不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

宇宙人・UFO・UMA 心霊・怪奇・ホラー 異世界・異次元・タイムトラベル 超能力・超常現象

[不思議体験記-5冊目-]みなさんからの投稿[10月5日更新]

2017/10/10

カラスのイラスト

不思議探偵社は、みなさんの不思議な体験や恐怖の体験、奇妙な出来事などの投稿をお待ちしています。「異世界へ行ったことがある」「UFOにさらわれたことがある」「前世の記憶がある」「河童と相撲をしたことがある」「悪魔にとり憑かれたことがある」といった話、またそういった話を聞いたことがある、という方は、ぜひご投稿を!

さらし首

投稿者:xyzさん
投稿日:10月2日(月
)

時代絵の画像

何年か前に見た夢。

時代は昔、田舎の風景に自然が広がっています。

一人で歩き続けていたら何か見えてきたので近づいてみると板机に紙が貼られてさらし首が置いてありました。

さらし首になったんだと思いながら不憫だろうと目を閉じながら手を合わせました。

どれくらい経ったのだろう。

突然、「ギャー」と悲鳴が聞こえたので驚いた私は目を開けると首が消えていて声が聞こえた方向を見ると首が武士に噛みつき数人が倒れていく姿を見ました。

そして、その首は「カ ラ ダ を 返 せ」と叫びながらどこかへ飛んでいきました。

私は何が起きたのか分からずポカンとしてました。そして、首が飛んで行った方向に意識を向けると瞬間移動をしました。

飛んでった首が道端にゴロンと転がっているのが見えてきて不憫に思った私はビビりながら首を持ち近くに小高い丘があったので移動してテッペンに鎮座してやりました。

「これでよし」と安心したところで目が覚めました。

この夢を見た時、平将門だと思いました。なんの縁もないけど不思議な夢でした。

怨霊、祟りと恐れられているけどそんなことはない。将門様は熱い魂の持ち主で徳の高い人。

なんか呼ばれてるような気がするから首塚に一度行ってみて手を合わせてみようかな

 

スポンサーリンク

 

龍の神様が写った![写真あり]

投稿者:じゅりさん
投稿日:9月28日(木
)

1年前くらいですが東京都内のある神社に龍が祀られていました。

今は、他の神様が祀られていて龍の神様は移動させられて少し離れた所に祀られてます。

この神社のとある祭りの時にちょっと気になる神木があったのです。

何か身体がサワサワして隣にいた彼に「写真を神木に向かって撮れ!」と言われ撮ったのがこの一枚の写真です。

龍の神様が写ってしまったのです。

龍の目は、赤く光ってる二ヶ所でとぐろを巻いて写っているのがお分かりでしょうか?

この龍の神様はおそらく、この立地に祀られていたので寂しかったのだろうと思っていますが、皆さん、どう思われるでしょうか・・・

送って頂いた写真がこちら!

龍の神様の写真

ちょっと分かりにくいので調整してみました

龍の神様の写真(調整)

確かに赤い目らしきものが2つ写っています!

とぐろを巻いているのはちょっと分かりませんが、頭の輪郭のようなものは確認できます。

なんとなく寂しげな感じもしますが、お祭りで人が楽しげにしている様子を見守ってくれていたのかも知れません。

場所が移動してもきちんと祀られているのであれば、龍神様も嬉しいのではないでしょうか。

みなさんにはどのように見えますでしょうか!?

 

スポンサーリンク

 

おーい、まだかー?

投稿者:にゃーこさん
投稿日:9月27日(水
)

スマホの画像

かなり昔のことです。

当時、お付き合いをしていた方と同居しておりました。

クリスマスの日の朝、目を覚ましますと携帯電話に着信と、留守番電話が。

その着信の電話番号には全く覚えがございませんでしたので、とりあえず留守番電話をきくことに。

再生ボタンをおすと聞こえてきたのは。幼い男の子の声。

抑揚のない声で、3回おーい、まだかー?と。

全く知らない声でしたし、ぞっとして録音を消しました。

あまりにも嫌な感じがしてそれを振りきるように彼を起こし、仕事に送り出しました。

それから、20分程したでしょうか。

電話がなりました。彼の携帯の番号でした。

どうしたのかとでますと、彼の上司の方でした。

驚く私に上司の方はこう言われたのです。

彼が事故にあった。かなり、重症なので病院に向かって欲しい」と。

とりあえず、会社に連絡をいれお休みをいただき病院に向かいました。

そして包帯だらけになった彼と対面したのです。

あの声が、この事故の前触れであったのかはわかりません。

ただ、余りに不吉な印象の声であれから10数年たった今でもふと、思いだし恐ろしくなることがあります。

実を申しますと、他にも奇妙な体験をしているのですがそれはまたご縁がございましたら。

 

スポンサーリンク

 

まっくろくろすけ in 寝室

投稿者:りずみんさん
投稿日:9月17日(日
)

まっくろくろすけのイラスト

以前UFO体験を投稿させて頂いた、りずみんです。

先般、掲載されていた、まっくろくろすけの投稿を拝見し、形状などは全く違うのですが、私の見た まっくろくろすけ(?)について投稿させて頂きます。

私は小学生の頃、団地の6畳の部屋で兄、母、私の三人で川の字に並んで寝ていました。

就寝時、電気を消しても寝つけなかった時、私はしばしば不思議なものを見ていました。

ある時は目を閉じると、紫や青色に波のようにうねる蛍光のような光を見ていました。

そして、時々見ていて怖かった体験は、消灯後の暗い部屋の中を、天井から何かわからない丸いものが連なって降りてくることでした。

天井から数列、縦に並ぶようにして、部屋の空間をゆっくり音も無く降りてくるのです。

それは5分ぐらい続きました。

丸いものは2種類あり、日によって降りてくるものが違いました。

ひとつは、立体で凹凸に半分ぐらい崩れた楕円型(直径8~9cmぐらい)の白色で、真ん中辺りが黄色く(ポップコーンの真ん中みたい)、その黄色を見るとキーーッと脳が破壊されるような不快さと苦痛に襲われ、いつも頭を抱えて見ないようにしていました。

