不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

宇宙・自然・地震・前兆

[前兆現象]地震雲などの投稿&地震情報【2018年8月中旬号】17日(金)更新

2018/08/17

地震のイメージイラスト

不思議探偵社では、地震雲地鳴り動物の異常行動植物の異変などの地震前兆現象の投稿をお願いしています。

見たことのないような雲や、奇妙な地鳴り、ペットなど身近な動物の異常行動など、少しでも普段と違うことに気づいたら、ぜひご投稿をっ!

地震雲について詳しくお知りになりたい方はこちらの記事、保存版】地震雲の見分け方~名前と種類と特徴~ をご覧ください。

地震雲が発生する仕組み

地震前に電磁波が発生するイメージ画像

[画像:imartより]

地震は地殻の変動によって発生しますが、揺れが発生する前には地殻の内部で摩擦や圧縮が起きて、地殻に含まれる石英(別名:水晶、クリスタル)に圧力が加わって電気が生じます。

この電気エネルギーが電磁波となって地上へ伝わります。そして電磁波というのは雲を形成するので、それが様々な形の地震雲となって上空に現れるという説が最も有力です。

また電磁波は磁界にも影響するので、磁界を感じ取れると言われている動物(イルカクジラなど)が座礁する要因の一つといわれています。

地震雲が出現したりクジラが座礁したからといって、100%の確率ですぐに地震が起こるというわけではありませんが、地殻内部で何らかの異常が発生しているという予測はできます。 

不思議探偵社のTwitterはこちら

不思議探偵社のTwitterへのリンク

8月上旬号はこちら

[前兆現象]地震雲などの投稿&地震情報【2018年8月上旬号

8月17日(金) NEW!

東北沖での地震活動がより一層活発化しています。

地震情報の画像

東北沖では先月中旬以降、中規模以上の地震が断続的に発生していますが、短時間でこれだけの地震が発生したのは久しぶりのことです。

6月以降、千葉県沖や茨城県沖でも地震が増加していますが、これらの地震は太平洋プレートの地殻変動の影響によるものです。

日本列島のプレート図

日本列島のプレート図[画像:気象庁より]

太平洋プレートが日本列島の方へと移動しているので、北米プレートとの境界では歪みエネルギーが蓄積され、地殻が破壊されることによって地震が発生します。

2011年3月11日に発生した東日本大震災も同じ原理で発生していますが、あれから7年以上が経ち、再び日本海溝には相当なエネルギーが蓄積されているものと推測されます。

海溝型の大地震が起こる前は、大抵の場合、中規模以上の地震が増加する傾向があるので、常に地震の推移を注視しておくことが大切です。

 

スポンサーリンク

 

[8月17日の更新はここまで ですっ!]


 

8月15日(水)

みなさんからのご投稿写真にもあるように、ここ最近、愛知県内で地震雲が相次いで出現していますが、その愛知県付近で地震が発生しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は静岡県西部で規模はM3.9 震源の深さは40kmでした。

震源は静岡県ですが、揺れが集中したのは愛知県でした。

2週間ほど前には、伊勢湾を震源とする地震が発生しており、地震雲も継続的に出現していることから、愛知県および周辺エリアにお住まいの方は念のため警戒レベルを上げておいた方が良いと思います。

また、さくらさんが今一番気になる地震は「東海地震」とおっしゃっているので、こういうことも合わせ考えると、愛知県だけでなく静岡県や三重県にお住まいの方も要警戒となると思います。

地震雲などのご投稿

投稿者 :トッシーさん
日 時 :2018年8月14日18時
場 所 :滋賀県 守山市 今浜町
コメント:近くに帯状雲ぽいのもありました

地震情報の投稿画像

光っていて雲の様相が分からないのですが、なんとなく地震雲っぽくうねっているように見えなくもないので「帯状形(おびじょうがた)地震雲」かも知れません。

投稿者 :たづりんさん
日 時 :2018年8月14日19時
場 所 :静岡県 静岡市 駿河区
コメント:長さは、短い雲でしたが…帯状の雲のように見えたので投稿してみました。先週の週末に静岡震度3の地震があったので、大型の地震が来ないか心配してます。

