不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

宇宙・自然・地震・前兆

[前兆現象]地震雲などの投稿&地震情報【2018年5月中旬号】20日(日)更新

2018/05/21

地震のイメージイラスト

不思議探偵社では、地震雲地鳴り動物の異常行動植物の異変などの地震前兆現象の投稿をお願いしています。

見たことのないような雲や、奇妙な地鳴り、ペットなど身近な動物の異常行動など、少しでも普段と違うことに気づいたら、ぜひご投稿をっ!

地震雲について詳しくお知りになりたい方はこちらの記事、【保存版】地震雲の見分け方~名前と種類と特徴~ をご覧ください。

地震雲が発生する仕組み

地震前に電磁波が発生するイメージ画像

[画像:imartより]

地震は地殻の変動によって発生しますが、揺れが発生する前には地殻の内部で摩擦や圧縮が起きて、地殻に含まれる石英(別名:水晶、クリスタル)に圧力が加わって電気が生じます。

この電気エネルギーが電磁波となって地上へ伝わります。そして電磁波というのは雲を形成するので、それが様々な形の地震雲となって上空に現れるという説が最も有力です。

また電磁波は磁界にも影響するので、磁界を感じ取れると言われている動物(イルカクジラなど)が座礁する要因の一つといわれています。

地震雲が出現したりクジラが座礁したからといって、100%の確率ですぐに地震が起こるというわけではありませんが、地殻内部で何らかの異常が発生しているという予測はできます。

【2018年5月上旬号・下旬号】

[前兆現象]地震雲などの投稿&地震情報【2018年5月上旬号】

[前兆現象]地震雲などの投稿&地震情報【2018年5月下旬号】

5月20日(日)

5月18日に掲載したででこさん(北海道 道北)からご投稿頂いた写真に「帯状形(おびじょうがた)地震雲」が写っていましたが、対応した地震が発生しました。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源北海道北西沖で規模はM2.3 震源の深さは10kmでした。

撮影地の道北は震源から近くの場所なので、出現した地震雲はおそらくこの地震の前兆だったと思われます。

規模の小さい地震で済みましたが、もっと大きい地震が発生する可能性もあるので、もう1週間ほどは念のため注意しておいた方が良いと思います。

次はTEC値のグラフです。

TEC値のグラフ

毎日のようにこのような異変が出現しています。5月7日から始まったので、約2週間に渡って続いていることになります。

これが地震の前兆だとすると、日本列島が左右から圧縮されて、地殻に歪が蓄積されているということの表れなのかも知れません。

引き続き、TEC値のグラフを注視していきます。

 

スポンサーリンク

 

投稿者 :さささん
日 時 :2018年5月19日17時
場 所 :岡山県 岡山市&倉敷市
コメント:山陽自動車道で岡山市から広島市に移動中、16:30頃バスの中から縦に伸びる竜巻のような雲を発見しました。

16:50頃に倉敷市を通り過ぎたくらいの位置で真上に同じ雲を発見し、写真を撮りました。雲の1番下は倉敷市の方向にありました。

地震雲の投稿写真

コメントされているようにこれは「竜巻形(たつまきがた)地震雲」で間違いないと思います。

このタイプ特有のひねりがはっきりと写っています。

撮影地の岡山県は地震が少ない場所ですが、念のため10日間ほどは注意しておいてください。

投稿者 :防災担当さん
日 時 :2018年5月19日17時
場 所 :福岡県 那珂川町
コメント:東側の空です。最近、頻繁に出現します。

地震雲の投稿写真

コメント:西側の空です。

地震雲の投稿写真

おそらくこれらは「帯状形(おびじょうがた)地震雲」だと思われます。

特に2枚目の写真の雲は典型的な帯状形地震雲のように見えます。

1週間ほど前に、撮影地の福岡県や九州各地、西日本各地で地震雲が出現していました。

頻繁に地震雲が出ているというのは、非常に気がかりです。

投稿者 :プー子さん
日 時 :2018年5月19日17時
場 所 :福岡県 遠賀町
コメント:今日は雲が凄く怪しく見ていたら 太陽の周りに…

日暈の投稿写真

コメント:これは大丈夫でしょうか?…

地震雲の投稿写真

1枚目の写真に写っているのは天気が崩れるサインの「日暈(ひがさ)」ですが、撮影地の天気予報をチェックしたところ、今日も明日も晴れとなっています。

となると、これは地震の前兆現象という可能性が考えられます。

2枚目の写真の横に広がっている雲は気象の雲だと思いますが、部分的に肋骨状の雲も出ています。

先に紹介したように、同じ福岡県内で地震雲が発生していることもあるので、念には念をいれて、地震への警戒を高めておいたほうが良さそうです。

投稿者 :ゆりぽんさん
日 時 :2018年5月19日15時
場 所 :島根県 島根県 出雲市から浜田市に掛けて
コメント:車で移動中に撮影しました。出雲市14時42分から浜田市15時28分に掛けて 細く長い雲がずっと続いていました。この様な雲は初めて見たのですが 地震雲でしょうか??