もうひとつは、平面的に見える少し楕円型(同じく直径8~9cmぐらい)で、真っ黒です。墨で塗ったようなべったりとした黒で、暗い部屋の中でもくっきり見えていました。これ以上の黒はないという無限のような黒色で凝視するとクラクラしそうでした。

ある時、真っ黒いのがいつものように天井からトットットットーと数列連なって降りてきて、どんどん近づいてきて私の体に当たりそうになりました。

私は怖くて咄嗟に、隣りで横向きに寝ている母の背中に顔をうずめようとしましたが、そのとき、真っ黒のひとつがするりと母の背中の上に落ち、その瞬間、背中の上でクシュッと弾けて、真っ黒いすすの粉が散ったようになりそのまま母の背中にピタッとくっついたのです。

私はあまりの怖さに、目を瞑って母にがむしゃらにしがみついていました。

今でもリアルな体験として思い出せますが、大人になって思えば、子供特有の幻覚だったのかなとも思います。

しかし、ジブリ映画をテレビで見ていて、(映画は私が大人になって公開されました)まっくろくろすけが潰れてクシュッとすすのように散る場面があり、もしかして私の見たのもまっくろくろすけの一種だったのかも??と思いました。

実は私は、中学生の時に、両親と車で親戚の家から帰る途中、道に迷い、同じところをぐるぐると廻っていて(父曰く、まるでキツネにつままれたようだったと)その間中、私ひとり後部座席の真うしろの窓から見た、車の後ろをずっとついてくる”傘お化け”(と自分で当時に名付けた)影の妖怪(?)に出会ったことがあります。

それは片手で傘を差していて、右へ左へ大きく揺れながら、(体を左右に傾けるときは)ビヨ~ンと伸びて細くなったり、(傾きを戻したときは)縮んで丸く太っちょになったりを繰り返し、シルエットもトトロのようで・・。(長くなるので詳細は割愛;)

ずっと気になっていたのですが、もしかして、宮崎駿さんは、実際に在るものや、本人が体験したり、見たりしたものを描いていらっしゃるのではないかしら?と思うのです。

もしもお会いする機会があるならば、一度訊ねてみたいなと思っています。

 

スポンサーリンク

 

子どものように自由に

投稿者:こんぶさん
投稿日:9月14日(木
)

遊ぶ子供の写真

霊感はほとんどなく、お化けなんて一度も見たことがないような私が数年前に体験した事をお話ししようと思います。

あまりに不思議過ぎたのと、鮮明過ぎて今でもよく覚えている夢です。

最愛の祖母が亡くなると、気丈だった祖父もまるで坂道を転げ落ちるように日々弱っていき、ある日自宅で転倒し頭部を強打したのをきっかけに、入退院を繰り返すようになりました。

みるみる弱っていく一方の祖父でしたが、それでも私たち孫が顔を見せると持ち前の気丈さもあり、元気な表情を見せてくれるのでした。

そんな祖父の何度目の入院でしたでしょうか。

とうとう主治医から「だいぶ弱っておられます。いつ時がきてもおかしくない状態です。」と叔父が言われたとの事で、親族皆で祖父の面会に行きました。

しかし祖父はこちらが拍子抜けするほどいつもの元気な祖父で冗談も言えるほどで、帰り道に家族みんなで「先生は危ないと言っていたのに、すっごい元気だったね。もしかして、先生が人違いしてるんだろうか」なんて話しながら家路に着きました。

その状態が2ヶ月程続き、面会に行くたび祖父も相変わらずで、もしかすると退院もできるんじゃないかと安心していました。

そんなある日の事です。

その日仕事で夜勤だった私はほんの一時間半ばかり仮眠をしようと、携帯の目覚ましをいつものように明け方4時半にセットし眠りにつきました。

そしたら夢を見たのです。

夢の中で私は学校の教室がずらっと並んだような場所にいました。

中を覗くと、まるで戦後の野戦病院かのような雰囲気で、ベットがずらっと密集して並べられていました。

でも、その部屋のベットは空で誰もいません。

隣の部屋を覗くとびっくり。

その部屋も野戦病院のようにベットが密集して並んでいるのですが、なんとベットの上を病衣と病院のリストバンドを着けたままの祖父と、他の患者さんのような人たちが大きな笑い声をあげながら、まるで少年のように走り回ったり、ジャンプして爆転してみたり、ふわふわと飛んでみたり、本当に本当に楽しそうに遊んでいるのです。

夢の中で私は祖父に向かって「おじいちゃん!そんなに走って大丈夫?また怪我したら大変だよ!」と必死に叫ぶのですが、祖父には届いていないようです。

諦めた私は無邪気に遊んでいる祖父の姿をボーっと眺めていました。

おじいちゃん、まるで子どもに戻ったみたい。本当に楽しそう》そう思った時、携帯のバイブが鳴り目を覚ましました。

「もう目覚ましの時間か。」と、携帯に目をやり時間を見ると4:27でした。

鳴っていたのは目覚ましではなく、着信メールのお知らせでした。母からのメールでした。

おじいちゃんがさっき亡くなったと連絡がありました。私は今から病院へいきます。あなたも、仕事が終わったら祖父の家へ行ってください》と書いてありました。

あまりに不思議でしばらくぼうぜんとしていました。

今さっきまでおじいちゃんの夢見てたけど、どういうこと?!》そんな事を考えていました。

さっき私が見た夢は、もしかすると祖父が最後のお別れを言いにきてくれたのかもしれないと思いました。

そして、天国では、長い病院生活からも解放され、色んな苦しみや悲しみからも解放され自由になったんだよ。と見せてくれたような気がしました。

もしかすると、天国ではみんな子どものように自由になれるのかもしれません。

悲しさの向こうに、光をみたような不思議な体験でした。享年92歳の大往生でした。

 

スポンサーリンク

 

夢から目覚めた後に…

投稿者:cosmosさん
投稿日:9月13日(水
)

銀河のイメージ画像

これは私が小学生の頃に見た夢の話です。

我々人類は、ようやく宇宙の果てを発見した。議論の末、それを越えてみる結論に至った。

我々は世界各国の精鋭を乗せ、出航した。そして我々はそれを目の前にした。

ガラス?巨大なガラス?みたいな壁。それが縦横無尽に拡がっている。

周りは星も星雲もない真っ暗闇。我々は意を決して突入する事にした。

武器を使用したのか、そのまま突入したのかは定かではない。

それを抜けた我々が見たものは…

我々は絶句した。そこは、巨大な研究室?みたいな部屋だった。

抜けて来た筈の後方を見てみる。

再度、驚愕…そこには、まるで巨大な細胞の塊というか、蛙の卵のようなものが中に浮いていた。全体的にはダイヤのような形をなしている。

何か物音して我々は正面に振り返る…

我々は、更に驚愕!

