不思議探偵社

地震予知・前兆現象・予知・予言・UFO・宇宙人・透視・超常現象・都市伝説など不思議系情報をお届けっ!【さくらさんの未来予知公式サイト】【「私が見た未来」著者たつき諒さんの公式サイト】

サイト内検索

             

宇宙・自然・地震・前兆

【地震予知】「地磁気」による地震発生予測~鹿児島の地磁気に大きな異常が出現「地震であればM5後半~M6前後の可能性」&富士五湖に幻の『赤池』が出現(前回は2011年に出現)&他多数~(7月26日)[No.0278]

地磁気異常による地震予知 的中歴

2019年

・2月14日(振れ幅50nT) → 2月21日に北海道胆振地方強い地震(M5.7 最大震度6弱)が発生。

・2月28日(振れ幅100nT) → 3月2日に北海道根室半島沖大きな地震(M6.2)が発生。

・3月28日(振れ幅50nT) → 4月3日に北海道浦河沖地震(M4.3)が発生。

・4月1日(振れ幅50nT) → 4月8日に北海道浦河沖地震(M4.2)が発生。

・4月23日(振れ幅100nT)→4月27日に北海道十勝地方強い地震(M5.7)が発生。

・5月28日(振れ幅100nT)→6月4日に父島近海大きな地震(M6.1)が発生。

・7月10日(振れ幅50nT)→7月13日に奄美渡島沖強い地震(M5.9)が発生。

・11月23日(振れ幅50nT)→11月29日に三陸沖強い地震(M5.5)が発生。

・12月9日、10日(振れ幅100nT)→12月12日に伊豆沖強い地震(M5.9)が発生。

・12月18日(振れ幅50nT)→12月19日に青森県東方沖強い地震(M5.5)が発生。

2020年

・1月5日(振れ幅50nT)→1月12日に根室半島沖地震(M4.7)が発生。

・2月6日(振れ幅100nT)→2月13日に択捉島沖大規模な地震(M7.0)が発生。

・4月20日(振れ幅100nT)→4月24日に青森県東方沖強い地震(M5.0)が発生。

・5月20日(振れ幅100nT)→6月1日に茨城県北部強い地震(M5.3)が発生。

地磁気に異常が発生してから、数日~1週間程度で対応する地震が発生することが多くなっています。また、振れ幅が大きいほど、発生する地震の規模も大きくなる傾向です。

 

スポンサーリンク

 

鹿児島の地磁気に大きな異常が出現「地震であればM5後半~M6前後の可能性」&他多数(7月26日)

投稿者:こあらさん
投稿日:7月24日(金)、25日(土)、26日(日)

鹿児島県 鹿屋地磁気で少し大きめの異常がありました。

地磁気のグラフ

九州・四国はじめ、西日本中心に本州でもまだまだ雨予報が続いてニュースでも被害の映像が凄まじいです。一刻も早く、雨がやみますように。

そんな中、異常が出てしまったのが心配ですが、一応噴火・地震にも注意です。

地震であれば震源地が近ければM5後半〜M6前後の可能性があります。

雨で地盤が緩んでるので、本当に気をつけてください。

あとは、しばらく続いて気になっていた、同じく鹿屋の地電流も、何かの前兆なのか、大雨が続いた影響なのかわかりませんが、他と異なり動きがあるようにみえます。地電流は7/1〜7/23までのものを送ります。

地電流のグラフ

(追記)
7/24の地磁気で少し小さめですが異常がありました。観測地点も、北海道 女満別地磁気、茨城県 柿岡地磁気、鹿児島 鹿屋地磁気と3カ所に見られます。一応地震か噴火に気をつけてください。

地磁気のグラフ

1番大きいのは北海道なので、北海道周辺もしくは茨城県と合作であれば、東北周辺で大きめがあるかもしれません。

不思議なのは、茨城県と鹿児島県の地磁気の動きも似ているので、北海道、茨城県、鹿児島県の合作だと、日本海側?になるのか、わかりませんが、合作だと遠方で大きめの可能性もあります。

久々に茨城県と鹿児島県の合作、茨城県と北海道の合作も作ってみました。

地磁気のグラフ

地磁気のグラフ

(追記)
7/24に鹿児島の地電流に大きな異常がありましたので追加します。

地電流のグラフ

7/1〜7/24までの24日間です。緑の線が徐々に下がり、24日の異常の後ははるか上に上がりました。

これが何を意味するかまだわかりませんが、噴火よりも地震の可能性が高いのかもと素人考えですが思いました。また、先ほどの地磁気と同じなのか、別で起こるのかもわかりません。

続いて茨城県 柿岡の空中電気もまた3000近くの振れ幅になってました

空中電流のグラフ

今年は雨が凄まじいので、現地が豪雨ならあり得るのかもしれないと思い始めてきましたが一応。

最後に、三宅島の地震計振幅が異常に見えました。これも豪雨による地滑り等でも起こるのか、本当に異常なのか謎ですが。

地震計のグラフ(三宅島)

(追記)
7/25の地磁気でも異常がありました。

地磁気のグラフ

地磁気のグラフ

地磁気のグラフ

北海道 女満別、茨城県 柿岡、鹿児島 鹿屋の中で、北海道茨城県は特に青い線が振れ幅100になってます。

一応、噴火とM5後半に全国的にご注意ください。

鹿児島県の地電流は24日の上昇のあと、逆に今回は下降しました。

茨城県柿岡の空中電気は7/25に何回も3000前後の振れ幅があったようです。

そういえば、富士山の富士五湖で幻の6湖にあたる、赤池が出現したらしいですね。

幻の赤池の写真

[画像:富士山netより]

地下でつながっているという精進湖等の水位があがった為、数日で消える予定らしく、もうないかもしれません。前回の出現が9年前の2011年らしいのがまた不気味です。

(追記)
キルナ天文台地磁気で7/25に下のグラフが赤以上に久々になりました。

地磁気のグラフ

うみんさんが書かれているように、今月に入ってから環太平洋の地震規模も回数も活発ですが、キルナ天文台地磁気は赤以上はかなり久々なので、やはりスウェーデンで拾える前兆範囲は限られている。で間違いなさそうです。

強震モニタの地中最大変位で、宮城県と山形県の間がオレンジが一瞬ありました。

強震モニタの画像

本日26日も同じ場所で画像より弱いオレンジも見かけました。

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

不思議探偵社Twitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

-宇宙・自然・地震・前兆