地震雲の投稿写真

帯状の雲ですが、地震雲ではなく気象の雲だと思われます。

もしかすると、これはオーストラリアの海岸沿いに出現する「モーニング・グローリー」という気象の雲と同じかも知れません。

こんな感じの雲です。

モーニンググローリーの画像

[画像:地球の記録より]

幻の雲と言われているので、目撃出来たらラッキーですよっ!

投稿者 :Sillyさん
日 時 :2018年5月19日17時
場 所 :福岡県 福岡市 博多埠頭

地震雲の投稿写真

これは典型的な「竜巻形(たつまきがた)地震雲」です。竜巻のようにグルグルと回転しています。

写真を見る限り、かなり大きい地震雲のようなので注意が必要です。

先に紹介したように、撮影地と同じ福岡県内では帯状形地震雲や日暈が出現しているので、地震への警戒を高めておいてください。

あやさん(神奈川県横浜市)からご投稿頂いた写真の雲は気象の雲なのでご安心をっ!

 

スポンサーリンク

 

5月18日(金)

北海道沖で強い地震が発生しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は釧路沖で規模はM5.8 最大震度4 震源の深さは50kmでした。

この場所はM8以上の巨大地震の想定震源域内です。

北海道沖では最近少し地震の回数が減ってきていたのですが、その間に歪みエネルギーが蓄積されていたのかも知れません。

いずれにせよ、要注意です。

青森県沖でも地震が発生しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は青森県西方沖で規模はM4.1 震源の深さは10kmでした。

こちらのページ「前兆現象か?青森県の広範囲で日暈(虹色現象、ハロ現象)が目撃される」でも紹介していますが、5月7日に青森県の各地で日暈(ひがさ)が目撃されています。

日暈は天気か崩れるサインとされていますが、この時は違っていたので、地震の前兆という可能性があります。

これからもっと大きな規模の地震が発生する可能性があるので、周辺地域にお住まいの方は地震への警戒を高めておいた方が良いと思います。

次はTEC値のグラフです。

TEC値のグラフ

昨日に引き続き、本日もTEC値のグラフにこのようなしましま模様が出現しています。

5月7日からこのような異変が始まっています。

これらのグラフは変動成分の方なので、TEC値の法則には用いないグラフなのですが、これまではとは違った何らかの異変が起きている可能性が大きいので非常に気がかりです。

引き続き、地震活動と同様にTEC値のグラフも注視していきます。

 

投稿者 :ででこさん
日 時 :2018年5月17日14時
場 所 :北海道 道北
コメント:北から南へ空を縦断してました。飛行機雲?かとも思いましたが、それにしては太くてよく見るとうねりもあるので気になりました。一部分しか撮れてませんがこれは北の方角の空です。

地震雲の投稿写真

コメントされているように地震雲特有のうねりが確認できるので、これは「帯状形(おびじょうがた)地震雲」だと思われます。

本日、北海道沖で強い地震が発生していますが、撮影地はかなり離れた場所なので関係はないとみて良いです。

念のため、1週間~10日ほどは注意しておいてください。

キノピオさん(大阪府大阪市)、みぃさん(愛知県名古屋市北部)からご投稿の写真に写っている雲は気象の雲なのでご安心をっ!と、言いたいところですが、全国的に地震が増加し始めているので、日頃の備えはバッチリやっておいてください。

 

スポンサーリンク

 

5月17日(木)

関東地方で強い地震が発生しました。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は千葉県東方沖で規模はM5.3 最大震度4 震源の深さは50kmでした。

この場所では時々、このようにM5以上の地震が発生しますが、このエリアには東日本大震災の断層割れ残りがあるとされています。

もし、この後も短時間で地震が続くようであれば、より大きな地震が発生する可能性があるので注意が必要です。

琉球海溝沿い、東北沖でも地震が発生しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は奄美大島で規模はM4.1 震源の深さは130kmでした。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は宮城県沖で規模はM3.8 震源の深さは30kmでした。

琉球海溝沿いでは12日にトカラ列島で地震が連発しており、東北沖では中規模以上の地震が連日続いている状況です。

次はTEC値のグラフです。

TEC値のグラフ

再びこのようなしましま模様が出現しています。

毎日このような異変が出ているわけではありませんが、5月7日から10日間に渡って出現している状況です。

かなり気がかりな異変だと思います。

投稿者 :しょびりっちさん
日 時 :2018年5月16日18時
場 所 :東京都 立川市
コメント:立川市多摩川上空、初めて見た変な形の雲。地震雲?