そこには、巨人が立っていた!姿形は我々と似ている。一見すると子供のように見える。服装は、よく漫画やアニメに出てくるシルバーのオーバーオールのようだった。

そして、その巨人が口を開いた。「ようやく出てきたね!」と言い、不敵な笑みを浮かべていた。

この夢を数十回見ました。

そして、最後に見たのが…場面が変わり、その様子を見ている者がいる。球体型のモニターで。

見ている者の姿形は先程の巨人と同じ出で立ちだ。

また、場面変わり、その様子を見ている者がいる。今度は見ている者の姿が変わっている。 服装はさほど変わらないが、頭髪が白、肌が青白い。モニターはホログラフィーだ。

また、カードをめくるかのように場面変わり、また見ている者の姿が変わっている。服装は前の発展型で、頭髪は無く、皮膚の色が緑色。頭の触角?の無いドラゴンボールのピッコロと言ったところか。 モニターは無い。空中に画像が浮いていた。

そして、その者が振り向いた。眼球が赤色だった…

この夢を最後に見なくなった。

この夢を見た朝、「また、変な夢見たな!」と言いつつ用を足しにトイレに行き、窓から陽が昇るのを眺めていた。

と、「あれ?太陽が2つ!

山の向こうに昇る太陽の右手前の雑木林の上に太陽と同じ輝きをしたものが!

あわてて弟たちを呼びに行った。両親や祖母にも伝えたが相手にして貰えなかった。

弟たちと数十秒それを眺めてたら、それは真上にスッーと音も立てずに飛んで行った。

 

スポンサーリンク

 

夢の世界と現実世界が…

投稿者:るーめんさん
投稿日:9月5日(火
)

都会の写真

大した体験ではありませんが、夢の中でいわゆる「異世界」的な場所へほんの少しだけ足を踏み入れました。

漢字の一部や数字はこちらの世界と同じ、でも行き交う車のナンバーは更に横長で桁数や書いてある文字数が多く、文字も読めないもの(でも、それが漢字かひらがなカタカナかは何となく感覚で分かる)が沢山ありました。

街並みは現実世界とあまり変わらず、また国も十中八九日本かな、といった印象でした。

途中、「嵯峨〇事件事務所」(〇は記憶が曖昧。"川"のような三本線の入った漢字だったのは覚えています)というビルが建っていたのを鮮明に覚えており、なんとも不思議なビルの名前だなと思っていた時に夢から醒めた次第です。

夢から醒めた後、なんとなく気になって「嵯峨〇事件事務所」の名前を調べたところ、「嵯峨崎新聞社」という架空の地域を題材にした架空の事件をお知らせする新聞社があることが分かりました。

もちろん夢を見る前は全く見たことも聞いたこともない名前です。

心霊もの以外ではなんとも不思議な体験でしたし、他の方でもしかしたら同じような体験をされていたりするかな?と思い投稿させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

川で…

投稿者:パン子 さん
投稿日:9月1日(金)

川の写真

今回は弟の恐怖体験です。

ある夏の日、よく行く川へと泳ぎに行ってました。

その帰り、凄くやな感じがずっとしてたそうです。

その夜のこと、今までにないような強烈な金縛りにあってしまったのです。

何度もほどこうとしても無理でした。

その時です。突然目の前に髪の毛がずぶ濡れの女の人が現れました。

体を動かそうとしても動かず、さすがにこれはヤバいと思ったそうです。

しばらくして金縛りが解け、女の人は消えてました。

その女の人はその川で投身自殺をした人で、霊感の強い弟は連れて帰ってしまったようです。

地縛霊はその場所からは離れられません。

また川へと戻り、誰かに憑いて行くことでしょう。

 

スポンサーリンク

 

再びUFOを撮影!?

投稿者:雲とオヤジ さん
投稿日:9月1日(金)

いつも楽しく拝見させて頂いています。今日も地震雲で投稿させて頂きました。

その時に空飛ぶ物体を撮影動画出来ました!

YouTubeに載せました。2本立てですが…。

雲とオヤジさんには1ヶ月前にもUFOらしき物体を撮影、ご投稿して頂き、このページに掲載をさせて頂きました。

今回の動画がこちらっ!

白い空飛ぶ物体が確かに映っています。

ヘリコプターのようにも見えますが、遠く小さく映っているためプロペラの有無の確認は困難となっています。

前回は違う場所での目撃情報があり、UFOという線が濃厚でしたが、今回はグレー判定といったところでしょうか!?

また目撃、撮影に成功できたらご投稿お願いしますっ!!!

 

スポンサーリンク

 

最後のあいさつ

投稿者:パン子 さん
投稿日:8月27日(日)

ねこの陰のイラスト

2回目の投稿です。独り暮らしをしていた頃のことです。

明け方、部屋を『バタバタバタ…』と行ったり来たりと走り抜ける音が響き渡りました。

の音で目が覚めたのですが、姿が見当たりません。

するとしばらくして、寝ている肩のあたりに重さを感じました。

かと思えば股のあたりにも重さを感じたのです。

その時ピンときたのが数日前、仕事場で飼っていた猫が交通事故で亡くなっていたのです。

きっと、最後のあいさつに来ていたのでしょう。その日以来、来ることはなくなりました。

私は重さや形の感覚で霊がわかる方なので、姿は見えません。

逆に見えるのはちょっぴり怖いので幸いかなって。

でもうちの弟はネガティブになると、姿が見えるらしいです。そのためものスゴい怖い思いもしたようです。

また、その話しは次回に。

 

スポンサーリンク

 

今までの不思議体験

投稿者:なつねこ さん
投稿日:8月26日(土)

不思議な写真

小学生ぐらいから不思議な事はたくさん感じておりました。

実家がおばけ屋敷のような家で(今は建て替えて快適!)階段が1番嫌な場所だったり、自分の部屋で綺麗な着物姿のお姉さんみたり…

結婚して旦那実家では、危害被るような気配は何もない!と思っていたのですが、義父さんが亡くなってから、たまに来ている感じがします。

ちなみに家族の中で私だけ感じていました。

ホラーは昔から大嫌い…怖いので割愛します!