地震情報の投稿画像

こちらもちょっと雲の様相がチェックできないのですが、コメントされているように「帯状形(おびじょうがた)地震雲」のシルエットのように見えます。

このタイプは長さが短いほど、地震の発生が近くなり、太いほど地震の規模が大きくなります。

先に紹介したように静岡県西部で地震が発生していることもあるので、念のため注意しておいてください。

投稿者 :スカイさん
日 時 :2018年8月14日19時
場 所 :愛知県 名古屋
コメント:西の空に二本の縦に伸びた雲が1時間前に通った時にもあり帰りにも同じ場所にあったので投稿します。

地震情報の投稿画像

気象の雲と重なっているので地震雲か判断しにくいのですが、長時間同じ場所にとどまっていたとのことなので地震雲の可能性があります。

また、場所が愛知県ということで、いつも以上に地震への警戒を高めておいて頂きたいと思います。

投稿者 :りんさん
日 時 :2018年8月14日17時
場 所 :岡山県 倉敷市
コメント:車内から撮ったため、上手く撮影出来ませんでした。もう少し長さがありました。

地震情報の投稿画像

これは「帯状形(おびじょうがた)地震雲」で間違いなさそうです。地震雲特有のうねりがはっきりと確認できます。

写真を見る限り雲の長さが短いので、もし地震が起こる場合は近日中にということになると思います。

念のため、防災意識を高めておいてください。

 

スポンサーリンク

 

気象雲・気象現象と判定したご投稿

チョビさん(愛媛県 西条市)
ろささん(島根県 松江市)

以上のみなさんからご投稿頂いた写真は、気象の雲や気象現象なのでご安心をっ!

 

スポンサーリンク

 

8月14日(火)

東北地方で地震が続いています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は福島県沖で規模はM4.0 震源の深さは40kmでした。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は岩手県沖で規模はM3.6 震源の深さは50kmでした。

11日にもお伝えしていますが、東北沖での地震活動が短期間で急増しているので、周辺地域にお住まいの方は警戒レベルを上げておいてください。

 

地震雲などのご投稿(計16枚)

投稿者 :ななさん
日 時 :2018年8月10日8時
場 所 :愛知県 名古屋市
コメント:今朝8:46の空です。魚の骨の様な雲があり気になり撮りました。

地震雲の投稿写真

これは肋骨型というよりも「帯状形(おびじょうがた)地震雲」に近いように見えます。

愛知県では先月から地震雲が相次いで発生しているので、要警戒期間だと言えます。

投稿者 :テックさん
日 時 :2018年8月10日14時
場 所 :岡山県 倉敷市
コメント:南の空です。
断層型地震雲かなと思い撮影しました

地震雲の投稿写真

これは「断層形(だんそうがた)地震雲」かも知れません。撮影地の天気をチェックしたところ、晴れ曇りとなっていたので地震雲の可能性が高いです。

投稿者 :こぱんださん
日 時 :2018年8月10日15時
場 所 :東京都 江東区
コメント:面白い形だと思って撮ったのですが… 飛行機雲とは違うようなカンジだったので、もしかして?と思い送りました。

地震雲の投稿写真

これは短い「帯状形(おぼじょうがた)地震雲」だと思います。このタイプは短いほど地震の発生が近いので、もしかしたら近日中に地震に東京や東京湾で地震が発生するかも知れません。

投稿者 :さん
日 時 :2018年8月10日15時
場 所 :兵庫県 南部
コメント:昨日もこのような雲が出ていましたが、今日はハッキリと出ていました。断層形地震雲でしょうか?何も無い事を祈るのみです。