地震雲の投稿写真

これは典型的な「竜巻形(たつまきがた)地震雲」です。グルグルと回転している様子がはっきりと写っています。

先ほど、千葉県東方沖で強い地震(M5.3)が起きていることもあるので、念のため10日ほどは注意しておいて頂きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

5月16日(水)

東北沖で地震が続いています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害"より]

この地震の震源は青森県沖で規模はM4.3 震源の深さは10kmでした。

宮城県沖~岩手県沖~青森県沖と地震が続いています。徐々に北上しているので、次は北海道沖の周辺で地震が発生するかも知れません。

12日にM5.1 震度5弱の地震が起きた長野県で再び地震です。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は長野県北部で規模はM2.7 震源の深さは10kmでした。

この地震の1時間半後に、同じ場所でM1.6の小規模地震が起きています。

先日の地震の余震なのか、それとも地震活動が活発化し始めているということなのか、しばらく様子を見る必要がありそうです。

 

投稿者 :あまねさん
日 時 :2018年5月15日17時
場 所 :熊本県 阿蘇市
コメント:仕事帰り空を見ると全体的に波の様な雲が見えたので撮りました。阿蘇山の近くの駐車場です。

地震雲の投稿写真

地震雲の投稿写真

地震雲の投稿写真

これらは気がかりな雲だと思います。全体的がモザイクがかったような感じになっているのと、一方向から波紋が出現しています。

阿蘇山近くの空とのことですが、もし地震が起きる場合は阿蘇山周辺だけでなく、少し離れた場所が震源となる可能性もあります。

12日には九州各地で地震雲が出現していたことも考えると、やはり地震への警戒は高めておいた方が良いと思います。

 

投稿者 :まこんべさん
日 時 :2018年5月15日18時
場 所 :山口県 下関市
コメント:夕方、飛行機雲らしき物は頻繁に出ているのですが、今日はいつもと違う気がしたので撮ってみました。南の方角、北九州方面の空です。

地震雲の投稿写真

左右の帯状の雲は「帯状形(おびじょうがた)地震雲」だと思われます。特に左の雲は地震雲特有のうねりが見受けられます。

真ん中にうっすらと見えている真っ直ぐな雲はおそらく飛行機雲だと思います。

 

投稿者 :ノリノリ天さん
日 時 :2018年5月15日18時
場 所 :島根県 大社町
コメント:関係ないかもしれないですが、前日の同時刻辺り濃霧発生。地上の風は1m程度。曇天。この写真の上部は帯状。

地震雲の投稿写真

日 時 :2018年5月15日19時
コメント:前投稿の帯状の20分後同じ方向に発生。

地震雲の投稿写真

1枚目の雲はうねりながら回転をしているので「竜巻形(たつまきがた)地震雲」だと思われます。

2枚目の雲は薄くて判定が難しいのですが、1枚目の雲と同じくうねりながら回転しているように見えなくもないので、同じく竜巻形地震雲かも知れません。

 

投稿者 :くみりんさん
日 時 :2018年5月15日18時
場 所 :大分県 大分市 大字大平
コメント:道の駅に寄ってふと空を見上げた時にあれっ?と…。凄くはっきりしたうろこ雲の中に一本の線状の雲がありました。それよりもうろこ雲が不気味でした。

地震雲の投稿写真

帯状の雲は帯状形地震雲とは少し様相が違うのであまり気にならないのですが、全体的にモザイクがかっているほうは気になります。

そして、よーく見ると波紋も一方向から出現しているようなので、念には念を入れて注意をしておいたほうが良さそうです。

 

投稿者 :ねこさん
日 時 :2018年5月16日10時
場 所 :和歌山県 橋本市
コメント:先日と同じ方角の空に気になる雲がありました。和歌山北部からみて和歌山南部を根本として扇状に広がる雲の中に波紋のような肋骨状のような雲が広がっていました。

地震雲の投稿写真

はっきりと波紋が広がっているのが確認できます。コメントされているように肋骨状のような模様にも見えるのですが、おそらく波紋のほうが近いと思います。

ただ、波紋がガタガタに崩れている箇所があるので、気象の雲という可能性も考えられます。

14日には和歌山県南部で、中規模の地震(M3.5)が発生していることもあるので、念には念を入れて注意をしておいたほうが良さそうです。

 

スポンサーリンク

 

5月15日(火)

富士山の麓(ふもと)でやや強い地震が発生しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は富士五湖で規模はM4.6 震源の深さは30kmでした。

