなく、色もパステルカラーで一重咲き、そんな花が一面に咲いていました。

バラやユリのように豪華な花ではないのですが、「命が輝いている」と表現するのが一番しっくりくる感じで、とにかく圧倒的でした。

それらが露に濡れ、陽を受けてきらきら光っています。

花壇に近づこうとすると老婆に身振りで制止されましたが、その時の私は(生気を感じるものの側に行きたい)という思いにひどく飢えていたので、「分かっています。花には絶対触りません。花壇の中にも入りません。ただ、近くで花を見たいだけなんです」とお願いし、近寄って眺めました。

(この花たちは、本当に「生きて」いる)と強く、感じました。

干渉してはいけないものだということは本能的に分かったので、屈んで眺めた時も、吐く息もかけないように口元を押さえていました。

花壇には注意書きが書いてあると思われる木札が立っていましたが、筆字が達筆すぎて読めませんでした。

しばらく眺めた後、老婆に「ありがとうございました」とお礼を言って立ち上がり、遠巻きに私の様子を見ていた友人に向かって「ここにはまだ神様がいる。ここにはまだ神様がいるよ!」そう言っているところで目が覚めました。

ずいぶん後になって(恐らく東日本大震災に関係がある夢だったんだな)と気づきましたが、どう関連するかが分からず気になっていました。

機会があってつい先日、霊能者の方にこの夢の話をしたのですが、その方いわく「あの世でも、たくさんの人をいっぺんにお迎えする時は、準備が必要なのよ」と言われ(あれはそういう夢だったのか)と納得しました。

私は三途の川のほとりに迷い込んだみたいです。

 

スポンサーリンク

 

工事現場で働いていた時の話

投稿者:やぎゅうじゅうべえ さん
投稿日10月3日(水)

工事現場の写真

私が工事現場で塗装業をしていた時の話です。

5年前の2013年の11月、私は精神を病んでいました。

ミーンミーンとセミの鳴くような幻聴が聴こえたり、UFOの人が話している声が聴こえたりと、だんだんと仕事に差し支えるような状況でした。

その頃です。不思議な事が起きました。

ある住宅地の現場で他の業者が奇妙な物体を設置し出したのです。

私はその頃塗装歴二年でしたがそんな器具は見た事もなく、また、見ただけで工事現場に使うような物ではない事が解ります。

それは注射器のような形をしており、どちらかといゆと医療器具のようでした。

中には油のような物が入っていて、白いタンクのような物が付属していて目盛りが書いてあるようでした。

そのタンクの中にも油のような液体が入っており、興味が湧いて触ったところ『ブチュッ』とか『ヌバッ』と言ったような音を立て弾けるようにそのタンクが外れて50センチほど吹き飛びました。

その後、そのタンクを元に戻そうと元の位置にはめようとしたのですがはめる事が出来ませんでした……。

写真を見れば解るようにかなりの量がかなりの範囲設置されています。

やぎゅうじゅうべえさんからの投稿写真

大きさは手のひらに収まる程度の大きさです。写真はたくさんあるのでたくさん見てもらいたいです。

また、その後その設置した業者はその工事現場の責任者と口論をしており、その数日後来てみるとこつぜんとこの器具は消え去っておりました……。

つまり謎の作業、いらない仕事だったのです。

例えば麻○業者の工事現場を利用した証拠隠滅でしょうか。

この器具は調べても今まで全く正体がつかめません。全くの謎です。

(レオからのコメント)
これは、コンクリートのひび割れ補修を行っているところです。自動低圧式樹脂注入という工法です。

白い液体はエポキシ樹脂です。

ですので、怪しい組織が関与しているわけではないのでご安心をっ!