「悪運が強い」とはこの事なんだろうな、と思うぐらい、廃車するぐらいの単独事故しても軽傷で済んだり、歩いていたらすぐ後ろで追突事故が起きていてガラスが数歩後ろに落ちていたり、、、
緊急車両が来て路肩に寄る、なんて経験は免許とって19年目(??)の去年が初です!ドキドキしました!

小学生の頃、夕方庭で空を見上げる事が多かったんですが、飛行機かと思った光が雲を抜けると2つに増えて、また雲を抜けると1つに戻り、最後は消えて無くなるというUFOを見た!という経験だったり。

金銭面は「お金がない!」とは思うんですけど、いつもあるんですよね。貯蓄とは別に。ないはずなんですけど、ギリギリの金額がある。何故?いつも不思議です。これ結婚前のが多かった。

ただ、何も「悪運強いな」と思う事がない時。なので金運を悪運に変えてるんだと私は思ってます。

その代わり?生傷(軽いもの)アザは途絶えません。綺麗な肌はありません。

昔、少女漫画家さんが、命に別状のない大小様々な生傷は絶えないけれど、オーラが見えるとか大事故に巻き込まれる手前で避けられてると言っておられる方がいました。

ストレスを感じても身体的に大事な病気にはなった事なくて、その前に何故か体が休める環境になったりします。扁桃腺腫れても熱出ないのに寝不足では熱出たりとか(笑)

育児?同居?ノイローゼになってた時は2人目切迫早産の可能性で3ヶ月入院、3人目実家で安静とか。何事もなく38週3000gと40週と1日3500gで出産しました(笑)

阪神・淡路大震災の時は、夢に父と母が出てきて「地震来るよ!起きて!」と。起きて数秒後に地震が起きました。

今では逃げる時間が持てるぐらい前に教えてくれ!と思っておりますが(笑)

地震はその夢だけですね。3・11の東北地方太平洋沖地震は2人目の時の入院中で、娘は実家預け中で高台だから津波来ても大丈夫でしたし(海抜40以上です)。地震雲などは見た記憶はありません。

体感型かな?とも思うんですが、直感でイヤな感じがすると思う時もあります。数字が気になる時もあります。4時44分が多いですね。

それでも1番今までで怖かった事は、2001年に起こったアメリカの「同時多発テロ」。

友達が漫画を趣味で描いていて、私も!と思い立ち小説を書き始めたんです。

過去にどこかの大きな国でテロが起こって、そこから戦争やらで世界がどんどん崩壊して…の立ち直るために地球を緑でいっぱいにしよう計画みたいな題材で。

書き始めて一週間ぐらいでの出来事だったので、怖くなって書くのをやめました。

ノートも燃やしました。想像する事もやめました。それ以来、本当に起こって恐ろしい事は想像しないようにしています。

こんな細々とした事は、他の方でもあるんだろうな…と思いつつ、皆様のお話を読みながら思い出した部分もあるので投稿させていただきました。

 

スポンサーリンク

 

龍が流行っている

投稿者:ちょろみ さん
投稿日:8月23日(水)

龍のイラスト

先日、スピリチュアルなことに詳しい友人に1年ぶりに食事をする機会がありました。

どういう会話の流れだったか忘れましたが、その友人が最近のスピリチュアル界隈では龍が流行っていると言うのです。

私はあまりスピリチュアルに関心がないので、いつもなら「ふーん」で終わるところなのですが、こちらのサイトでも龍がよく出てきているので大変驚きました。

その友人はもちろん、こちらのサイトは知りません。

流行りってどういうこと?と聞くと、守護神(?)として龍を背負っている人が多いそうです。

その友人は見えないそうですが、スピリチュアル界で尊敬する方が言うには、最近はなぜかやたらめったら龍を背中に連れている人が増えてきているそうです。

本人が持つ、気の大きさなども影響するそうで、龍の大きさは様々なようです。

その友人に、「普段なら、普通の人にこういう話はしないんだけど、今日は特別に話しちゃった!」と言われました。

日本の地震を抑えている龍と、龍を背負う人が増えてきていることに関係がある気がして投稿させて頂きました。

このサイトを読まれている方の中にスピリチュアルにお詳しい方がいらっしゃったら、お話を伺いたいとも思います。

また、関係ないですが、みひろんさんのお祖母様、静江さんとおっしゃるのですね。中年おっさんさんの会話に出てくる静さんと名前が似ていてドキッとしました。

色々なことが繋がっていそうで、毎回ドキドキして見ています。これからもよろしくお願いします。

 

実験の提案

投稿者:HAL さん
投稿日:8月20日(日)

みひろんさんの投稿(おばあちゃんと同じ夢を見た)を読ませていただき、ふと思い付いたのですが…

「読者皆さんと実験をしてみたい」という企画の一案として「みんなで夢の中で集まる」という実験はいかがでしょうか?

不特定多数の方々が精神世界で繋がってしまうようでちょっと怖い気もしますが、このサイトを見ている方々は邪心がなく、自身の力を悪用しない…そういう人だからこそ夢で繋がれる…と信じて提案してみました(^_^;)

寝る日時を指定したり、みんながよく知る場所(イメージ湧きやすいところ…ディズニーランドとか?たくさん集まっても平気そうだし笑)を集合場所として設定したら、集まりやすいかと思ったりします。

レオさんは、分かりやすいように胸に赤いバラを挿しといてください!(笑)

…なんて、思い付きで書き込みましたので、危険な実験と判断された場合はスルーしてくださっても構いません。

こういうことはどこに書き込んでいいか分からなかったので、不思議体験ではありませんがここに書き込ませていただきました(^_^;)

とくに危険でもないと思うし、ボクがバラを挿しても良いのですが、顔も知らない者同士が夢の中で集まるというのは非常に難しいのではないかと思います(笑)

以前、HALさんからご投稿頂いた話も、みひろんさんの話も、いずれも親しい間柄だったから夢の中で会うことが出来たのではないかと思うのです。

とはいえ、中々面白い実験だと思うので、もう少しリサーチして方法などを詰めてから実験したほうが良いと思いますっ!

