不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

宇宙・自然・地震・前兆

[前兆現象]地震雲などの投稿&地震情報【2018年5月上旬号】9日(水)更新

2018/05/22

地震のイメージイラスト

不思議探偵社では、地震雲地鳴り動物の異常行動植物の異変などの地震前兆現象の投稿をお願いしています。

見たことのないような雲や、奇妙な地鳴り、ペットなど身近な動物の異常行動など、少しでも普段と違うことに気づいたら、ぜひご投稿をっ!

地震雲について詳しくお知りになりたい方はこちらの記事、【保存版】地震雲の見分け方~名前と種類と特徴~ をご覧ください。

地震雲が発生する仕組み

地震前に電磁波が発生するイメージ画像

[画像:imartより]

地震は地殻の変動によって発生しますが、揺れが発生する前には地殻の内部で摩擦や圧縮が起きて、地殻に含まれる石英(別名:水晶、クリスタル)に圧力が加わって電気が生じます。

この電気エネルギーが電磁波となって地上へ伝わります。そして電磁波というのは雲を形成するので、それが様々な形の地震雲となって上空に現れるという説が最も有力です。

また電磁波は磁界にも影響するので、磁界を感じ取れると言われている動物(イルカクジラなど)が座礁する要因の一つといわれています。

地震雲が出現したりクジラが座礁したからといって、100%の確率ですぐに地震が起こるというわけではありませんが、地殻内部で何らかの異常が発生しているという予測はできます。

2018年5月中旬号・下旬号はこちら

[前兆現象]地震雲などの投稿&地震情報【2018年5月中旬号】

[前兆現象]地震雲などの投稿&地震情報【2018年5月下旬号】

 

5月9日(水)

不思議探偵社では、ほぼ毎日のように気になる地震情報をお伝えしていますが、珍しいことに本日はこれまでのところ、国内で発生した有感地震は栃木県で発生したM1.9の地震が1回のみとなっています。

投稿者 :ちそみにさん
日 時 :2018年5月8日14
場 所 :岩手県 盛岡市
コメント:盛岡市で北東方面に気になる雲が複数ありました。月曜にM5の地震があったので少し心配です。画像を1度に複数送るのが出来ないので3回に分けて送信します。

地震雲の投稿写真

コメント:1枚目とは違う雲の写真です。撮影時間は30分程後になります。方角は東方向にありました。

地震雲の投稿写真

コメント:こちらは2枚目と同時刻、同方向の雲です。建物上の横切る雲が気になりました。飛行機雲かもしれませんが、青森の光彩現象などありもしかしてと思い送らせていただきました。

地震雲の投稿写真

1枚目と2枚目の雲は「竜巻形(たつまきがた)地震雲」で、3枚目は気象の雲だと思われます。

コメントされているように、5月7日に撮影地の岩手県内陸でM5.2の強い地震が発生しています。

そして、お隣の秋田県でも6日から内陸で地震が続いており、同じくお隣の青森県では7日に日暈(ひがさ)が出現しています。

こういった状況を考えると、今回の地震雲は非常に気がかりですが、写真を見る限りそれほど大きな地震雲ではなさそうなので、もし地震が発生する場合は小~中規模で済むかも知れません。

しかし、念のため来週いっぱいくらいまでは地震への警戒を高めておいた方が良さそうです。

投稿者 :せんたさん
日 時 :2018年5月9日18
場 所 :静岡県 浜松市
コメント:夕方、南西の空に変な雲を発見。

地震雲の投稿写真

これはパッと見て気象の雲だと思ったのですが、よーーーく見ると遠くの方まで波紋のように雲が出ているのが確認できます。

おそらく気象の雲だとは思いますが、巨大な「波紋形(はもんがた)地震雲」という可能性もゼロではなさそうです。

撮影地の浜松市から南西方向というと南海トラフ巨大地震の想定震源域です。

念には念を入れて、10日間ほどは警戒レベルを上げておいた方が良さそうです。

 

スポンサーリンク

 

5月8日(火)

長野県で地震が続いています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は長野県中部で規模はM2.6 震源の深さは10kmでした。

この場所では昨日から3回地震が発生しています。いずれもM2クラスの小規模な地震ですが、長野県では昨年の12月にM5.2の地震、6月にはM5.6 最大震度5強の強い地震が発生しています。

周辺地域にお住まいの方は、念のため地震への警戒を強めておいたほうが良いと思います。

投稿者 :チャーミーさん
日 時 :2018年5月8日7
場 所 :愛知県 名古屋市
コメント:子供がうろこ雲がいっぱい~!!というので、うろこ雲は秋じゃ?とみてみたら、これって地震雲では??と! どうでしょうか??