 

スポンサーリンク

 

白い犬からのメッセージ

投稿者:ひむか さん
投稿日10月2日(火)

白い犬の写真

レオさん、こんにちは。台風24号で被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。25号も嫌な進路ですが・・・。

8月の下旬のある日(日にちは、すみません。22日ごろかなと。)に、白い犬の「ワン」と言う一声で目が覚めました。

耳元で大きな声で一声。びっくりして、目が覚めました。(犬は飼ってません)

時刻は3時46分。何故か、時計を見てはっきりと覚えています。

嫌な胸騒ぎを覚えましたが、何事もなく過ぎていきました。

そして、9月6日、頭を3回ぽん・ぽん・ぽんと触わられ目が覚めました。

時刻6時8分。(誰も触ってません)

テレビをつけると、北海道の胆振地震の事がニュースで、放送されていました。

毎日、夢は見るんですが、ほとんど忘れています。

でも、犬の声と頭をポンで目が覚めた時の事は、はっきりと覚えていて、何かを知らせているような気がしているんですが・・・。

 

スポンサーリンク

 

北海道大地震の7時間前に撮影された写真に

投稿者 :バタコさん
日 時 :2018年9月5日20時
場 所 :北海道 札幌市
コメント:胆振東部地震が発生する7時間前に撮影した夜空の写真です。

近所の球場を散歩して何気なく撮影しましたが、夜空に電気のようなリングが二つ写り混みました。

撮影時は全く気付きませんでしたが、帰宅後確認した所、奇妙な気分でした。

その7時間後に多地震が発生しました。気がかりなので投稿させていただきます。

北海道胆振東部地震の7時間前に撮影された写真

※地震雲のコーナーにご投稿頂きましたが、不思議体験記の方に掲載させて頂きます。

写真をよーーーく見てみると、確かに2本の短い棒状の光が写っています。

見やすいように拡大してみます。

北海道胆振東部地震の7時間前に撮影された写真

拡大その1

さらに拡大してみます。

北海道胆振東部地震の7時間前に撮影された写真

拡大その2

何でしょうか…この光は…

飛行機の光などではなさそうです。

今流行のドローンとかも考えられますが、光だけで機体のようなものは写っていません。

となると、これは謎の発光体が飛んでいたということになりそうです。

そして、左右の光は微妙に形も光り具合も違うので、謎の発光体が2つ並んで飛んでいたということになりそうです。

そして、拡大その1をよーーーく見てみると、写真右端にも謎の発光体が写っています。

拡大してみます。

北海道胆振東部地震の7時間前に撮影された写真

拡大その3

こちらも飛行機やドローンなどではないようです。

いわゆる円盤型のUFOが光っているように見えます。

この写真が撮られたのは、9月6日未明に発生した北海道大地震の7時間ほど前とのことですが、大地震や火山噴火などの大災害が起こる前に、その周辺でUFOが出現して目撃されるケースが多々あります。

東日本大震災や熊本地震が発生する直前にも、上空にUFOらしき物体や謎の発光体が出現していました。

また、福島原発事故の際にも、上空に謎の白い球体が現れて撮影されていました。

UFOと聞くと「宇宙人の乗り物」というイメージを持っている方が大多数だと思いますが、UFOはタイムマシンという説もあり、過去に起きた大災害や大事故を未来から観察しに来ているという説もあります。

今回、バタコさんが撮影した謎の発光体もおそらく自然現象などではなく、大地震が起こることを知っていたUFOやタイムマシンだったのだと思いますっ!

信じるか信じないかは、あなた様次第でございますっ!!!

 

スポンサーリンク

 

お経を読んでみると

投稿者:rozi さん
投稿日9月27日(木)

お経の写真

初めて、初投稿失礼致します。私自体は感が良いだけのみることもできない人間なのですが、私の周りには視える人がいたり、憑かれたりした人が何人かいます。

私自身も払った(無意識、友人談)経験があるそうなのですが、それよりも私の祖父の話をさせて頂きます。

私の母がまだ子供の頃、普段元気な祖父が急に苦しみだしたことがあるそうです。

祖母が霊感のある方に見てもらったところ亡くなった親類の方がついてしまっていたとのことでした。

これは大変だとなりその時のご近所さんや他の親戚の方を集めて読経を100回近く繰り返しました。

その甲斐あって無事祖父からその親戚の霊は離れたのですが、その親戚は「ごめんねくるしめたかったわけじゃないんだ。ただ誰も供養してくれなかったから苦しかったんだ。」と言ったそうです。

それから祖父はずっとお経を毎日読んでいました。私の記憶にある限り毎日必ず読んでいました。

そのお陰か祖父がお経を読んでいた部屋はお寺のように空気がとても綺麗でしたが、祖父が亡くなった後しばらくして家に訪れた時には掃除もちゃんとしているのに本当に同じ部屋かと思うくらい空気が違いました。

霊には成仏できなくて苦しんでいる霊もいるようですので、ちょっと苦しい時はお経を読んでみるといいかもしれません。長々と失礼致しました。

 

スポンサーリンク

 

UFOかなあ。

投稿者:当麻 さん
投稿日9月27日(木)

当麻さんからの投稿写真

ある朝窓の外が黄金色で眩しくて目が覚めました。

これはキレイな朝だということでいいと思うのですが、何年か前、続けて3回ほど夜中に窓の外が明るくて目が覚めました。

2回は赤に光り、あと1回は青でした。

その3回は窓のそばに寄りませんでした。

アメリカとかでは、こういう時に窓を開けたら連れ去られていますから!