 

危ないかも?

投稿者:s さん
投稿日:8月23日(水)

夢で会う方法とかムーとかに聞けないもんですかね?

あの雑誌はガチなやつがあったりするのでやばいです。

子供の頃好きでよく読んでたんですが、幽体離脱をやる方法とか載ってて、「やると何者かに足を高く引っ張られうんぬん…」とあり、本当にその通りになりました。

ただ自分は足が引っ張られた時点で怖くなって途中でやめてしまいました。

幽霊を出す方法というのもやった事があるんですが、何もない机の上から、シュー!っとバルサンみたいな煙が出てきて、それがどんどん人の形になり始めたんですが、注意書きに「取り憑かれる事があるので、危険を感じたらすぐに消す方法をやって下さい」と書いてあったのが頭をよぎり、やばい!!と思ってすぐに消してしまいました。

あれは本当に怖かった。

あと古代エジプトのなんちゃらで、手で印を組んで好きな人を思い浮かべると会えるというのをやったら、次の日に本当にばったり会いました。なにも有りませんでしたが。

自分は学区の一番端に家があるので、休みの日とかまったく友達にあわないんですよ。なので偶然とは思えませんでした。

ムーに載ってる実践するやつはお遊びでやらない方がいいです。

sさんは相当なムー民のようですネ!(笑)

ムーさんに「夢で会う方法を教えてくださいっ!」とはさすがに聞けないので、もしもいつか特集されたら、不思議探偵社でも紹介させて頂こうと思いますっ

 

笛の音に導かれて

投稿者:ひむか さん
投稿日:7月30日(日)

笛の写真

神社のことなどを調べていて、ふと15年ぐらい前にあった出来事を思い出したので投稿いたします。

私、神社・仏閣は好きな方で、仕事が休みの時など、参拝にいったりしてました。

ある日、怖い夢を見て、胸騒ぎがしたので、神社にお守りを買いにいこうとしました。しかし、その日は仕事が遅かったので、次の日に行く事に決めました。

その日の朝、一瞬でしたが、ベッドの下にうずくまっているような人?が見えたんです。朝でしたが、ぞっとした事を覚えています。

その日は、何が何でも神社でお守りを買わなきゃと思い、仕事が終わって夕方でしたが、急いで神社へ向かいました。本当は夕方じゃなく、午前中に行きたかったのですが、仕事を休むわけにもいかず・・・。

神社の駐車場で車から降りて、鳥居に近づくと、笛の音が聞こえてきたんです。

急いで、社務所のお守りが置いてある所へ向かいました。すると、社務所で神主さんが、笛を吹いていたんです。この笛の音は、神主さんだったとわかりました。

私がお守りの前にたつと、神主さんは、笛を吹くのをやめて、奥の方へ姿を消されました。

私がお守りを買ったあと、すぐに社務所の巫女さんたちも、扉を閉めカーテンを閉じられました。私の後には、参拝の方が3名ほどいらっしゃたのですが、お構いなしでした。

なんだか、私がお守りを買いに来るのを知っていて、待っていてくださったように感じられ不思議な感覚を覚えています。

神主さんの笛の音も、また、お導きのように感じられました。

 

「目を覚ましたら、連れて行こう」

投稿者:不思議ちゃん さん
投稿日:7月31日(月)

障子の画像

幼児の頃、祖母の家に一人でよくお泊りに行ってました。

祖母の家は、平屋建てで、南の縁側の部屋には大きな仏壇があり、その北側の部屋には、古い大きな柱時計があり、小さな家でふすまを全部開放してましたので、その大きな柱時計の時を刻む音が、カッチコッチと、家のどこにいても聞こえておりました。

お泊りしていた朝、ふと人の話し声で意識が覚めました。

大勢の人が、周りを取り囲んで、ヒソヒソ、話している声が聞こえます。背中はひんやりと冷たく、ちょうど板の間に寝かされている感じです。聞こえるはずの柱時計の音が聞こえません。

私はてっきり寝てる間に、家に連れ帰られているのだと思い、狸寝入りして周囲の声に聞き耳をたてていました。

よく寝てるね、連れて行くのは可哀想かな」「目を覚ましたら、連れて行こう

大勢の人が取り囲んで、ヒソヒソ話してます。

なかなか目を覚まさないね

だんだん人の気配が少なくなっていきます。

ああ、目を覚まさなかった、残念だ

最後の人が立ち去る気配がしたので、「起きてるよ!!」と叫んで、がばっと起きました。

すると、そこは祖母の家で、仏壇の前に寝かされていました。

初夏の生暖かい空気がどっと押し寄せ、柱時計がカッチコッチと大きな音を立てていました。

夢だったのかもしれません。でも、その時、素直に起きていたら、私はそのまま連れていかれたのかもしれません。

その後ぱったりと、そういう霊的体験はしなくなりましたが、それには理由があります。私がどうしてもとねだって、ペットが来たからです。ある種の魔除けになっていたんでしょうね。

可哀想に、私が中学生くらいになって、そういうものに抵抗力がつくまで、飼っていたペットはみな短命でした。

小学生ぐらいの頃は、やたら毎晩、他所の犬が悲しそうに遠吠えするので、気味悪がった母親が家の周りに塩とお酒をまいておりましたら、近所の小さい子が急逝したりもありました。近所のおじいさんが自死された時、見ていたこともありました。(長くなるので、それはいつかまたの機会に)

直接的な霊感は失いましたが、人の死を予知する、死相が見える、って嫌な特性だけが残りました。現在、親兄弟を予知しておりますので、何とか回避できないものか、色々考えておりますが、きっと、その通りになるのでしょうね。

まあ呼ばれそこなった命ではありますが、たくさんのペットたちが守ってくれて、守りたいものもありますので、まだ生きていたい。不浄なものに近寄らないとか、いろいろ気をつけております。

 

()どのようにわかるのでしょうか?

