不思議探偵社

地震予知・前兆現象・予知・予言・UFO・宇宙人・透視・超常現象・都市伝説など不思議系情報をお届けっ!【さくらさんの未来予知公式サイト】【「私が見た未来」著者たつき諒さんの公式サイト】

サイト内検索

             

宇宙・自然・地震・前兆

【地震予知】「地磁気」「強震モニタ」による地震発生予測~北海道の地磁気に大きな異常「地震であればM6前後、遠方だとそれ以上の可能性」&北海道に強いシグナルが出現&他~(10月24日)[No.0299]

北海道の地磁気に大きな異常「地震であればM6前後、遠方だとそれ以上の可能性」北海道に強いシグナルが出現&他(10月24日)

投稿者:こあらさん
発生日:2020年10月19日
場 所:北海道、鹿児島、栃木、富山

10/19の北海道(女満別)地磁気に異常がありましたので、地震または噴火に注意です。

地磁気のグラフ

振れ幅が100なので、地震であればM6前後遠方だとそれ以上の可能性あり。

続いて、鹿児島県(鹿屋地)電流(直近31日間)も、19日は大きくはありませんでしたが、引き続き上下に乱れ続けています。

地電流のグラフ(鹿児島)

強震モニタの地中最大変位は見た時に異常はありませんでしたが、地表最大変位が、栃木県の福島県境と、北海道でオレンジシグナルを目撃しました。

強震モニタの画像

それから高知県は時々オレンジになります。今月はまだ神奈川県の赤シグナル見ていません。

いつも見ている地震計振幅は富士山以外は特に異常はみられませんでした。

気になる現象としては、富山県で10/14に川で鮎などの魚が大量死というニュースがありました。数が2000〜3000匹の記事もあれば、1000匹というのもあり、どちらが正確かわかりませんが、今検索し直しても2000〜3000匹の記事は残ってました。

9月下旬頃から、カムチャッカでも異常があるようで、新海の95%の海洋生物が大量死しているそうです。サーファーの体調にも異常が見られるようです。

 

スポンサーリンク

 

投稿者:こあらさん
発生日:2020年10月22日
場 所:北海道、山口
10月22日の強震モニタ地表最大変位にて、北海道山口県がかなりの頻度でオレンジを見かけます。

強震モニタの画像

強震モニタの画像

北海道は赤に近い時も多かったです。地中最大変位では、ほとんど異常は見つけられませんでしたが、たまたま北海道のシグナルが活発なタイミングのスクリーンショットができたので併せて送ります。

富山県の鮎等の大量死ですが、さらに疑問だったのが、魚が水面に浮かぶのではなく、川底に沈んでいる写真や動画ばかりで、魚って死んだら浮くんじゃ…?と思った事を思い出しました。

少し検索した限りでは、魚が沈む時の死因は、餓死、摂食障害、老衰などとありました。調査結果待ちですかね。

北海道ではないですが、カムチャッカ半島で10/22に噴火があったそうです。噴煙1万メートル近くまで上がったとありますので、前回投稿の北海道地磁気の異常がこの前兆であったかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

投稿者:こあらさん
発生日:2020年10月22日
場 所:鹿児島
10/22の鹿児島県(鹿屋)地電流で、大きめの異常がありました。

地電流のグラフ(鹿児島)

振れ幅200です。直近31日の圧縮版も送ります。

地電流のグラフ(鹿児島)

今までの異常が小さく感じてしまうくらいなので、しばらく九州地方、もしかしたら四国や西日本もご注意ください。

鹿屋は地震よりは噴火の方が多いですが、どちらが判断できる材料がまだわかりませんので、両方ご注意ください。

まず先に、北海道の地磁気ですが、振れ幅100nTという大きな異常が出現しました。こあらさんが推測されているように、地震の前兆として現われた異常であれば、M6前後の非常に強い地震となる恐れがあります。

しかし、22日に北海道の北東に位置するカムチャッカ半島で大噴火起きたということで、噴火の前兆として現われていた可能性もあります。

噴火の発生で異常が解消されたことを願うばかりです。

そして、強震モニタの強いシグナルですが、こちらも北海道が含まれており、やはり地震の発生に警戒する必要があります。もしかしたら、道内というよりオホーツク海を震源とする地震の前兆なのかも知れません。

栃木山口の強いシグナル(オレンジ色)も気になります。

そして、鹿児島地電流ですが、10月9日あたりから異常が出現し始めて、22日には倍近くの振れ幅(200nT)まで大きくなっています。

いつもは地磁気の異常を取り上げることが多いのですが、地電流の異常も地震の前兆現象です。地震が起こるかなり前から地電流に変動が起こるとされています。

以前にも少し解説させて頂きましたが、地電流とは「地殻の内部を流れる電流」のことで、基本的には地磁気の変動によって、地殻を流れる電流量に変化があると言われています。

地電流を発生させているのが、地殻内部に含まれる「石英(別名:クリスタル)」です。地殻変動によって、地殻内部の石英に圧力が加わり電気を発生させます(圧電効果)。

ほかにも地磁気の変動にともなうもの、雷によっても地電流が発生します。

また、電流が生じると電磁場も発生するので、地磁気のグラフに異常が現われることがあります。ですので、地磁気と地電流には関係性があるということになります。

今回の異常が地震の前兆だとすると、振れ幅が非常に大きいので、こあらさんがおっしゃっているように九州だけでなく、念のため、西日本も震源地の予想範囲に含まれると考えておいた方が良さそうです。

もちろん、噴火の前兆という可能性も十分にあります。噴火の前兆だとすると、かなりの規模の噴火となるかも知れません。

引き続き、各データを注視していきます。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

不思議探偵社Twitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

-宇宙・自然・地震・前兆