同じ経験の人いますか?あれってなんなんでしょう?

UFOかなあ。

 

スポンサーリンク

 

東と西を間違えてしまうUFO

投稿者:りょう さん
投稿日9月25日(火)

夕日の写真

関西住みさんの「太陽が2つ!?」を見て、過去に私も同じような体験をした事を思い出しました。

ある日の夕方、当時住んでいたマンションのベランダから空を見上げていました。

南向きの部屋で、右側の西の方には夕日がありました。

そして、左側の東の空の雲の切れ間から、真っ直ぐな放射線状の光が数本、下に向かって伸びているのです。

最初はボーッと、「あっ、雲の中に太陽が隠れてるんだなぁ」と思って見ていたのですが、そのうち「えっ?  ちょっと待って、これ、東???」今だに謎の現象です。

やはり、雲の中にはUFOが潜んでいたのでしょうか?

太陽のふりをして雲の中に隠れていたのに、東と西を間違えてしまうUFO...

なんだか、愛嬌があっていいですね(笑)

 

あと3年

投稿者:coco さん
投稿日9月25日(火)

カレンダーの写真

ある朝、母が「父の様子がおかしい、いつもとは全く違う行動で呼びかけに返答もなく救急車を呼ぼう」と父を椅子に座らせた瞬間、あの福岡西方沖地震がおきました。

まるで洗濯機に入ってるように体が揺れましたが、地震の恐怖心よりも「父を助けて!」と心の中で叫んでた時・・あと3年・・と頭の中に響きました。

地震直後は救急車も来ず、ですが父は原因が分からず長引いたものの大事には致りませんでした。

それから数年、父は持病があり毎月受診してましたが、症状が良くならない事に母がしびれをきらし、再度父を病院に連れて行きレントゲンを撮ったところ後日精密検査。

クリスマスに父は癌を宣告され、それから1ヵ月後、治療をやめ退院するということになってすぐ肺炎になり、ICUで快方に向かってると言われたその夜亡くなりました。

この間本当にいろいろあり、誰かが悪い方向へ引っ張ってるんじゃないかと思うくらい全てが悪い方向へ・・・

大切な父の検査時間を間違う訳もなく、固定・携帯電話も繋がらなかったとか、着信も残ってないなど・・・

父が最後の入院日、病室に入ってすぐおう吐し今思えばあれが何らかのサインだったのかも。

父が亡くなり数カ月して思い出しました、あと3年・・。

父は3年10カ月後に亡くなりました。

ずっと思い出せなかった、あと3年これを生前に思い出していれば違っていたのかもと今も思います。

 

スポンサーリンク

 

人生を変えた出会い

投稿者:coco さん
投稿日9月25日(火)

ポロシャツの写真

私が仕事を出来るよう母は毎日愚痴一つ言わずにデイサービスへ通っていました。

その母が3度目の骨折をして入院した時、上司からの介護による肩たたき異動提示。

異動先は介護をしている私には絶対に無理な環境、でも生活のために働かなくてはいけないと悶々としていたある日のこと。

私はショッピングセンターの総合案内のようなところで仕事をしてました。

中肉中背の年配男性のお客様がお越しになって「ちょっと相談にのって欲しいんやけど」とプレゼントを探されていました。

話を聞くと、奥様が今日お誕生日で喜寿、圧迫骨折をされていて車椅子、入院が長引いてる・・・ということでした。

冬場だったので紫色のブランケットなどはとおすすめしました。

ですが頭の中はプチパニック・・

奥様のお誕生日から入院が長引いてるところまで母と全く同じ!