富士山の麓ということで、富士山噴火の前兆ではないかと思う方も多いと思いますが、この場所では時々地震が発生しているので、噴火の前兆とは言い切れません。

ただ、霧島連山(新燃岳や硫黄島)の噴火を引き起こしているフィリピン海プレートは、富士山の噴火も引き起こすとされているので、絶対にないとも言えないと思います。

さくらさんの未来予知でも「富士山の噴火」の場面が出てきたとのことだったので、気になる地震といえば気になる地震です。

東北沖でも地震が続いています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は岩手県沖で規模はM4.0 震源の深さは50kmでした。

昨日(14日)、同じく岩手県沖でM5.1の強い地震が発生しており、13日には宮城県沖でも地震が発生するなど、今週に入ってから東北沖での地震活動が顕著となっているので要注意です。

 

投稿者 :まっきーさん
日 時 :2018年5月13日11時
場 所 :新潟県 弥彦山
コメント:旅行で弥彦山に登り、山からの階段を下りるところで撮影しました。方角としては東の方だと思います。放射線状に延びていました。

地震雲の投稿写真

これは巨大な「放射状形(ほうしゃじょうがた)地震雲」かも知れません。伸びている雲の輪郭がボヤけている点がこのタイプの特徴と一致しています。

撮影地から東方向ということは、もし地震が発生する場合は、新潟県の内陸が震源となるのかも知れません。

 

投稿者 :ゆきりんさん
日 時 :2018年5月11日15時
場 所 :富山県 魚津市
コメント:飛行機雲ではないし、へんな雲だなと思い写真とりました

地震雲の投稿写真

一番太い雲は「帯状形(おびじょうがた)地震雲」だと思われます。2本の細い雲は飛行機雲だと思います。

帯状形地震雲は長さが短いようなので、もし地震が起こるとしてもしばらく先となりそうです。

 

投稿者 :みいさん
日 時 :2018年5月13日
場 所 :福岡県 前原市(現糸島市)
コメント:突然の投稿失礼します。
2005年3月20日の福岡県西方沖地震の前にも、komachiさん、ナナイロさんの写真と同じような地震雲が見られました(投稿写真見たとき鳥肌が立ちました...)その時の写真がなくて申し訳ありません。

・komachiさんナナイロさんからのご投稿写真はこちら

地震雲の投稿写真

地震雲の投稿写真(2016年3月)

情報ありがとうございます。熊本地震の3週間前、そして福岡県西方沖地震の前にも、このような「帯状形(おびじょうがた)地震雲」が多数出ていたということは、やはりしばらくの間は要注意期間と言えそうです。

 

スポンサーリンク

 

5月14日(月)

地震雲に対応した地震が発生しています。

号外のページに掲載したねこさんからの投稿写真には、「放射状形(ほうしゃじょうがた)地震雲」が写っていました。

投稿者 :ねこさん
日 時 :2018年5月12日16
場 所 :和歌山県 橋本市
コメント:下に短い放射状のがあり、その上?にながーい放射状の雲がたくさんありました。和歌山県北部から見て和歌山県南部方面が放射状の根元の形でした。

地震雲の投稿写真

この放射状の地震雲の中心は和歌山県南部ということでしたが、その和歌山県南部を震源とする地震が発生しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は和歌山県南部で規模はM3.5 震源の深さは60kmでした。

このタイプの地震雲は大地震の前兆として見られたことはなかったので、それほど心配はしていませんでしたが、今回も中規模の地震で済んでホッとしています。

次はTEC値のグラフです。

TEC値のグラフ

7日、9日、11日、12日、そして本日と、連日このようなしましま模様がグラフに出現しています。

これまでには見なれなかった奇妙な異変です。地震との関係性はまだ分かりませんが、TEC値の法則がこれまでのところ、100%の確率で成立しているので、非常に気になる異変だと言えます。

※TEC値の法則……「TEC値のグラフで日本列島全体が赤く表示されると、数日以内にM5クラスの地震が発生する」という法則

 

投稿者 :しゃちさん
日 時 :2018年5月12日20
場 所 :神奈川県 川崎市
コメント:昨夜、カラスがずっと鳴いていたのが気になりました。元々カラスは多い地域なのですが、めずらしく夜にあちこちで鳴いていました。写真は撮れなかったのですが、夕方に地震雲らしきものも見えていたし、おとといは写真の日暈?が出てたので・・・。何でもありませんように!

