不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

奇跡・神秘・前世

[奇跡]こんなことって本当にあるんだ!?~夏の甲子園100回目の記念大会に起きたミラクル~

記念すべき100回目の夏の甲子園

甲子園球場の写真

2018年夏、甲子園では100回目の記念大会となる全国高校野球選手権大会が開催されました。

何といっても、今大会台風の目となった金足農業高校(秋田県)の快進撃に秋田県民、高校野球ファンのみならず日本全国が盛り上がりました。

横浜高校などの強豪高校を撃破して、見事に決勝戦まで進出した金足農業高校でしたが、史上最強との呼び声が高い大阪桐蔭高校(大阪府)に大敗を喫してしまいました。

しかし、今大会最も注目された選手の一人、吉田輝星投手は決勝戦でも全力全開の力投で大阪桐蔭の強力打線に真っ向勝負!!!

勝ち負けなんかどうでもよくなるような熱く清々しい姿をボクたちに見せてくれました。

最後の最後まで感動的な試合が繰り広げられた夏の甲子園でしたが、開幕から閉幕までミラクルな出来事が起きていたのですっ!

 

スポンサーリンク

 

開幕戦で…

今大会は100回目の記念大会ということで、かつて甲子園で活躍したレジェンドな方々が始球式に登場しました。

開幕戦となる第一試合の始球式に登場したのは松井秀喜さん。

松井秀喜さんの始球式の写真

始球式に登場した松井秀喜さん

巨人やメジャーリーグで活躍した松井さんですが、1992年に甲子園に出場しています。高校時代にはすでにプロレベルの力を備えており当時最も注目されたスター選手でした。

そんな松井さんの出身校は石川県の星陵高校

そして今大会の開幕戦は、星陵高校VS藤蔭高校という組み合わせでした。

甲子園は試合の組み合わせをくじ引き抽選会で決めるので、松井さんの母校である星陵高校が開幕戦を引き当てたのはまさにミラクルっ!

星陵高校出身の松井さんが母校が登場する試合で始球式を行うという奇跡のコラボに世間は歓喜っ!

しかも、星陵高校の林和成監督(43)はかつて松井さんと一緒に甲子園に出場していたのです。

100回目の記念大会ともあって、野球の神様が粋な計らいをしてくれたのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

 

閉会式でもミラクルがっ!

ミラクルから始まった夏の甲子園ですが、大会を締めくくる閉会式でも素敵なミラクルが起きたのですっ!

見事、史上初2回目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭高校の優勝で幕を閉じた夏の甲子園ですが、決勝戦終了直後に大阪桐蔭の優勝を祝うかのように甲子園球場の上空に巨大な虹が出現しましたっ!

そして、なんとっ!同じ時間に秋田県でも虹が出現したのですっ!

これはもうミラクル過ぎるっ!というか、シンクロニシティ炸裂っ!というか、野球の神様いい仕事しすぎっ!というか、なんかもうスゴイの一言ですっ!

始まりから終わりまで心に残る素晴らしい夏の甲子園でしたっ!

でも…

本当に素晴らしいのは、今大会が無事に開催されたこと。

夏の甲子園は今大会で100回目の開催となりましたが、実は本当だったら104回目の大会になっていたはずなのです。

1915年に始まった夏の甲子園ですが、1942年~1945年の4年間は開催されていませんでした。※1941年は地方大会のみ開催。

これは、日本が戦争をしていたため。

昨年、北朝鮮情勢がかつてないほどに最悪な状態となり、アメリカと北朝鮮との全面戦争がいつ勃発してもおかしくはない状況となっていました。

日本も戦争に巻き込まれる恐れが大いにありましたが、今年になってから事態は好転し、戦争は回避されました。

もし、朝鮮半島で戦争となっていたら今大会は中止となっていたかも知れません。

今年、無事に100回目の大会が開催されたことが一番素晴らしいことだとボクは思うのです。

100年後の2118年には、200回目の夏の甲子園が盛大に開催されることを心から願っていますっ!

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


 

-奇跡・神秘・前世