また、お客様のお召しになってたポロシャツは私が父によく買っていた、また父も好んで着ていた同じベアのワンポイント。

10年勤めてましたが、お客様からこのような相談を承ったのも初めてで震えながら気づきました、私は自分の事しか考えてなかった、母の事を考えていなかった。

母は辞める事を反対してましたが、その日の帰りに上司に退職を申し出ました。

母は介助なしでは立ち上がることも出来なくなったので辞めて良かったです。

2月にポロシャツ1枚で私の目を覚めさせて下さったあのお客様に感謝してます。

先を考えると不安でいっぱいになりますが、”私は生かされてる” 今はこの時が私に必要なのかすべきことだろうと思って頑張ってます。

長くなりました、簡潔に書けずに、不思議体験ではなかったらごめんなさい。ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

「いつでもいいに決まってよ」

投稿者:おれんじ さん
投稿日9月21日(金)

電話の写真

子供のころから海が好きでしたがとても怖く感じていました。

海水浴の夜は決まって津波の夢をみました。

弟ができてからは、小さな弟の手を引いて、皆に津波がくることを告げますが信じてもらえず弟と高い所まで逃げますが、もう水が足元まで、という夢を25年見続けました。

25歳で弟は亡くなりました。

そのあと東日本震災で津波がありました。私は被災地出身です。

震災の翌年、父が自死し、私は病みました。すると弟より4ヶ月前に亡くなった母から電話がくる夢を見ました。

いつ行っていいの?」「いつでもいいに決まってよ」という内容。

意味はあまり分からないのですが関連し繋がっているような気がします。

大震災やご家族のことで計り知れないほどの心労を抱えていらっしゃると思います。

どうか希望を忘れずに人生を謳歌してください。おれんじさんの幸せを心から願っています。

 

スポンサーリンク

 

白いオーブが

投稿者:ぴろ さん
投稿日9月21日(金)

こんにちは。毎日拝見しています。実はどうしても見ていただきたいものがあります。

私の実家なのですが、3年前父が他界した時遺言書に「この土地と建物は絶対に売るな」とあったのですが、母も暫くしてここには住んでいたくないと実家を出て今は私の自宅近くに越してきました。

本当は長男である兄が継ぐ予定でしたが、いざこざがあり売却するに至りました。

思い出のある家を放すのは残念ですが、母がどうしても売ると。

そして不動産屋で広告を出してもらったところ、白いオーブ状のものが。

何か私達に警鐘を鳴らしているのか、これが本当にオーブなのかレンズの汚れ、埃などのものか、鑑定していただきたいのです。

撮影は不動産屋がしたものですが、今度自分も撮影するつもりですが。

大きな売買だけに心配になりました。どうか宜しくお願い致します。写真は3枚です。

ぴろさんからの投稿写真

ぴろさんからの投稿写真

ぴろさんからの投稿写真

写真の解像度が低かったので拡大して掲載しました。

ぼやけてしまっていて詳細な情報を得ることができませんが、確かに1枚目の写真には、白いオーブのような物体が3つ写っているようです。

1枚目の写真をよーーーーーく見ると、窓の手すりの向こう側(窓ガラスと手すりの間)に白いオーブが出ているようなので、これはホコリや水滴ではなく、霊的なものだと思われます。

そして、白い色したオーブというのは高い次元の存在であったり、この場所を守っている守護霊的な存在だったりするようです。

ボクには霊感があるわけではないので、確かなことは言えませんが、どちらかというと縁起の良い写真ではないでしょうか。

もしかしてこの土地は昔、神社や寺院とかの敷地の一部だったことがありましたか?

 

空に謎の光る物体が

投稿者:クマ太郎 さん
投稿日9月22日(土)

雲の写真を撮ったら屋根の上にみどりの浮遊物が

クマ太郎さんの投稿写真

これを最初に見たときは、ガラスに映った照明が写りこんでいるだけかなと思ったのですが、よく見ると道路の真ん中から撮影しているのでガラスに映りこんだ照明ではなさそうです。

謎の光の部分を拡大してみます。

クマ太郎さんの投稿写真

拡大

うーーーん、なんでしょうか…これは…

いわゆるUFOのような物体のようにも見えません。

クマ太郎さん、この写真を撮った時に、この光は静止したままだったのでしょうか?

それとも動いていたのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

太陽が2つ!?