地震雲の投稿写真

薄いですが確かに日暈(ひがさ)が出現しています。

日暈は大気で起こっている光学現象ですが、動物の異変や地震雲も見られたとのことなので、念のため注意をしておいたほうが良さそうです。

 

投稿者 :ゆずパパさん
日 時 :2018年5月12日10
場 所 :長野県 大町市
コメント:長野県北部震度5弱発生直後の写真です。

地震雲の投稿写真

12日に発生した長野県での強い地震(M5.1)の直後の空とのことですが、地震雲らしきものは特に写っていません。

中央ちょい下に出ている2つの丸い雲は、気象の「レンズ雲」です。

長野県では時折、強い地震が発生するので日頃の備えと防災意識を忘れないようにしましょうっ!

 

投稿者 :かっぱさん
日 時 :2018年5月13日11
場 所 :新潟県 新潟市
コメント:東方向から放射状

地震雲の投稿写真

東方向から放射状に出現していたとのことですが、これは放射状の地震雲ではなく「波紋形(はもんがた)地震雲」のように見えます。

放射状形の地震雲の場合は、このように雲の輪郭がはっきりとはしていません。

ただ、波紋形の地震雲にしても間隔が広すぎる感じもするので、気象の雲かも知れません。

 

投稿者 :ぺこさん
日 時 :2018年5月11日15
場 所 :福岡県 福岡市 博多区
コメント:ここ数日、変わった雲をたくさん見かけます

※何枚かご投稿いただきましたが、気になる2枚を掲載させて頂きます。

地震雲の投稿写真

日 時 :2018年5月13日18
場 所 :福岡県 福岡市 城南区

地震雲の投稿写真

どちらの雲も「帯状形(おびじょうがた)地震雲」です。号外ページに掲載しているように、12日に九州各地で地震雲が出現していました。

連日、地震雲が出ているということは、やはり要注意のサインと受け取るべきだと思います。

しばらくの間は、地震への警戒を高めておいてください。

投稿者 :なぴさん
コメント:昼間の写真なんですが、形も奇妙で思わず写真を撮ってしまいました。

地震雲の投稿写真

なんでしょうか…この雲は…、しらすみたいな雲ですネ(笑)おそらく地震雲ではないと思います。

※今回、不思議体験の方にご投稿頂きましたが、今後は「地震雲などの投稿」から投稿して頂けると、場所や日時が分かるので助かります。

komachiさん(山口県光市)からご投稿頂いた3年前の写真の雲は、全体的に波紋がでているので地震雲だと思います。あたたかい応援メッセージもありがとうございますっ!

 

更新2回目

東北沖で強い地震が発生しました。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は岩手県沖で規模はM5.1 震源の深さは20kmでした。津波の心配はないとのことです。

本日16時すぎには宮城県沖M4.1の地震、昨日(13日)の未明に、同じく宮城県沖M4.7の地震、早朝には岩手県沖M3.4の地震が発生するなど、東北沖での地震活動が再び活発化しています。

念のため、周辺地域にお住まいの方、特に沿岸部にお住まいの方は地震への警戒を高めておいたほうが良いと思います。

5月13日(日)

琉球海溝沿いのトカラ列島で地震が連発しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源はトカラ列島近海で規模はM2.8 震源の深さは10kmでした。

この地震の後、この場所では1時間半の間に3回地震(M3.2→M2.6→M3.3)が発生しています。

また、4月16日にはトカラ列島で18連発の地震が発生しており、琉球海溝(フィリピン海プレート境界)で地殻変動によるエネルギーがいかに蓄積されているのかが分かる地震となっています。

 

東北沖でも地震が発生しています。

地震雲の投稿写真

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は宮城県沖で規模はM4.7 震源の深さは50kmでした。

東北でも地震活動が活発な状態が続いており、7日には岩手県でM5.2の地震、10日には福島県沖でM4.6の地震が発生するなど、やはり要注意エリアとなっています。

東北沖や北海道沖の地震は、太平洋プレートの地殻変動による影響が原因と考えられます。

日本列島のプレート図

日本列島のプレート図[画像:気象庁より]

日本列島の西側はフィリピン海プレート、東~北側は太平洋プレートにグイグイ押されており、日々、歪みエネルギーが蓄積されている状況なので、プレート境界ではいつ大地震が起きてもおかしくはありません。

日頃から防災意識を忘れずに、きちんと地震への備えを万全にしておくことが大切です。

 

連日、TEC値のグラフ(変動成分)に奇妙な異変が出現しています。

TEC値のグラフ

11日は東北地方に赤いしましま模様が出現していましたが、昨日(12日)は西日本に赤いしましま模様が出ています。

号外のページでも紹介していますが、昨日は九州や西日本方面で地震雲が大量に出現していました。

なので、グラフに出現したこのしましま模様はやはり地震の発生と関係しているのかも知れません。

いずれにせよ、ここ数日間見られているこのような異変はこれまでには見られなかったことなので非常に気がかりです。

とくめいさん九州のママさん、TEC値のグラフ異常の報告ありがとうございます。

 

