不思議探偵社

地震予知・前兆現象・予知・予言・UFO・宇宙人・透視・超常現象・都市伝説など不思議系情報をお届けっ!【さくらさんの未来予知公式サイト】【「私が見た未来」著者たつき諒さんの公式サイト】

サイト内検索

             

予言・予知・占い 宇宙・自然・地震・前兆

【予知・予言】みなさんからの投稿~メグメグさんの「展示会中に大地震のビジョン」&「展示会の会期中に見た夢」について~(4月13日更新)[No.1045]

2021/04/13

「展示会中に大地震のビジョン」

東京国際展示場の写真

投稿者:メグメグさん
投稿日:2020年2月28日(金)

私は販売の仕事をしてますが、数年前から展示会中に地震が来るイメージがずっとあるのです。

展示会は2月、3月、7月、9月に開催します。仕事柄ブラックスーツで四季問わず仕事をしているので、いつの季節かは分かりません。

展示会が行われる場所は関東地方です。

去年の夏頃からなんとなく身体がグラグラしたり、寝ていて下からドガーン!とくる衝撃で飛び起きたり、電車から降りたり机から離れる時の一歩を踏み出す時にグラグラやドガーンと感じたり…。

一人で勝手に地震に遭ったような気になってビクビクしてるのです。もしかしてこの感覚が皆さんの言っているグラグラ感なのか?と今日思ったので投稿しました。

展示会中に地震が起きるイメージとしては、お客様を接客中に彼方向こうから音がして、何だろうと思っていると、だんだん音が近付いてきて地震が起こるのです。

立っていられないくらいの大きな揺れです。

お客様を避難させる時に、品物はどうしよう?と思うのですが、全てそのままの状態で全員避難することになる…そんなイメージです。

今でも寝ている最中、展示会や避難誘導の夢を断片的に見たりしますし、日中でも歩いていても立ち止まっていてもグラグラしたり、ドガーンという下から突き上げてくる衝撃を感じたりします。

その時の心臓のドキドキは半端なく、いよいよ来たか!と思うのです。自分だけが感じているようで、周りの人々は無反応です。

初めは自分の心臓の鼓動で身体が揺れ動くのかと思っていたら、どうやら違うと…もしかして、皆様がいうグラグラ感などが、こういうことなのかと最近思うのです。

関東太平洋側に巨大な地震が来て、千葉には少し津波的なものが来るのかもしれないと勝手に感じております。

スポンサーリンク

 

「展示会の会期中に見た夢」

投稿者:メグメグさん
投稿日:2021年1月2日(土
)

12月展示会の会期中に見た夢が、最近レオさんも含め皆さんが話している内容に重なる気がするので、回避のためにもお知らせします。

半島の左側付け根にある岩場に友人といます。岩場のすぐ横には道路があり、道路脇に車を停めています。

岩場に黒い手すりの階段があります。水が引いているので、友人夫婦は「すごーい!こんなに引いてる」と言いながら下まで降ります。

「大潮でもこんなに引かないよ。なんか変だよ!」と友人夫婦に言っている時、遠くから青黒い津波だと思われる壁のようなものが迫って来て、私の意識が上空に飛んだ時に赤オレンジ色のマーカーの様な線が半島を横断しているのを見ます。

この時、津波警報の防災音は聞こえませんでした。

半島にも色々ありますが、見た景色と地図を照らし合わせると、伊豆半島紀伊半島房総半島の一部の形に似ています。

日本地図の画像

伊豆半島

日本地図の画像

紀伊半島

日本地図の画像

房総半島

立っていた岩場は伊豆半島なら湯河原から伊東にかけてのどこかの岩場で、赤オレンジのラインは西伊豆方面に伸びていた。

紀伊半島なら津から鳥羽にかけての岩場に立ち、赤オレンジのラインは和歌山市辺りまで。房総半島なら太東から鴨川間の岩場に立ち、赤オレンジラインは館山辺りまで。

赤オレンジのラインの意味もわかりませんが、伊豆半島や紀伊半島に似ていた上空の絵面と津波的な青黒い壁が気になります。厄除けでお知らせです。

新年早々、長文失礼いたしました。今年もレオさんと不思議探偵社のご健勝と益々の繁栄をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

 

メグメグさんの「展示会中に大地震のビジョン」「展示会の会期中に見た夢」について(3月15日)

投稿者:りんごさん
投稿日:3月10日(水
)

メグメグさんの展示会に関する予知夢の考察です。

『展示会中に地震が起きるイメージとしては、お客様を接客中に彼方向こうから音がして、何だろうと思っていると、だんだん音が近付いてきて地震が起こるのです。』

とありましたが、これは地震ではなく、爆弾?かなにかを落とされていると考えることもできませんか?

