不思議探偵社

地震予知・前兆現象・予知・予言・UFO・宇宙人・透視・超常現象・都市伝説など不思議系情報をお届けっ!【さくらさんの未来予知公式サイト】【「私が見た未来」著者たつき諒さんの公式サイト】

サイト内検索

             

心霊・怪奇・ホラー

【怪談祭り2020】みなさんからの投稿~「あれは何だったんだろう?」~(8月8日)[No.023]

「あれは何だったんだろう?」

インターホンの写真

投稿者:風の音さん
投稿日:8月6日(木)

初めまして。あれは何だったんだろう?と時々思い出すことがあるので。20年くらい前の話です。

同居していた主人の実家を出て、一時的に私たちは狭いコーポの1階の端を借りて住むことにしました。

そこは玄関が裏に回る感じで、リビング側が駐車場になっており、その前に広めの道路が通っていました。更に、その道路を挟んでお墓が見える所でした。

自分たちで荷物を運んでいたので最初は荷物もまだ整っておらず、私が一人で住み始めていました。

4日ぐらい経ったころでしょうか。夕方頃に『ピンポ〜ン』とインターホンが鳴りました。

玄関のドア越しに「はい、どちら様ですか」と返事をしたところ、ドアの向こうで何か言っているのですが聞き取れず、警戒心もなく私はドアを開けました。

目の前には、50代位の小太りの男性が立っており、いきなり話出しました。

「あんた、ここで(玄関の中を指差して)人が殺されたん知っとんか?」と言うのです。

私はこの見知らぬ男性を不審がるというより、その衝撃的な言葉にうろたえました。

「えっ、ここでですか?」と聞き返すと、その男性は「そう、この玄関で刺されて殺された。丁度ここに。(また指差して)」それだけ言うとそのまま帰ってしまったのです。

私は言葉に少々パニックになっていたのでしょう「貴方は誰ですか?」「どうしてそんなことをわざわざ言いに来たのですか?」いろいろ訪ねることがあったのに、何も聞けずじまいでした。

後から段々気味が悪くなり、主人や兄弟に話をしました。皆で本当にそんなことがあったのかどうか、あまり騒ぎ立てないようにして調べることにしました。

図書館や新聞、それとなく近所のお店などに聞いてみたり…しかし、これといった情報もなく、でもやはり気になってしまうので近くに大屋さんもいたので直にこの出来事を話してみました。

しかし、大屋さんも何もないと言うのです。

主人や兄弟は「ホントに人間だった?」「足はあった?」などそっちの方向に話がいくようになりました。

ただ、私の妹は小さい時から、霊感のようなものがあり、青光りする腕だけが窓にいたとかその腕が冷蔵庫に入って行った、お相撲さんが(子供だったので得たいの知れない大きなものが)石を乗せてくる…などいろいろ体験していたので、今回もここへ来た時は何か嫌な感じがする、どんよりするなど感じてはいたようです。

一階の端に住んでいたわけですが、しばらくして外のすぐ横に祠(ほこら)のようなものも隠れるようにありました。

私も若かったせいなのか怖いながらも「何もない」という言葉にそのまま一年ほど住みました。

時折、夜中に変な音や夕方に『ピンポ〜ン』とインターホンが鳴り、玄関を開けても誰もいないことがあったりはしましたがなぜか住みました。

今ではとても住めないと思いますが。あれは何だったのでしょうか?誰だったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

[この怪談は…ここまで……です…]


オススメ記事っ!

 

不思議探偵社Twitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

-心霊・怪奇・ホラー