次は地震雲の投稿写真です。

投稿者 :元清さん
日 時 :2018年5月12日6
場 所 :青森県 南部町
コメント:自宅からみて東北東でした。

地震雲の投稿写真

全体的には気象の雲なのですが、太陽の右側にある「肋骨状形(ろっこつじょうがた)地震雲」らしき雲が気になります。

たまたま上空の風によって出現した模様という可能性もありますが、5月7日には青森県内で日暈(ひがさ)が出現していたこともあるので、しばらくは地震への警戒を高めておいた方が良さそうです。

投稿者 :みやぎさん
日 時 :2018年5月12日11
場 所 :宮城県 大崎市
コメント:東北自動車道を仙台方面に向かっていて、空の雲の感じがなんとなく気になって見ていたら、発見しました。

※写真を2枚送って頂きましたが、気になる1枚を掲載させて頂きます。

環水平アーク の写真

これは環水平(かんすいへい)アークという大気光学現象です。

スピリチュアル的には、彩雲と同じく吉兆とされていますが、本日未明に宮城県沖で地震が発生していることもあるので、地震が関係している可能性は否定できません。

投稿者 :東日本大震災被災者さん
日 時 :2018年5月12日11
場 所 :宮城県 石巻市
コメント:石巻の上空です。全体を撮ることできませんでした。昨日は東から西へと延びる雲がありました。

地震雲の投稿写真

薄くですが日暈(ひがさ)が写っているのが確認できます。そして、写真右側には「肋骨状形(ろっこつじょうがた)地震雲」らしき雲が写っています。

それほど大きくはない地震雲のようですが、念のため注意しておいてください。

投稿者 :こたろうさん
日 時 :2018年5月12日17
場 所 :静岡県 浜松市
コメント:気になったので投稿してみました。地震に関係のある雲なのか教えてください。

地震雲の投稿写真

これは気象の雲か地震雲なのかちょっと見分けが付けにくいのですが、もし地震雲だとしたら「竜巻形(たつまきがた)地震雲」に分類されると思います。

投稿者 :えるさん
日 時 :2018年5月12日18
場 所 :岡山県 岡山市
コメント:高速道路を走行中車窓から見えました。

地震雲の投稿写真

昨日、号外のページに掲載するのを忘れていたので、このページに掲載させて頂きます。

これは「竜巻形(たつまきがた)地震雲」だと思われます。グルグルと回転している様子が写っています。

投稿者 :ぐっちさん
日 時 :2018年5月11日19
場 所 :静岡県 袋井市
コメント:袋井市から西の方面に見えました。薄暗く、遠くて見えにくくてすみません。

※写真を2枚送って頂きましたが、気になる1枚を掲載させて頂きます。

地震雲の投稿写真

確かにちょっと薄くて雲の様子がはっきりとは分からないのですが、なんとなく、うねっている感じがするので「帯状形(おびじょうがた)地震雲」かも知れません。

投稿者 :かばおさん
日 時 :2018年5月11日9
場 所 :埼玉県 飯能市
コメント:南西から北東にかけて視界に入る限り漂ってました。

これは「帯状形(おびじょうがた)地震雲」だと思われます。うねってねじれている様子がはっきり確認できます。

ただ、雲の幅は太くはないので、もし地震が発生するとしても小さな地震で済むかも知れません。

投稿者 :ぱん子さん
日 時 :2018年5月12日4
場 所 :静岡県 伊豆の国市
コメント:南から西にかけて見えました。

地震雲の投稿写真

これは「放射状形(ほうしゃじょうがた)地震雲」だと思われます。南から西にかけて出現していたということは、その方角が震源となる地震が発生するかも知れません。

投稿者 :aikoさん
日 時 :2018年5月12日17
場 所 :福岡県 北九州市
コメント:西の空で見ました。

地震雲の投稿写真

これは典型的な「肋骨状形(ろっこつじょうがた)地震雲」だと思われます。

投稿者 :よーさん
日 時 :2018年5月12日18
場 所 :愛媛県 西条市
コメント:西条市で撮ったものです。北西のほうで見えました。

地震雲の投稿写真

これは気象の雲だと思われます。

 

熊本地震前に撮影した写真

投稿者 :komachiさん
日 時 :2016年3月22日10
場 所 :山口県 光市
コメント:レオさん初めまして。いつも拝見させていただいてます。ありがとうございます。ここでいいのかわかりませんが、地震雲かも…なのでここにお邪魔します。

ROM専を決め込んでたのですが、ナナイロさんの写真を見て驚いたので、投稿させていただきました(>_<)