遠いところで爆弾が落とされ始め、メグメグさんのいる展示会場付近にも爆弾がおとされ、あまりの威力に地震のように揺れるのではないでしょうか。

なるほど、爆発する音が近づいてきて、会場が揺れている状況という可能性もないとは言えないと思います。

ただ、立っていられないほどの揺れであることを考えると、会場そのものが爆発して崩れるような状況ではないかなと推測されるので、その場合は爆発音そのものが聞こえてくるような気がします。

また、その場合は炎や煙が会場内にも侵入してくることになるのではないかなと思います。

そして、本日(15日)、阪神淡路大震災(M7.3)で被災された読者さんから次のようなご投稿を頂いています。

投稿者:おにふくさん
投稿日:3月15日(月
)

メグメグさんの展示会に関する予知夢の考察で、りんごさんが、メグメグさんの『展示会中に地震が起きるイメージとしては、お客様を接客中に彼方向こうから音がして、何だろうと思っていると、だんだん音が近付いてきて地震が起こるのです。』という書き込みについて、爆弾って推察されていますけど、私は阪神大震災の地震を経験したものとして、音が遠くの方から、段々近づいて来る事は不思議じゃないと思いました。

阪神大震災の時は、実際、大阪北部で体験しましたが、この書き込みと同じように、遠くの方で、ドドドって鳴っていて、段々近づいて、自分がいる所まで来た時、激しい揺れに見舞われましたよ。

ドドドという音は地鳴り(地響き)だったと思われますが、東日本大震災の時もゴーという音が聞こえてきたと思ったら激しい揺れが襲ってきたので、やはりメグメグさんのビジョンというのは、大地震である可能性が高そうです。

 

スポンサーリンク

 

投稿者:いいさん
投稿日:3月10日(水
)

レオさんこんにちは、前回掲載されていて驚きましたが、その時の投稿を見ながら妹と話していて新しい情報をお伝えしたいと思いメールしてます。

前回のご投稿「地震は3月と、2年後以降」

以前投稿されていた、メグメグさんの赤オレンジのマーカーの件についてです。

あれから親戚が地震+津波+飢餓の夢をもう一回見て、妹が更に地震と津波の夢を見ました。その時津波が襲ったのが、メグメグさんのあげられていたマーカーの紀伊半島の部分です。

通常津波が横断する様なエリアではありませんが、ここです。

妹の夢が特に具体的で、「空から彗星か何か、光るものが海に落ちて、それが原因でとてつもない大地震が起こります。すぐに大津波が内陸まで広範囲を襲います。夢の中でいた場所は三重県北部であり、到底津波など聞いたことのないエリアです。」

夢の中では、妹は今まで周囲の人が見た夢の内容から「こんな内陸でも大津波が来るかも」と知っていたので即座に高台に避難し難を逃れましたが、想定していなかったたくさんの方々が流されてしまったそうです。

その話を聞いてすぐにメグメグさんの投稿のことを思い出しました。ひとつの情報としてお受け取りください!

メグメグさんが夢の中で上空から見た赤い線は、紀伊半島の中央に入っていたとのことでした。

東日本大震災(M9.0)の大津波でも、到達距離は海岸線から内陸へ5kmほどのところまでだったので、紀伊半島の赤い線というのは津波の到達ラインである可能性は非常に低いと考えられるのですが、隕石が太平洋に落下して発生する巨大津波だとしたら、赤いラインの場所まで津波が到達してもおかしくはないかも知れません。

恐竜を絶滅させたとされている巨大隕石衝突時には、なんと300mもの超巨大津波が発生した可能性があるそうです。

※2018年に研究者が発表したデータでは1500mほどだったという情報もあります。

東日本大震災の津波は高さ約15m(遡上高さは約40m)だったので、いかに隕石衝突で生じる津波が巨大であるかが分かります。

もし、恐竜を絶滅させた巨大隕石(推定:直径10-15km)と同じくらいの大きさの隕石が太平洋に落下したら、日本全土が津波に飲まれてしまうことは間違いないかと思いますので、紀伊半島の中央付近までだとしたら、大きさはかなり小さい隕石ということになりそうです。