地震雲の投稿写真

撮影地の天気をチェックしたところ曇りとなっていたので気象の雲かも知れませんが、コメントされているように「断層形(だんそうがた)地震雲」という可能性もあります。

投稿者 :さとみんさん
日 時 :2018年8月10日17時
場 所 :新潟県 新潟市 江南区
コメント:仕事終わりに空を見たら、北西の空にビューンと1本、飛行機雲より太い雲が伸びていました。私が見ていたのは2時間ほど。その間動く事も形を変える事もなかったです。

写真には収めなかったのですが、昨日の18時半頃、西の空よりも南の空が夕焼けで真っピンクに染まっていました。

地震雲の投稿写真

これは「竜巻形(たつまきがた)地震雲」のように見えます。グルグルと回転している部分もあり。長時間とどまっていたという目撃コメントも地震雲の特徴と一致します。

投稿者 :ぽんきちさん
日 時 :2018年8月11日5時
場 所 :石川県 七尾
コメント:石川県、徳光のSAからみた下り方面に出ていた雲です。位置的には、高野山の方角になるのでしょうか。旅先で立ち寄ったSAなので、長時間留まっていたかは確認できませんでしたが、何となく気になったので投稿しました。地震雲でしょうか?

地震雲の投稿写真

これは「波紋形(はもんがた)地震雲」かも知れません。等間隔の波紋が一方向に出現しています。

ただ、波紋が途中で途切れているので、上空の風によって出来た波紋という可能性もありそうです。

投稿者 :よーちゃんさん
日 時 :2018年8月11日6時
場 所 :佐賀県 白石町
コメント:8月11日の早朝6時前から日の出と一緒に縦雲が30分程度出ていました。鹿島から佐賀方面に行く途中の有明町で目撃し佐賀市内までずっと出てました。

地震雲の投稿写真

これは「竜巻形(たつまきがた)地震雲」のように見えます。グルグルと回転している様子が確認できます。

佐賀県では数日前にも地震雲が出現していたので、念には念を入れて警戒レベルを上げておいたほうが良さそうです。

 

スポンサーリンク

 

投稿者 :ぽんきちさん
日 時 :2018年8月11日17時
場 所 :滋賀県 草津市 大津市方面
コメント:右中ら辺に見えづらいですが、彩雲と地震雲らしきものが見えたので、投稿しました。

地震雲の投稿写真

中央の太い雲はおそらく「帯状形(おぼじょうがた)地震雲」だと思われます。

投稿者 :みずたまさん
日 時 :2018年8月12日14時
場 所 :新潟県 県央
コメント:
弥彦山方面に出てました。以前こんな地震雲を見たことがあったので…

地震雲の投稿写真

これは「肋骨状形(ろっこつじょうがた)地震雲」かも知れません。よーーーく見ると、うっすらと肋骨状の雲が写真全体に広がっています。

コメント:これも同じく弥彦山方面です。

地震雲の投稿写真

これは典型的な「肋骨状形(ろっこつじょうがた)地震雲」です。

このタイプは雲の出現範囲が広いほど、地震が起こる場合に規模が大きくなるので注意が必要です。

投稿者 :もこ☆さん
日 時 :2018年8月12日19時
場 所 :
熊本県 宇城市
コメント:
空一面という訳ではなかったのですが、雲と空の境目がくっきり分かれていて、しばらく形も変わらなかったので、もしかしたら地震雲かなと思い投稿してみました。

地震雲の投稿写真

これは「断層形(だんそうがた)地震雲」の可能性が高そうです。撮影地の天気をチェックしたところ、曇りのち晴れとなっていました。

コメント:これは竜巻型の雲でしょうか?よろしくお願いいたします。

地震雲の投稿写真

こちらは雲のシルエットから判断すると「竜巻形(たつまきがた)地震雲」に近いと思います。

投稿者 :あまさん
日 時 :2018年8月13日5時
場 所 :
長崎県 大村市
コメント:南西からの雲と北東からの雲が繋がりアーチ状になっていました。いずれも竜巻型のように見えます。他にも南から東へのアーチ状もあります。3時間ほど消えていません。

