不思議探偵社

地震予知・前兆現象・予知・予言・UFO・宇宙人・透視・超常現象・都市伝説など不思議系情報をお届けっ!【さくらさんの未来予知公式サイト】【「私が見た未来」著者たつき諒さんの公式サイト】

サイト内検索

             

宇宙・自然・地震・前兆

【気になる情報】みなさんからの投稿~再び千葉で奇妙な現象が発生「雲の端全体ではなくて一部分が白く光っていた」~関東大震災や阪神淡路大震災前にも起きていた「地震発光現象」の可能性~(7月1日)[No.0114]

再び千葉で奇妙な現象が発生~関東大震災阪神淡路大震災前にも起きていた地震発光現象の可能性~(7月1日)

日本地図の画像

投稿者:ロックミシンさん
発生日:2020年6月28日19時
場 所:千葉県 匝瑳市

時間は、19時20分ごろ。方角は日没の方です。時間的に、日は沈んでいると思いますが、地面に近いところは夕焼けが残っていて、その上に厚い雲があって、雲の上の端と空のところが白く光っていました。

地震発光現象の写真

地震発光現象の写真

雲の端全体ではなくて一部分が白く光っていたので、雲の中に何か隠れて照らしているのではないかと思える感じでした。

外食からの帰り道10分程ですが、家に着くまで見えていました。

雲の一部がかなり強く光っていることが確認できます。写真右下の方に、赤い夕焼けが写っているので、夕焼けでないことは間違いありません。

これほどの光量となると、月の光でもありません(6月28日は「上弦の月(半分欠けている)」でした)また、ずっと光り続けていたということから雷の光などでもないことは確かです。

これは非常に気になる現象です。もしかすると、これは「地震発光現象」なのかも知れません。

地震発光現象のメカニズムはほぼ解明されています。

発生メカニズムについてさまざまな説が登場したが、フロイント氏の研究チームが岩石の電荷に注目するまで決着は付かなかった。

同氏によるとまず、「力が加わった玄武岩や斑れい岩に、電荷の“充電スイッチ”が入る」という。

そこに地震波がぶつかると、岩石内の電荷が解放される。地質的な条件、「岩脈」という垂直構造も重要だ。マグマが垂直の割れ目に流れ込んで冷えた地盤で、地下100キロに達する場合もある。

ここで玄武岩や斑れい岩が電荷を解放すると、地下から地表に向けて一気に駆け抜けていくことになる。

「電荷は結合して一種のプラズマのような状態になり、猛スピードで移動し、地表ではじけて空中放電を起こす。これが色鮮やかな光の正体だ」

フロイント氏の説明によると、世界中で発生する地震で、発光の条件が揃うケースは0.5%未満だという。比較的まれな現象というのも頷ける。

「タイミングや場所もそれぞれ異なる。大地震の数週間前に発生する場合や、実際に揺れている最中に光ることもある。また、震央から160キロ離れた地点で観測された記録も残っているそうだ」

ナショナルジオグラフィック

地震発光現象」は、関東大震災阪神淡路大震災の前にも起きていました。

ここ最近、頻繁にお伝えしていますが、同じく千葉で電波時計が狂うなどの前兆現象が相次いで起きていますし、東京神奈川でも地鳴りや地殻変動が原因と見られる異臭発生などの現象が起きていますので、今のうちに首都直下型地震関東エリア近海での大地震にしっかりと備えておいた方が良さそうです。

引き続き、全国各地の前兆現象を注視していきます。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

不思議探偵社Twitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

-宇宙・自然・地震・前兆