とはいっても、東日本大震災で生じた津波の何倍もの高さの津波になるわけですから、未曽有の被害が発生してしまいます。

ですので、いいさんの見た夢がただの夢であるように、現実化しないようにと願うしかありません。

 

スポンサーリンク

 

「皆さんが感じているような大きめ地震は、これからなのかもしれません」(3月27日)

投稿者:メグメグさん
投稿日:3月21日(日
)

レオさんいつも不思議探偵社の運営ありがとうございます。昨日、関東も大きく揺れる地震がありました。

私も展示会中でちょうどお客様を接客中というシチュエーションでしたが、該当する地震ではありません。私の展示会会場は震度3でした。

お客様の携帯アラームが数カ所で鳴っていましたが、会場では緊急地震速報は鳴りませんでした。

お客様と10年前もこの場所で東日本大震災にあったとお互いに話していた時の地震だったのでビックリしましたが、揺れた瞬間に「この地震じゃない。まだくる」と思ってしまいました。

まだ、本震又は別の大地震が控えていると考えております。

展示会期間中なので、なかなか不思議探偵社の細部まで読み込めてはいませんが、皆さんが感じているような大きめ地震は、これからなのかもしれません。

どうか備えていて下さい。取り急ぎ、ご報告まで。

ちょうど1週間前の3月20日に、宮城県沖で津波をともなう大地震が発生しました。

地震情報の画像

[画像:気象庁より]

この地震の発生時に、ちょうど展示会の最中だったということですが、メグメグさんが数年前からご覧になっているという展示会中に大地震のビジョンとは状況が違うとのことなので、これから大地震が起こる可能性があるということになります。

この地震後に、幌筵さん勝姫さんファミリーにゃんさんたちもさらに大規模な地震発生を感じ取られていますから、本当にこれからということになります。

 

メグメグさん及びいいさんの投稿について(3月27日)

投稿者:みいさん
投稿日:3月15日(月
)

3/10のいいさんの投稿について。

内陸部まで津波は考えにくいと思いますが、中央構造線で大地震が起こるか南海トラフの大地震かで紀伊半島内陸部のダムが決壊する事は考えられないでしょうか?

南海トラフがキッカケで決壊したなら、海側から逆流する津波上流からダムの決壊で溢れ出た水ではなれている場所なら同時に起こっていたら津波だと誤認識するのではないかと思いました。

なるほど、ダムというのは考えたことがなかったですが、ダムの貯水量がどのくらいなのか気になるところです。

投稿者:ゆめさん
投稿日:3月15日(月
)

津波の原因は、地震だけではありません。実は、アラスカのプリンス・ウィリアム湾で、氷河が解けて、巨大な津波が発生するのでは、といわれています。気をつけてください。

なるほど、その場合に津波高さがどのくらいになるのか気になったので調べてみたところ、ウィリアム湾沿岸に9mほどの津波と想定されているようです。

日本には影響はないレベルですが、現地の方は即避難をする必要がある規模の津波ということになります。

投稿者:てつなおさん
投稿日:3月16日(火
)

メグメグさん及びいいさんの投稿について

いつもサイト更新お疲れ様です、てつなおです。3/10(水)のいいさんの投稿を読んで、すぐにさくらさんの未来予知を思い出しました。

もし、いいさんの妹さんが見た夢のように、宇宙から大質量の物体が太平洋に落下し、メグメグさんの投稿にあるような、紀伊半島内陸まで押し寄せる大津波が発生したら、さくらさんがかつてビジョンで見たような、巨大な津波が日本の太平洋沿岸各地を襲うことになります。

また、さくらさん「地球に落下する隕石」や巨大隕石落下後のような「地球が黒い何かで覆われている」というビジョンも見ていますので、隕石の落下は現実化する可能性があります。

では、それはいつ起こるのでしょうか?。私の考えでは、これほどの巨大津波を引き起こす物体であれば、天体観測で事前に発見することが可能だと思うのですが、そのような話をどなたかご存じありませんでしょうか?

また、他にもそのような夢やビジョンをご覧になっている方がいらっしゃいましたら教えていただきたいと思います。

また、大津波は物体の衝突の衝撃ですぐに発生するのでしょうか?それとも衝突の影響で地殻が刺激されて南海トラフ地震が起き、そのために大津波が発生するのでしょうか?