地震雲の投稿写真

地震雲の投稿写真

これらはコメントされている「竜巻形(たつまきがた)地震雲」のようにも見えますが、「帯状形(おぼじょうがた)地震雲」のようにも見えます。

また、長時間消えなかったという点も地震雲の特徴なので、しばらくは警戒しておいたほうが良いと思います。

投稿者 :つぶあんさん
日 時 :2018年8月13日5時
場 所 :
鳥取県 北栄町
コメント:午前5時半ごろ、東側の空です。この方角は鳥取中部地震の震源地方向なので気になります。鳥取中部地震の前は家鳴りがあり気になっていましたが、地震以降はおさまっていました。

最近再び家鳴りがしだしたので気になっていたところに見えた雲だったので、厄落としがてら投稿します。

地震雲の投稿写真

これは典型的な「竜巻形(たつまきがた)地震雲」です。グルグルと回転している様子やうねている様子がはっきりと確認できます。

しかもかなり巨大な地震雲なので、地震が起こる場合は規模が大きくなる可能性があります。

鳥取中部地震の時と同じように家鳴りが始まったとのことなので、やはり警戒レベルを上げておくべきだと思います。

投稿者 :こあらさん
日 時 :2018年8月12日13時
場 所 :
キルナ天文台
コメント:キルナ天文台のグラフが赤以上になったのでお知らせします。

地磁気の測定グラフ

地磁気の波形がかなり乱れています。東日本大震災前にもこのグラフが大きく乱れていました。

ただ、このグラフは太陽フレアの影響なども受けるので、必ずしも地震の前兆というわけではないです。

 

スポンサーリンク

 

気象雲・気象現象と判定したご投稿

スイカさん(大阪府 和泉市)…飛行機雲と気象の雲です。
あ~ちゃんかしゆかのっち大好きさん(埼玉県 さいたま市 西区二ツ宮)
まままさん(東京都 八王子)
Akiさん(和歌山県 田辺市)
澪ママさん(香川県 丸亀市)
みーママさん(広島県 安芸郡)
ななさん(愛知県 名古屋市 港区)

以上のみなさんからご投稿頂いた写真は、気象の雲や気象現象なのでご安心をっ!

 

スポンサーリンク

 

8月11日(土)

気がかりな地震が多発しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は駿河湾で規模はM4.5 震源の深さは20kmでした。

この場所では、この地震から40分後にM2.7、70分後にM2.6の地震が発生しています。

さくらさんが今一番気になっている地震は「東海地震」とおっしゃっていましたが、駿河湾はまさに東海地震の想定震源域です。

駿河湾は地震が非常に少ない場所で、前回の地震は2年以上も前のことです。

今回の一連の地震が東海地震の前兆であるかどうかは見極めが必要ですが、もし今後も駿河湾や周辺エリアで地震が続くようであれば最大の警戒をしなければなりません。

次は東北沖です。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は福島県沖で規模はM5.1 震源の深さは20kmでした。

福島県沖では、規模もさることながら地震発生回数も気がかりな推移を見せています。

福島県沖におけるここ2週間の地震(M4以上)の推移は、7月31日にM5.4、今月8日にM4.8、10日にM4.1、そして今回のM5.1の地震。

短期間でこれだけの地震が発生しているので、福島県にお住まいの方は警戒が必要なのはもちろんなのですが、東北沖は宮城県沖、岩手県沖、そして茨城県沖などが連鎖的に動くことが多いので要注意です。

5日には青森県沖でM4.1の地震が発生しており、8日には三陸沖でM5.3の地震が発生しています。

東北地方、とくに沿岸部にお住まいの方は大きな揺れを感じたら、すぐに避難を開始できるような状態にしておいて頂きたいと思います。

今日からお盆休みで帰省や旅行をする方も多いと思いますが、「もし帰省(旅行)先で被災したらどうするか」「もし移動中に被災したらどうするか」などを頭の中でシミュレーションしておくと、有事の際に冷静な行動をとれると思います。

とくに沿岸部に行かれる方は、津波避難タワーや高台への経路を必ず確認しておいて頂きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


 

-宇宙・自然・地震・前兆