投稿者:匿名希望 さん
投稿日:8月2日(水)

「目を覚ましたら、連れて行こう」(8月2日掲載)の不思議ちゃんさんに質問です。

よく霊感のある人は、死期がわかる、死相がみえるといいますが、具体的にどのようにわかるものでしょうか?全くそういう能力がないのでよければ教えてください。

 

()幼少期~社会人までの体験

投稿者:不思議ちゃん さん
投稿日:8月4日(金)

どのように予知し、死相が見えるかというご質問ですが、私は霊感をほぼ失っておりますので(なんか嫌な気がする程度です)、本当に霊感のある方の見え方は、よくわかりませんが、ご参考になればと、投稿します。長文になりますので、申し訳ありません。

子供の頃、学生の頃、社会人になってから、それぞれ予知の仕方が違ってきました。

子供の頃は、まだ社会とのつながりがなく、死の概念も希薄でしたので、どこかの犬が教えてくれました。

件の祖母が危篤状態になった時に、まるで家を取り囲むかのように、あちこちから犬が集まってきて、狂ったように吠えてました。祖母が助かることを祈りながら、犬たちの吠え声を聞いていたのですが、それがパタリと止んで、ああ、亡くなったのだとわかりました。

小学低学年の頃、家のすぐそばで、夜な夜な悲しげな声でどこかの犬が遠吠えして、気味悪がった母親が、家の周りに清めの塩とお酒をまきましたら、パタリと止んで、翌日に隣の年下の幼い女の子が亡くなりました。

本当は私を連れに来たのでしょうが、清めの塩とお酒で近づけず、代わりにその子を連れて行ったのではないかと、子供心に悲しく思いました。

それからです、決まった時間に、時々犬の遠吠えが聞こえました。幻聴の一種だったかもしれません。その遠吠えの声の距離感で、お付き合いの親しさがなんとなく計れて、よく母に、そろそろお通夜に行くことになるかもね、今度は親しい人、別の時はそうお付き合いのない人、なんて話して、その通りになるから、人の死を予言する気味の悪い子、と言われてました。

気味が悪いと言われて悲しくなり、犬に、ごめんね、もう知らせなくてもいいよ、と心の中で詫びましたら、いつの間にか聞こえなくなりました。

長じて大学の頃、人の死を予知する能力もなくなっただろう、と安心していたのですが、不意打ちみたいにくるものです。

お世話になっている教授宅に伺う途中、信号待ちしていたら、対向車線に霊柩車が停まっていました。フロントガラスに金色のシールみたいなのがベッタリ張り付いているのです。

二重の楕円形で上の方に炎のような突起がついていました。シールをフロントガラスに?あり得ないので、しげしげ見ておりました。

昔の霊柩車って、屋根に派手な金色の飾りが付いていたんですよね。上方の炎の部分が、ユラユラ揺らめいていましたので、なんかよくわからないけど、光の具合で反射したのかと思いましたが、それにしてはあまりに眩く光っています。

信号が変わって、すれ違いざまに見ると、その金色の楕円で目元を隠したような位置に、丁度運転席と助手席の間から、人が身を乗り出していました。

金色のアイマスク?ユラユラ揺れる?なんの冗談だろう、第一、前部席に人が三人乗れる?などなど、訝しく考え込みながら教授宅へ。

教授夫人に、こういうことがあって、何だったのでしょうね、などとお話ししましたら、後日お叱りがありました。何でもその話をして私が帰った後、お知り合いの訃報の電話があったそうで、まるで、亡くなるのを予言したみたい、ということでした。未だに何だったのかわかりません。

またその後、どこかに出かける用事があり、服を選んでいたら、これはどう?と母が差し出した黒いワンピース。式服でも何でもない、普通の可愛いデザインのワンピースですが、なんか嫌な感じがして、思わず、「不吉。近いうちにそれを着てお葬式に行くことになる!」と叫んだのですが、ひと月もたたないうちに着る羽目になりました。

まだ元気な親戚が急逝して、母から、またあんた人の死を言い当てた、と言われてしまったのを覚えています。

社会人になってからは、人と接する仕事ですので、先方の顔つき目つきで、その方の健康状態、精神状態、取り巻く環境が、一目で大体判断がつくようになりました。

でも、とてもお元気なのに、何か生気を感じられない、何とも顔色が土色に見えるときがあって、ああ、これを死相というのだな、と納得してました。そういうものを感じたら、割と早い時期に音信が途絶えて、新聞のお悔やみ欄でお名前を発見したりしてました。

後は家族の話になります。先日父を亡くしたばかりですので、まだ心の整理がつかず、ここから先は控えさせてください。

何か参考になりましたら幸いです。長文失礼いたしました。

 

UFOか!?

投稿者 :雲とオヤジ さん
日 時 :8月4日19時
場 所 :愛媛県 松山市
コメント:月が綺麗だったので子供と見ていたら飛行物体見えて動画撮りました。見えなくなった直ぐ同じようなコースをもう1機見えて動画とフォト撮りました!動画は送れないですか?鑑定お願いします。

※システム上、動画の投稿はできないので、Youtubeなどにアップして頂いてからURLを教えて頂けると大変ありがたいです。是非とも動画を見てみたいですっ!

UFOの撮影写真

飛行機でしょうか?なにやら空飛ぶ物体が写っているのが確認できます。

拡大してみます。

UFOの撮影写真(拡大その1)

拡大その1

どうやら飛行機ではない模様。

さらに拡大してみます。

UFOの撮影写真(拡大その2)

拡大その2

翼がないので、やはり飛行機ではなさそうです。となると……

 

UFO!?

 

それともヘリコプター!?

 

画像からはちょっと判別がつきませんが、是非とも動画で「どのような動きをしているのか」「どのくらいの速度で飛行しているのか」を確認してみたいですっ!

お手数ですが、Youtubeなどに動画のご投稿をお願いしたいと思いますっ!

 

動画をアップして頂きました!

昨日、雲とオヤジ さんから投稿して頂いたUFOらしき画像を掲載しましたが、動画のアップをリクエストしたところ、早速Youtubeにアップして頂きました!ありがとうございますっ!!!

そして、これとそっくりな謎の飛行物体を目撃したという情報も入ってきました!