避難のタイミングや場所にも影響するので、この点はメグメグさんやいいさんに確認したいところです。

また、物体の落下地点は太平洋のどのあたりなのでしょうか?日本列島からすぐ近くなのか、それともかなり距離がある地点なのでしょうか?津

波到達までの時間的猶予が知りたいので、これも、もしお二人がお分かりでしたら教えて下さい。

私は今まで、南海トラフのような巨大地震とそれに伴う津波に関しては、ハザードマップなどを参考にして自分なりに対策を立ててきましたが、今回のような「宇宙からの飛来物による巨大地震」と「内陸まで押し寄せる巨大津波」など、全く想像していませんでした(そもそも「巨大隕石の衝突=人類滅亡」、最初の衝撃でお陀仏…という感じ)。

ですが、今回の投稿で具体的な事象(太平洋に宇宙から大質量の物体が落下、巨大地震の発生、紀伊半島を横切るほどの巨大津波)を教えていただいたことで、被害を最小限にするための対策を考えるきっかけを与えていただきました。ありがとうございます。

その上で、願わくば、このような大災害が起きませんように、大きな災いを少しでも小さくすることができますように、日々お祈り申し上げます。

最近「引き寄せの法則と現代物理学云々」という記事を読みました。その中に「人々の集合意識が世界の姿に影響しており、人々が良い未来を意識することで、良い未来を引き寄せることができる。より具体的にイメージし、声に出すとなお良い」ことが素粒子や時間と空間との関係で考察云々、という内容でした。

いま一つ理解できていないのですが、現代物理学はそんなことまで証明してしまうのかと驚くとともに、人々の思いが未来を創り出すのであれば、多くの方に災害の少ない世界を願い、良い未来を引き寄せていただきたいと思いました。

 

スポンサーリンク

 

(追記)
隕石や津波について調べてみたら、こんな情報が見つかりました。取り急ぎ投稿します。

◎月下旬、直径数百メートルの小惑星が地球から200万kmの距離まで接近する。

『2001年3月、アメリカのLINEAR(リンカーン地球近傍小惑星探査)プログラムによって小惑星「2001FO32」が発見されました。

アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、2001FO32は日本時間2021年3月22日に地球からおよそ200万キロメートル(地球から月までの距離の約5.3倍)まで接近し、時速12万4000キロメートルで通過していくといいます。

2001FO32の直径は当初約1キロメートルと推定されていましたが、NASAの赤外線天文衛星「NEOWISE」による最近の観測結果をもとに下方修正され、440~680メートルと見積もられています。

中略)

仮にサイズが見積もりの最小値だったとしても、2001FO32は2021年に地球へ接近することが確認されている小惑星のなかで最も大きいといいます。

ただ、2001FO32は発見から20年に渡り追跡され続けていて、今後数百年に渡り地球の脅威にはならないとされています。

中略)

NASAでは今回の接近について、サイズと反射率をより正確に理解し組成を推定するための機会と捉え、ハワイのマウナケア山にある赤外線望遠鏡施設(IRTF)を使って2001FO32を観測する予定です。

また、NASAの深宇宙通信網「ディープスペースネットワーク(DSN:DeepSpaceNetwork)」を利用して、2001FO32のレーダー観測を行うことも計画されています。

JPL主任科学者のLanceBenner氏は「過去20年間の観測を通して、地球に接近する小惑星のうち2001FO32と同程度の大きさを持つものの15パーセントが小さな衛星を伴っていることが明らかになりました。

2001FO32には未知の部分が多く、この小惑星を学ぶまたとない機会となるでしょう」

SORAE

最後のコメントが気になりました。直径600m級の本体が地球に落下したら地球規模の大惨事となりますが、その一部や衛星が運悪く日本近海に落下したら、メグメグさんやいいさんの投稿のような巨大津波が発生してもおかしくないように思えます。

メグメグさんの投稿には「津波警報の防災音は聞こえませんでした」とあるので、ますます隕石落下が原因なのでは?と寒気がしてきました。

ますます不安になるような情報ばかりですが、ここはひとつ、前向きに防災プランを考えておくことが大切ですね。

もし万・万が一「到底津波が来ないようなところにも津波が来る」「紀伊半島を横断する規模の津波が発生する」ならば、どの程度の高台まで避難すればよいのか、そこまでの移動手段や持ち物、家財道具の保管方法など、今のうちに検討しておくと、別の災害の時にも役立つと思います。

私はよく「地図蔵」というサイトを利用して地図上の標高を調べて避難先を検討しています。

長くなりましたが、なによりこのような災害が起きませんように、大きな災いを少しでも小さくすることができますように、お祈り申し上げます。

地球に甚大な被害をもたらすような隕石や小惑星の早期発見についてですが、大きさが1500mを超えるような巨大なものについては、現段階でほとんど発見されて尽くされている可能性が高いようです。