この写真は2016年の3月22日に自宅で撮ったものなのですが、そっくりだと思いました。そしてこの写真を撮って1ヶ月もたたないうちにあの熊本地震が…(>_<)

ナナイロさんと私の自宅の距離はそこまで遠くないので、もし同じくらいのズレがあるとすれば日向灘あたりがあぶないのでは…と勝手に想像して不安になりました( ; _ ; )

何でもないといいのですが(>_<)

万が一の時の備えになればと思い投稿させていただきました。

地震雲の投稿写真(2016年3月)

これがナナイロさんからの写真です。

地震雲の投稿写真

確かに、ナナイロさん(広島県府中市)からご投稿頂いた地震雲の写真とよく似ています。

熊本地震の3週間ほど前に出現していたとのことですが、「帯状形(おびじょうがた)地震雲」が4本写っています。これらの地震雲は熊本地震の前兆だったということで間違いなさそうです。

komachiの予測では日向灘で地震が起こるのではないかとのことですが、撮影地のズレを考慮しているのは素晴らしいと思います。

ただ、昨日(5月12日)は九州、西日本の各地で地震雲が出現していたので、どこで地震が起きてもおかしくはないとも言えそうです。

2年前にも似たような地震雲が出現し、その後あの熊本地震が起きていたという事実は貴重な情報です。

過去に習って、3週間ほどは普段よりも地震への警戒レベルを上げておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

5月12日(土)

フィリピン海プレートの境界で地震が続いています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は父島近海で規模はM4.6 震源の深さは浅いところでした。

この場所はフィリピン海プレートと太平洋プレートの境界で、6日にもM4.2の地震が発生しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は宮古島近海で規模はM4.2 震源の深さは40kmでした。

フィリピン海プレート境界の一部である琉球海溝沿いでは6日、7日、11日と中規模の地震が続いており、やはりフィリピン海プレートの地殻変動は2月に発生した台湾地震以降、明らかに大きくなっているようです。

次はTEC値のグラフです。

昨日も紹介しましたが、TEC値の変動成分のグラフにしましま模様が出現しており、それが連日続いています。

TEC値のグラフ(変動成分)

赤い部分をよく見ると弧を描いていることが分かります。なので、波紋が出現しているとも言え、その中心は北海道沖辺りとなります。

北海道沖といえば巨大地震の想定震源域でもあるので、グラフに出現したこの模様は非常に気になる異変だと思います。

 

九州西日本方面で地震雲が出現しています。

投稿者 :キョンさん
日 時 :2018年5月11日16
場 所 :福岡県 中間市
コメント:地震雲でしょうか?

地震雲の投稿写真

横に2本の帯状の雲が出現しています。これは「帯状形(おびじょうがた)地震雲」だと思われます。拡大してチェックしたところ、地震雲特有のうねりが確認できます。

投稿者 :やっちゃんさん
日 時 :2018年5月11日15
場 所 :長崎県 佐世保市
コメント:数時間経っても何の変化もなく変あり、長さも太さもあり、雲自体近くに感じました。ただの気象ならすみません。

地震雲の投稿写真

地震雲の投稿写真

これも「帯状形(おびじょうがた)地震雲」だと思われます。特に2枚目の写真の雲は、うねりがはっきりと確認できます。

また、コメントにある『数時間も同じ場所にとどまり続けていた』という点でも地震雲の特徴と一致します。

投稿者 :aiさん
日 時 :2018年5月11日18
場 所 :福岡県 北九州市
コメント:レオさんこんにちは 毎日見させて頂いてます!初投稿です。写真は先程撮ったばかりのものです。

地震雲ではないかもしれませんが、一昨日、かなり大きな音で耳鳴りが鳴ったのと、腕の鈍痛があり気になったので投稿しました。

軽い体感持ちで、耳鳴りと鈍痛があった時はどこかで地震がある事が多いので心配です。最近体調不良なのでそのせいかもしれないですがm(_ _)m何事も無い事を祈ります。

地震雲の投稿写真

こちらも「帯状形(おびじょうがた)地震雲」だと思われます。部分的にうねりが確認できます。

また、aiさんは体感系の地震予知能力をお持ちである可能性があるので、地震雲と耳鳴りなどの症状が同じタイミングで現れたということも気になります。

投稿者 :twstrさん
日 時 :2018年5月11日19
場 所 :高知県 四万十市
コメント:本日、いつもは出ない雲が出ていたので写真を撮りました。この写真を撮った後、後ろを振り向いて見上げると後ろの空にも同じ様な雲が出ていました。