目撃情報

投稿者 :おにふく さん
日 時 :8月4日昼過ぎ
場 所 :大阪



雲とおやじ
さんの見られたのとそっくりな飛行物体は僕も4日の昼過ぎくらいに見ました。

飛び方はヘリコプターのような速度で真っ直ぐに飛んでいましたが、プロペラも見えないし、風切り音もなかったので変だと思っていました。

映像は何も撮ってませんので、投稿をしなかったですが、同じようなものを目撃された方がいて驚いています。

その物体はしばらくして雲の中に消えていきました。大阪でした。

動画を見ると、おにふくさんの目撃情報通りに、プロペラらしきものは見えず、ヘリコプター特有の風きり音もしていないようです。2つ目の動画では、物体が光っているように見えます。

動画内で「気球じゃない?」という会話をなさっていますが、気球にしては横長の形をしているので、飛行船の方がイメージが近いかも知れません。観測用の気球は真ん丸に近い形をしています。

仮に広告用の飛行船だったとしたら高度が高すぎるし、遊覧用の飛行船は現在日本国内にはなく、有人飛行船は日本には1隻しかないようです。

そして、目撃した物体と撮影された物体が同じだったとしたら、おにふくさんが大阪で目撃したのが昼過ぎ、雲とオヤジ さんが愛媛県で撮影したのが19時ということは、6時間ほどをかけて大阪から愛媛県まで移動したといことになります。

以上を総合して考えると、これは…

 

U F O

 

の可能性が非常に高いのではないでしょうか!?

一体、長時間にわたって上空で何をしていたのか?目的は何か?すごく気になりますネ!

信じるか信じないかは、あなた様次第でございますっ!!!

 

スポンサーリンク

 

奇妙な一日

投稿者:xyz さん
投稿日:8月6日
(日)

公衆電話の画像

小学2年の時の事です。

授業が終わりランドセルを背負って校門を出た時、ひとけがなくて奇妙でした。

自宅まで直線で300mほどですがぜんぜん人を見かけませんでした。

なんか変やな」と思いながら歩いて帰ることにしました。

いつもなら風が吹いて顔に風が当たってくるのにその日は無風で風が吹いてませんでした。

なんかいつもと違うな」と思い辺りを見回したら、5m先の道路の向こう側の木にミノムシが3~4個吊る下がっているのが見えて、高速回転でグルグル回ってるのが見えました。

なんやアレ?」と思いました。

自分のところは風が吹いてないのにあそこは風がビュービュー吹いていたのです、「めっちゃ回ってるやん」と思いました。

早く帰ろうと思い早歩きで帰っていると、公衆電話が見えてきて、通り過ぎたところで’’ジリリリリン!ジリリリリン!!’’って公衆電話が突然鳴りました。

うわっ!」と振り返ってみたら公衆電話がピタッと止みました。

なんやねん…」と思いながら自宅まで帰って鍵を開けて家に入りました。

誰もおらんからこたつの中に隠れるようにしてたら、畳の上を歩く足音が聞こえてきたので息をひそめていました。

親が帰って来るのは夕方なので、バケモノに違いないと思いました。

そのまま眠ったみたいで、起きた時には家族が帰ってきていました。

その日は、人に会わない奇妙な一日でした。

 

事故の残像

投稿者:パン子 さん
投稿日:8月8日
(火)

バイクの画像

初めまして、いつも興味深く拝見させて頂いてます。

先月頃から地震の備えをしなければと気持ちが強くなって、このサイトにたどり着きました。

これも必然かなぁと思ってます。

もう7、8年前になるのですが、私の運転で友達と山間部を抜けて県外に。

途中サイレンを鳴らす救急車とすれ違い、何かあったのかなぁと思いつつ運転してました。

しばらくすると、たくさんの警察と数人のツーリングの人達がいるのが見えてきて、さっきの救急車は事故だったんだと思いました。

ところが、その姿を横目に通り過ぎたとたん、自分の左半身が痺れてきたのです。

思わず友達に、ヤバい、左半分、痺(しび)れてる!と言いながらそこから早く立ち去りたい気持ちでいっぱいに。

やはりその場を離れると痺れはなくなりました。

自分が思うには事故の残像をキャッチしてしまったのですね。

きっと、左カーブを曲がり損ねて左半身を道路に擦ったんだと思います。

最近はないのですが、若干の霊感と直感がありまして心霊現象も経験済みです。

またの機会にお話ししますね。

 

まっくろくろすけ in 渋谷

投稿者:mimiu さん
投稿日:8月10日
(木)

まっくろくろすけのイラスト

不思議な体験の内容:2007年初夏のできごとです。

日付けは忘れてしまったのですが、確か6月で、時刻は18時過ぎ。

私は、友人との待ち合わせ先に向かうため、JR渋谷駅南口の向かい側の、東急プラザの前を歩いていました。

夕方の渋谷は大勢の人が行き交っています。

その時、なんとなく、視線の端っこに、黒っぽいものが見えました。東急プラザの壁の地上数センチのところです。

よく見ると、黒いボールが壁に沿って転がって進んでいました。直径3センチくらいです。

しかし、よくよく見ると…。

そのボールは、浮いているのです。地上から3センチくらい…。

つまり、空中を転がって進んで進んでいるのです。いや、転がっているのかはよくわかりません。

もしかしたら、回転はしていなくて、単に進行方向に進んでいるだけなのかも。

びっくりして足を止めて、じっと見入ってしまいました。

すると、ボールが一瞬止まって、次の瞬間速度を上げてダッシュで進み始めました。

私も走って追いかけます。

ボールは角を曲がりました。向かいが横浜銀行の道路です。

角のちょっと先に飲食店の看板がおいてあって、ボールはその裏に入り込みました。

私は、看板の裏を急いで覗いたのですが、もうボールはなくなっていました。

道をいきなり走ったり、看板の裏をのぞき込んだりしていた私に、通行人は完全に白い目です…汗

あのボールは、私の視線に気づいて、慌てて逃げたように思います。

待ち合わせしていた友人に、報告したら、鼻で笑われましたよ…。いったいなんだったのか…。

あれからあの道を通るときは必ず下の方を見ていましたが、一度も遭遇することはありませんでした。

今は、ご存じの通り、ビルは解体され、新しい高層ビルの工事が進行中です。

どなたか、同じようなものを見たことがある方はいらっしゃらないでしょうか。

まっくろくろすけみたいなものでしょうか。

 

見たことがあります

投稿者:ダロ さん
投稿日:8月13日
(日)



mimiu
さんの投稿のまっくろくろすけですが、となりのトトロに出てくるのとそっくりなものは見た事があります。

高校生の時の事でもう何年も前の事ですが。

初めて見た時はゴ●●リが出たと思ってびっくりしたのですが、ゴ●●リと違ってもくもくしていて、宙に若干浮いている。

住宅街の曲がり角やちょっと緑の多い公園や家の中の天井などで見ました。

見つけるとさささっと素早く走って、壁の中や土の中に溶け込むように消えていきました。

 

少し違うかも?