しかし、1500m以下のものについては発見数が増加していることから、まだまだ未知の隕石・小惑星が無数に存在しているものと思われます。

100mほどの隕石や小惑星であっても、その影響はとてつもないものとなります。

国立天文台の方によると、100mほどの隕石が地上に衝突した場合、直径1000mもの巨大クレーターが出来き、衝撃波が周囲数十kmの範囲の建物を破壊するようなので、もし東京に100mの隕石や小惑星が落下したら、東京は一瞬にして壊滅状態となってしまいます。

海域に落下すれば、巨大津波が発生しますから、メグメグさんが記した場所やいいさんの妹さんがご覧になったという「津波が到達しないような場所」にも津波が押し寄せてくることは十分に考えられます。

 

スポンサーリンク

 

メグメグさんからのご回答(4月13日) NEW!

投稿者:メグメグさん
投稿日:4月7日(水
)

レオさんこんばんわ!展示会の残務処理で中々サイトも細部まで読み込む時間がなくて、ご連絡が遅くなりました。

私のつたない夢の内容を皆さん考察してくださりありがとうございます。今更ながら考察の回答です。

3/10 りんごさん
展示会中のイメージは爆弾ではなく、明らかに地震でした。

遠くからゴー・ンー・ボー・ガシャガシャと色んな音が重なった感じで、お客様と音がする遠くのほうを何となく見ていて、そして大きく揺れるのです。

この時、あちこち多方面で驚きの声や叫び声が聞こえます。

途中無音映画を見置ているような無音状態な感覚の中、怖がるお客様を避難誘導するため、階段を下りている自分がいます。

3/15 おにふくさん
地震が近づいてくる音って独特な音で、なんとも言い表せない音ですよね。そして、近い?あれ?って思うと突然激しく揺れるのですよね。

3/10 いいさん
ご親戚・妹さんが地震+津波+餓鬼の夢を見ていて、紀伊半島の部分まで津波が押し寄せたなんて、色々シンクロしていてびっくりです。

ただ、私の見たオレンジ色のラインの意味は今でも全くもって不明で、地震が起こる地点を表しているのか、津波の到達地点なのか分からないままで、私の理解&読解力の無さにふがいなさを感じる日々です。

3/10 みいさん
あのオレンジ色のラインは中央構造線での大地震が発生する暗示なのかも?と考えたこともありますが、意味はいまだに分からず、しかしダムの決壊ではないと思います。

大津波は山間を駆け上るとも聞きますしね。

3/16 てつなおさん
宇宙からの落下物の可能性もあるかもしれません。また、太平洋沖の大地震かもしれません。はたまたチリやバヌアツなどの遠い地域での地震津波の到来なのかもしれません。私には未だ不明のままです。

友人が黒い階段を降り、茶灰色っぽい岩場を飛び歩いて、私は潮の引き方に疑問を感じ友人に声を掛けます。

青黒い壁のような津波が押し寄せて、私の意識は山の上へと飛びました。この時オレンジ色のラインの先は山向こうに海が見え、見渡す限り・見下ろす限りの山々(高さは不明)や木々の盛々っとした緑色が見えました。

時期的には薄手の長袖を着ていたので山の木々の色などから考えるとGW頃なのかな?とも思いましたが、今年は季節が1か月半位早いので春先から初夏にかけてだと思います。

地震速報や津波警報などの防災音は聞こえませんでしたが、たぶん防災無線がちょうど無い場所のような気がしています。

そしてどなたかが男鹿半島などでは?と聞いてましたっけ?その部分を探せず、私の気のせいかもしれませんが…男鹿半島はハゲ山のような芝生のような半島だった記憶があり、宮城の松島あたりも緑が濃い島々で、ここではないと思っております。

ただ感じるのは太平洋側だという事です。長文失礼しました。

※レオさん本日妙な水害なのか津波の後なのか泥にまみれた見知らぬ駅近辺の夢を見ました。泥の感触が見ようにリアルで、起きた時に手を見たくらいです。

ちょっと今日は時間がないのでまた改めて夢見の話を送りますね。いつもサイトの運営ありがとうございます。

泥にまみれた見知らぬ駅近辺の夢についてのご投稿もお待ちしています。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

不思議探偵社Twitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

-予言・予知・占い, 宇宙・自然・地震・前兆