夕暮れと共に消えてしまいました。ネット上で、5/14付近が注意が必要という記事を見たので、大きな地震が来てしまうのではないかと不安になりました。

地震雲の投稿写真

こちらも「帯状形(おびじょうがた)地震雲」だと思われます。そして、おそらく真ん中の雲だけではなく、右上と左下に見える帯状の雲も同じタイプの地震雲のように見えます。

5月14日が注意という情報は初めて知りましたが、これだけたくさんの地震雲が現れていたことを考えると、14日だけでなく、10日間ほどは地震への警戒レベルを上げておくべきだと思います。

※2枚目の写真は気象の雲でした。

投稿者 :ゆうさん
日 時 :2018年5月12日4
場 所 :兵庫県 加西市

地震雲の投稿写真

一見すると飛行機雲のように見えますが、これも「帯状形(おびじょうがた)地震雲」だと思われます。右側の雲はうねりが確認できます。

投稿者 :雲とオヤジさん
日 時 :2018年5月11日18
場 所 :愛媛県 松山市
コメント:大きく長く続いて雲に波紋があるような、ないような…放射状も広範囲に出てました。写真の中央部やや下には飛行機&飛行機雲ですっ!!いかに大きく長い雲でしょう。

地震雲の投稿写真

これはおそらく気象の雲だと思います。コメントされているように波紋が確認できますが、部分的なので心配はいらないですっ!

投稿者 :ながたいさん
日 時 :2018年5月11日17
場 所 :島根県 出雲市
コメント:出雲市から西の方に向かってのびていました。とても不気味です。

地震雲の投稿写真

これも気象の雲です。くの字に折れ曲がっているのが不思議な感じですが、「巻雲(けんうん)」という気象の雲なのでご安心をっ!

投稿者 :ゆッちさん
日 時 :2018年5月11日11
場 所 :宮城県 川崎町
コメント:実家近くで。

地震雲の投稿写真

こ、こ、これはっ!!!

雲に化けたUFOで間違いありません。

と、言いたいところですが、気象の「レンズ雲」なのでご安心をっ!

 

長野県で強い地震が発生

長野県M5.1 最大震度5弱の強い地震が発生しました。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

揺れの強かった地域にお住まいの方は、落ち着いて行動してください。

この後、余震が続くことが考えられるので、十分に注意してください。

新しい情報が入り次第更新します。

更新3回目

地震発生から1時間半が経ちましたが、現在のところは大きな被害は発生していないとのことで、地震発生時に運転を見合わせていた北陸新幹線は運転を再開したとのことです。

余震は2回発生しており、いずれも小規模(M2.9とM2.5)なものとなっています。

ただ、今後より強い余震が発生する可能性もあるので、周辺地域にお住まいの方は十分に警戒をしてください。

 

スポンサーリンク

 

5月11日(金)

琉球海溝沿いで地震が発生しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は沖縄近海で規模はM3.7 震源の深さは30kmでした。

この場所はフィリピン海プレート境界の一部である琉球海溝沿いです。

6日と7日には同じく琉球海溝沿いのトカラ列島付近でM4以上の地震が発生しているので、依然として地震活動が活発な状態が続いていると言えます。

次はTEC値のグラフです。

TEC値のグラフ(変動成分)

これらはTEC値の法則には使わない変動成分のグラフですが、赤い表示がしましま模様で現れています。

5月7日にも少しの間ですが、このような表示がされていました。

地震と関係性はまだまだデータが少ないので分かりませんが、少し気がかりな異変だと思います。

投稿者 :こまちゃんさん
日 時 :2018年5月11日5
場 所 :大阪府 東大阪市
コメント:撮影の10分ほど前の方が、螺旋状に濃く広がっていた。運転中だった為、撮影時は日が昇り、薄く写ってしまいました。

地震雲の投稿写真

これは「放射状形(ほうしゃじょうがた)地震雲」かも知れません。写真中央下あたりを中心に、放射状に雲が広がっています。

もし地震が発生する場合、中心方向が震源となります。

右側に朝日があるということは中心方向は撮影地から北東ということになるので、もしかしたら、京都周辺で地震が発生するのかも知れません。

投稿者 :そら豆さん
日 時 :2018年5月11日5
場 所 :群馬県 前橋市
コメント:ふと西の方をみると、縦に伸びる地震雲?の様だったので撮りました。朝5時24分のものです。約15分くらい出現していたと思います。下に少し写っている山は浅間山です。気になったので投稿させて頂きます。

地震雲の投稿写真

これは典型的な「帯状形(おびじょうがた)地震雲」に見えます。ただ、15分ほどで消えたようなので、それほど心配する必要はなさそうです。

しかし、中心から右方向に出現しているカール状のマカロニっぽい雲が見慣れない雲なので、ちょっとだけ気になります。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


 

-宇宙・自然・地震・前兆