地震雲の投稿写真

おしいですっ!これはうろこ雲ではなく「鯖(さば)雲」と言われている気象の雲です。

この雲のように鯖の模様に似ているのが特徴です。うろこ雲も鯖雲も同じ巻積雲(けんせきうん)なので、形が違うだけなんですが(笑)

コメントされているように、確かに秋に多く見られる雲ですが、春にも見られる雲です。

なので、地震雲ではないのでご安心をっ!

 

スポンサーリンク

 

5月7日(月)

東北地方で強い地震が発生しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は岩手県北部で規模はM5.2 震源の深さは100kmでした。

震源が深かったこともあり、最大震度は4で済みました。もし、震源の深さが10~20km程度だったら、震度5以上となっていた可能性があります。

電子密度じょうらん指数(ROTI)のグラフに異変が現れていましたが、もしかしたらこの地震の前兆だったのかも知れません。

ROTIのグラフに関してはまだまだ未知の部分があるので、TEC値の法則のようにパターンがあるかどうかは分かりませんが、注視していくべきグラフと言えそうです。

またここ最近、東北地方の内陸部で地震が増えていることが気がかりです。

先月下旬~昨日(6日)にかけて、青森県や秋田県の内陸部で中規模の地震が何度か発生しており、今回の地震も内陸です。

海溝型の大地震が起きる前には、内陸での地震が増える傾向があるので、気がかりな状況と言えます。

次はTEC値(変動成分)とROTIのグラフです。

TEC値のグラフ(変動成分)

TEC値(変動成分)

ROTIのグラフ

ROTI

これらは普段、特に注目していないグラフですが、ここ最近、このようにタテ線模様が入っていることが多くなっています。

タテ線を言い換えると波紋模様のように広がっており、おそらくその中心は西日本や九州のようです。

地震との関係性はまだ分かりませんが、これからは一応、変動成分のグラフとROTIのグラフもチェックすることにします。

投稿者 :つのっちさん
日 時 :2018年5月5日8
場 所 :長野県 佐久市
コメント:太い帯状の雲を見て これは地震雲だと思って撮影しました

地震雲の投稿写真

これは気象の雲だと思います。雲が分厚くて、地震雲に見られるようなうねりもないようです。

投稿者 :aikoさん
日 時 :2018年5月6日11
場 所 :東京都 昭和記念公園
コメント:昨日いとこから送られてきた写メですが、雲が…地震雲!?と心配になりました。

地震雲の投稿写真

これは少し気がかりな雲です。写真上部の雲は気象の「うろこ雲」ですが、中央から下の方に波紋が出現しています。

また、雲がキレイに切れていることから断層形地震雲のようにも見えます。

ただ、写真に写っている範囲は狭いので、もしこれが局所的であれば心配はいらないと思います。

投稿者 :るかさん
日 時 :2018年5月6日16
場 所 :神奈川県 秦野市
コメント:強風なのか朝から雲が幻想的でした。気になりましたので、投稿させて頂きました。方角は西になります。

地震雲の投稿写真

まるでエリンギのような形をしていますが、これは気象の「レンズ雲」なのでご安心をっ!

 

スポンサーリンク

 

5月6日(日)

フィリピン海プレートの境界で地震が立て続けに発生しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は九州南東沖で規模はM4.3 震源の深さは30kmでした。この場所は、日向灘のすぐ南に位置しています。

ここ最近、日向灘では中規模の地震が発生しており、南海トラフへの影響が一番大きい場所でもあるので非常に気がかりな地震だと言えます。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源はトカラ列島で規模はM4.2 震源の深さは20kmでした。

トカラ列島では3週間ほど前の4月16日に、18連発というこれまでにない回数の地震が発生しており、今回の地震の規模は18連発の地震の時よりも大きいものとなっています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は父島近海で規模はM4.2 震源の深さは30kmでした。この場所は、フィリピン海プレートと太平洋プレートの境界です。

