不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

宇宙・自然・地震・前兆

[自然の異変]都内でセミが羽化して話題に~異常気象の一言では片付けられない気がする~

暑さのイメージイラスト

昨日(4日)、そして今日(5日)と12月とは思えないほどの季節外れの暖かさになっている日本列島ですが、異変は気温だけじゃなく生き物にも現れているようです。

 

スポンサーリンク

 

冬の異変 スキー場では雪が無く、都内ではセミが羽化

季節外れの暖かさが日本列島を覆った。4日は師走にもかかわらず各地で「夏日」となり、今季は暖冬が予想されている。

(中略)

4日午後、長野県白馬村のスキー場「エイブル白馬五竜」は小雨がぱらついていた。ゲレンデに雪は見当たらず、枯れ草ばかり。リフトも動いていない。

この日の村の最高気温は16・4度で、コートを着込めば汗ばむほど。昨年は11月21日オープンだったが、今季はまだほとんど雪が降っていない。

(中略)

都内にも異変が。

アブラゼミを発見しました

東京都調布市の神代植物公園では、職員が園内でセミを見つけてツイッターに写真を投稿。

ニュースの写真

「こんな時期に地上に出てくるなんて!来年まで待てなかったのでしょうか?」と伝えた。

園内では春に開花するツツジやシャクナゲの花が何輪か開きだした。

秋の終わりとともに花が散るバラは、いまだに花びらをつけているという。

「暖冬の影響かわからないが、普通じゃない」と担当者も驚く。

Yahoo!ニュース

季節外れの暑さに夏だと勘違いしたセミが出てきたのかも知れませんが、もしかすると生物の基本的本能「種の保存」が発動している可能性もあるのではないでしょうか?

つまり、これから地震などの災害が起こることを事前に察知した昆虫や植物たちが、通常であれば春~夏の季節に子孫を残すところを前倒しで行おうとしているのかも知れません。

早めにより多くの子孫を残しておけば、大災害などに巻き込まれても種が存続できる確率が上がります。

また、今年は大阪・高知・神奈川などで、120年に一度しか咲かないと言われている「竹の花」が一斉に咲く現象も起きており、今年は何か異常気象の一言では片付けられない現象が相次いで起きているように思えます。

実際、今年は数百年眠っていた火山が噴火したり、広範囲で記録的豪雨が発生したり、南海トラフにおいては異常な回数の地震が発生中だったりと、何か破局的な状況が刻一刻と迫って来ているかのような出来事も数多く見受けられます。

事が起きてからでは遅いので、今のうちから有事への備えを万全にしておくことがボクたちに出来る最善の策なのだと思います。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


-宇宙・自然・地震・前兆