投稿者 :関西住みさん
日 時 :2018年9月10日17時
場 所 :大阪府 泉南方面
コメント:雲の切れ間から綺麗な太陽だと思って写真撮りました。

しかし、方角的におかしいと気が付いてよく見たら、やはり海の方に夕陽が沈んでいっており、パニックになりました。

何とか夕陽と納めようと走ったんですが、だんだん薄れて消えました。

夕陽は写真の右手、青空の方にありました。

一枚しか添え付け出来なかったので、太陽により近いコチラを送ります。気象、でしょうか?

関西住みさんからの投稿写真

なんでしょうかこの光は……。

太陽が3つあるかのように見える気象現象「幻日(げんじつ)」はありますが、この写真に写っている光のように丸い球体には見えないことが多いです。

それにもし幻日だったとしても、夕日にしては光の色が白すぎます。

これは雲の向こうで何か強烈な白い光が発光しているかのように見えます。まわりの雲に光が反射している様子も確認できます。

ということで、これは……

U F O

かも?知れませんっ!

信じるか信じないかは、あなた様次第でございますっ!!!

 

スポンサーリンク

 

お遍路さんでお参りをしたときの写真

投稿者:ひまあり さん
日 時今年の5月12日

今年の5月12日、お遍路さんでお参りをしたときの写真です。

お寺が写ってるのは85番八栗寺

木は87番長尾寺での写真です。

どちらも緑色の線がはいっています。場所が別なのに同じように入っており気になったので、お送りします。

ひまありさんからのご投稿写真

ひまありさんからのご投稿写真

以前にも、読者の方からこの緑色の光と似たようなものが写っている写真をご投稿頂いていましたが、どうやらこれはカメラレンズのコーティングに太陽光が作用して、このような緑色の光が生じているのかも知れません。

強い光に向けて写真を撮ると、似たような光が写ることがあるようです。

もしこれが何か霊的な現象だったりしても、緑の光というのは良いものらしいので、神聖な場所だからこそ撮れた写真と言えるかも知れませんネっ!

 

有名な超常現象研究家AMさんの話では

投稿者:のんち さん
日 時9月19日(水)

ピラミッドのグラフィックイラスト

こんにちは、以前不思議体験8冊目のくるくる回るピラミッドの投稿をしたものです。あつこさん、ななんぼさんも同じような体験をなさっていてビックリしました。

その後どうしてもその存在が何なのか知りたく、ご本人もUFOコンタクティーのAMさん(TVでもご活躍されているので皆さんも知っていると思います)に質問させていただいたところ以下のご返答がありましたので書かせていただきます。

まず、私が見たものは典型的なスピリチュアルパスと言うもので、ピラミッドの様なものや幾何学的なものをみさせるピコイというボランティア宇宙人がいるそうです。

人間に癒しを与えるそうで、それ(幾何学模様や物体)を思い浮かべたり書いたりすると、その度に繋がって癒されるそうです。

さんご本人も見た事があるそうです。

確かにその時から自分の中の負の念の様なものが一切なくなったのです。

見ている間は本当に気持ちよく至福を感じました。

ピコイなんて可愛い宇宙人なら会ってみたいですね。

この地球外で私達の事を思ってくれる存在がいると考えるだけでなんか幸せな気分になりました!

※有名な超常現象研究家のAMさんの表記は、念のためイニシャルとさせて頂きました。

このお話を聞いて、さくらさんの未来予知に出てきた「不思議な少年たちの話」を思い浮かべました。

時間というのは空間とか場所?とは別に分けることができて、分けると波打つような色んな形の図形のようになるそうなんですが、図形を私たちが理解できるものに変えると、長い数字になるようです。自分でも何言っているのか理解できていないんですけど(笑)

PrimeCherrySweetさんのYahoo!知恵袋予言~インタビュー編~Part3より

また、不思議な少年たちは別の宇宙から来た地球人ということなので、ある意味宇宙人でもあります。

AMさんがされたというお話とどこかシンクロしている部分もあるように思います。

ちなみに、のんちさんはその後、宙に浮いていたというピラミッドのようなものは見ているのでしょうか?

もし見ているなら、今はピラミッドのようなものとは違ったものが見えているのでしょうか?

ボクは見たことがないので、是非一度見てみたいものですネっ!

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


 

-奇跡・神秘・前世, 宇宙人・UFO・UMA, 心霊・怪奇・ホラー, 超能力・超常現象