投稿者:mimiu さん
投稿日:8月21日
(月)



先日、渋谷のまっくろくろすけの話を投稿したmimiuです。

ダロさん、ありがとうございます!

同じようなものを見たことのある方がいらして、うれしいです。

私が見た物は、ゴムボールみたいな、完全な球体だったので、ダロさんの見た物とは少し違うかもしれません。

しかし、動きなどは同じようです。かなり近いもののような気がしました。

 

昔住んでたアパートでの話~その1~

投稿者:まめ さん
投稿日:8月11日
(金)

アパートの画像

保育園に通ってた頃の事なので、もう30年以上昔の事ですが(笑)

当時はそれが霊だとか、そういう感覚は無くて、今になって思えば……て感じなんですが。

当時住んでいたアパートは今で言うメゾネットタイプで、1号室でもあった私の部屋は唯一道路に面していました。

道路と言っても、指定時間以外は進入禁止の標識があり、許可を持っている住人しか通りません。

だからその時も、1人でボール遊びをしていました。道路から二階を見上げると、僅かに二階の部屋が見えます。

保育園児だった事を考えると、身長的にも見えたとしても部屋の中と言うよりは、天井付近が見える程度だったんじゃないかなと思います。

で、見上げた二階の部屋(当時は両親の寝室)に女の人がいました。部屋の隅で壁に向かって俯いています。

小さかった私は、怖いとかは無く、単純に母だと思いました。現に母は家の中にいましたし。

幼い私は、今すぐ部屋に戻って今二階いる事を母に伝えれば、何で分かったのか驚くんじゃないかって考えました。

道路から玄関へ行くのに、保育園児の足でも5秒とかかりません。ホントに道路は部屋の真横なので。

走って部屋へ戻ると、居間で煎餅を頬張りながら昼ドラを見ている母が居ました。

あれ?と思いつつ、「今二階におったやろー!」て言ったんですが、返って来た答えは「おらんよ。お母さんずっとテレビ見てた」でした。

幼いながらに「???」となりましたが、その後は気にする事なく、私はまた外で遊び始めました。

今思うと、幽霊だったのかな?と思う出来事だったのですが、まさかの20余年後、驚く話を聞きました。

たまたま勤めた某コンビニに、霊感が強いと言うパートのおばさんがいました。

すごい気さくで話しやすく、当時の私とは20近く年は離れてるんですが、一緒に遊んだりする仲でした。

その人曰く、私が住んでいたそのアパートがある辺りは、割と心霊現象が多い土地だと言う事。当時も今もそんな話は私自身は聞いた事が無かったので意外でした。

で、その土地にあるとあるアパートで、女の人が自殺して、その霊が出るとか。

そのアパートがある付近の特徴や、近くにある目印になるような建物からして、どう考えてもそのアパートとは、私が当時住んでいたアパートなのです。

てゆーか、あの付近にアパートは私が住んでいた所しか無かったので、ほぼ間違いと思います。

と言うことは、当時私が目撃した女の人ってのは………。

今でもそのアパートはあります。

私が生まれて、20歳で引っ越すまで住んでいたので、今でもご近所さんと仲が良く、母は仕事帰りなどに立ち寄り、立ち話をしてきます。

私達が住んでた1号室は、なかなか住人が居着かないようです。

何か関係あるのかな?と思わないでもないです。

何故なら、その女の人以外にも、そのアパートでは色んな事があったからです。勿論気のせいだった事もあるかもしれませんが。

長くなるので、また改めて投稿させてもらいます。

 

どこかの世界に迷い込んだ

投稿者:湯湯のん さん
投稿日:8月18日
(金)

レールの画像

友人が体験した話です。

友人の知人が入院されたとの事で、息子さんを連れてお見舞いに行ったそうです。

荒川区にある大学病院で、千代田線の町屋駅で降りて地上に出るとすぐ横にある都電に乗るのですが、その方は普段その駅を使わないので何番の出口を出たらいいのか駅の案内板を見たそうですが、どこにも「都電」の文字はなく、息子さんとおかしいね?と話してたそうです。

しかたがないので駅員さんに聞いたらなんと「都電?何ですか?それは?」と言われたそうで、「都電荒川線です」と言っても駅員さんは困惑している様子で、路線図を見ても載ってないようで分からないとのことでした。

もういいです。」と断り、取り敢えず地上に出てから誰かに聞けばわかるだろうと手近な出口から出ると、目の前に工事現場があり警備員の人がいたのでその人にも聞いたそうですが、返ってきた答えは駅員さんと同じでそんな電車は知らないとのことだったそうです。

結局訳がわからずタクシーで大学病院に行ったそうです。

町屋駅で働いてる駅員さんが乗り換えの案内を出来ないなんてあり得なくないですか?

それとも、赴任したばっかりで知識がなかったとか?

でも、駅員になるくらいなんだから都内で走ってる電車の知識は当然あると思いますし、そもそも路線図にも載ってないなんてあり得ないですよね??

無事にたどり着けたけど、どこかの世界に迷い込んだとしか思えない話でした。

 

スポンサーリンク

 

みなさんの不思議な体験や恐怖の体験、奇妙な出来事、UFOの写真や動画などの投稿を頂き次第、随時更新します!

-宇宙人・UFO・UMA, 心霊・怪奇・ホラー, 異世界・異次元・タイムトラベル, 超能力・超常現象