不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

宇宙・自然・地震・前兆

[防災ニュース]えっ!?チョットチョットっ!『65%の人が非常持ち出し袋を用意しておらず…』

非常持ち出し袋の中身のイラスト

不思議探偵社のみなさんは「水や食料の備蓄」「非常持出袋の備え」「タンスなど家具の固定」「避難経路の確認」などの防災対策をバッチリやって頂けていると思いますが、この度、調査会社が行った防災についてのリサーチで驚くべき調査結果が出ました。

 

スポンサーリンク

 

65%が「用意せず」=災害時の持ち出し袋

コンテンツマーケティング会社「エコンテ」(東京)がこのほど行った意識調査で、国が推奨する「個々の防災対策」が進んでいない現状が浮き彫りになった。

同社は「自然災害はいつ起こるか分からない。今回の結果を基に、しっかり備えを始めてほしい」と呼び掛けている。

調査は7月の2日間、インターネットを通じて行われ、400人から回答を得た。

その結果、「用意していない」との回答は48%で、「用意したことはあるが今はしていない」を合わせると65%に上った。

理由を聞いたところ、20~30代では「何をそろえればいいか分からない」が多く、年代が上がるにつれ「賞味期限などによる中身の交換が面倒」といった回答が増えた。

子育て世代の30~40代では「お金が掛かる」も多く、経済的負担への懸念もうかがわれた。

どのような支援があれば用意するかについては「費用の支給」が多く、「コンパクトで場所を取らないもの」を要望する回答も目立った。

一方、用意している人に持ち出し袋の中身を聞いたところ、「懐中電灯」が最多で、「非常食」「」「軍手」「携帯ラジオ」が続いた。

同社は、実際の震災時に食品用ラップが役立ったとの声を紹介。

体に巻けば包帯代わりや防寒対策になるほか、紙皿などを包めば洗う必要がなく節水につながると推奨している。

時事ドットコム

このニュースを見たときに目を疑いました。6.5%ではなく、65%もの人が非常持ち出し袋を用意していないという事実に悪い意味で驚かされました。

ここ10年間で東日本大震災熊本地震によって多くの方が被災し、大変な思いをしていることがテレビや各メディアによってボクたちに伝わっているにも関わらず、様々な理由があるにせよ、非常時に必須アイテムとなる持ち出し袋を用意していないという人が6割以上にのぼっていることに危機感を覚えます。

地震大国である日本に住むボクたちは、大地震に遭遇することを覚悟して、可能な限り小難へと変えるために努力することが大切です。

もし、みなさんの周りに、地震への備えを行っていない方や関心のない方がいたら、不思議探偵社の「みんなで作る備えのページ1」「みんなで作る備えのページ2」「みんなで作る備えのページ3」を教えてあげてください。

東日本大震災熊本地震で被災した方々からのご投稿も掲載しており、非常にためになる内容となっています。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


 

-宇宙・自然・地震・前兆