不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

宇宙・自然・地震・前兆

[地震予知]「地磁気」による地震発生予測~各観測所で異常が出現・ほか~(2月2日)[No.0003]

地磁気のグラフ(2月2日)

日本の各観測所で異常が出現

投稿者 :こあらさん
日 時 :2019年1月31日
場 所 :日本各地
コメント:1/31の地磁気で少し異常が見られましたのでお知らせします。

地磁気のグラフ

各地全て振れ幅の単位が50なので、大きくてもM5台かとは思いますが、女満別(北海道)が1番上下に乱れており、柿岡(茨城県)と鹿屋(鹿児島県)は同等の動きなので、引き続き日本各地でそこそこ目立つ地震が起こる可能性があります。

 

千葉の観測所

投稿者 :こあらさん
日 時 :2019年1月31日
場 所 :千葉県、茨城県
コメント:鹿野山(千葉県)になりますが、鹿野山が赤色のみ振れ幅の単位が100です。

地磁気のグラフ

柿岡(茨城県)と鹿野山(千葉県)は近県ですが、乱れの差から東北側なのか西側なのか今後判別の材料になるかもしれないので、投稿します。

今回は柿岡より鹿野山のが動きが大きいようです。

 

キルナ天文台(スウェーデン)

投稿者 :こあらさん
日 時 :2019年2月1日
場 所 :キルナ天文台(スウェーデン)
コメント:2/1にキルナ地磁気のグラフが赤以上になりましたので、お知らせします。

地磁気のグラフ

宇宙天気ニュースでは、太陽風は500〜600km/sと高速の風が続いています。南北磁場は、+2.5〜-8.1nTと南北に大きく変化

1/29〜1/30にかけて複数回Cクラスの太陽フレアが発生してます。最大で1/30にC5.2の小規模フレアが発生。レオさんに投稿するのはお初となる、C越えが数回発生してます。

太陽フレアのグラフ

やはり日本各地の観測所で異常が出現していることが一番気になります。

振れ幅はどの観測所も大体50nTということですが、北海道のグラフが一番激しいようなので、北日本方面でそれなりの規模の地震が発生するのかも知れません。

しかし、同日の千葉の観測所のグラフでは振れ幅が100nT近くあるので、関東地方での地震も気になります。

次にスウェーデンのキルナ観測所のグラフですが、1月25日にも同様の異変が現れており、振れ幅が500nTと大きいことが気がかりです。

2011年の東日本大震災発生10日前にもキルナ観測所で振れ幅500nTほどが記録されていました。

もしかしたら、2月上旬くらいに世界のどこかでかなり大きな規模の地震が発生するのかも知れませんん。

ただ、太陽フレアの影響で地磁気が乱れた可能性もあるとは思います。

考え方を変えると、太陽フレアが地球の地殻変動に影響を与え、地震を引き起こすこともあるのかも知れません。

実は、東日本大震災前に大規模な太陽フレアが発生していたという情報があり、2017年8月に発生したメキシコの大地震(M8.1)の発生前にも大規模な太陽フレアが起きて、その衝撃波が地球に到達していました。

専門家にも太陽フレアと地震の関係性を唱える方がいるし、十分にあり得る話なのかも知れません。

今後は太陽フレアにも注目していきたいと思いますっ!

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


-宇宙・自然・地震・前兆