琉球海溝~日向灘がこれだけ揺れているということは、同じフィリピン海プレートの境界である南海トラフにも相当な歪みエネルギーが蓄積されているものと思われます。

また、フィリピン海プレートの南に位置するフィリピン沖でも昨日(5月5日)、M6.1の大きな地震が発生しました。

フィリピン海プレートの境界におけるここ2、3ヶ月の地震活動や、新燃岳・硫黄山の噴火が起きている状況を見ていると、かなり異常な状態だと思います。

そして、同じフィリピン海プレートの境界である南海トラフだけが揺れていないということは、先に述べたように、歪みエネルギーが解放されずにどんどん蓄積されていると考えられるので、「地震が起きていないから大丈夫」ではなく、「地震が起きていないから危ない状態」と言えると思います。

東日本大震災の時は、発生数日前から周辺地域で中~大規模な地震が頻発していましたが、南海トラフ巨大地震も同じような経過をたどるとは限らないので注意が必要です。

とにかく、震災が起こる前に備えておくことが大事です。

特に沿岸部にお住まいの方は、津波避難タワーや高台への避難を1秒でも早くするために、非常持出し袋には必要最低限のものを入れるようにして軽くしておく、走りやすいようなスニーカーを用意しておく、何度か実際に移動をしてみる等、やれることはやっておいて頂きたいと思います。

南海トラフ巨大地震で発生する津波が沿岸部に到達するのは最短で2~3分という試算があります。

本当に1秒も無駄にはできないので、やることは全てやっておき、その時が来たら焦らずに冷静に行動をすることが、大難を小難に変える第一歩です。

 

次はTEC値のグラフです。

投稿者 :コーティさん
日 時 :2018年5月6日0
場 所 :日本全国
コメント:普段ほとんど変化の無い電子密度擾乱指数が乱れていましたので一応貼っておきます。

TEC値のグラフ

電子密度擾乱指数(ROTI)のグラフは通常、ほぼ紫一色な状態なのですが、今回このように赤く表示されていました。

通常はTEC値のグラフしか見ないので、ROTIのグラフがこのようになると地震が起こるのかどうか分からないのですが、少し調べてみたところ、ROTIのグラフに赤色が表示された後に地震が発生したことがあるようなので、念のため注意していた方がよさそうです。

 

投稿者 :あこさん
日 時 :2018年5月5日18
場 所 :神奈川県 横須賀市 走水
コメント:夕日を見に展望台に行ったところ、東京方面に向かって放射状?に雲が何本か。飛行機雲のようにすぐには消えずずっとあったので気になります。

地震雲の投稿写真

写真左側の雲と、中央から右に伸びている雲は地震雲だと思われます。拡大してチェックしたところ、地震雲特有のうねりが確認できました。

消えずにとどまっていたという点でも地震雲の特徴と一致します。おそらくこれらは「帯状形(おびじょうがた)地震雲」だと思われます。

4月26日には関東各地で地震雲が出現しており、5月4日は東京湾近くの千葉県北西部で立て続けに地震が発生しています。

このような状況なので、これから関東地方でも地震活動が活発化する可能性は考えられます。

 

まどさん(福岡県北九州市)からご投稿頂いた写真の雲は気象の雲なのでご安心をっ!

 

5月5日(土)

日向灘で再び地震が発生しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は日向灘で規模はM2.5 震源の深さは20kmでした。

日向灘では、先月28日と30日にも地震が発生しており、南海トラフ大地震の引き金となり得るエリアでもあるので、ここ最近の地震発生回数が少し気がかりです。

日向灘の地震も南海トラフ大地震もフィリピン海プレートの地殻変動によるものですが、このプレートの境界の一つである琉球海溝沿いでも地震が発生しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は奄美大島近海で規模はM3.3 震源の深さは30kmでした。

今月2日には、同じく琉球海溝沿いの台湾近海でM5.4の強い地震が発生するなど、地震活動が活発な状態が続いています。

投稿者 :たれがめさん
日 時 :2018年5月4日17
場 所 :埼玉県 和光市
コメント:建物の関係上全域は写せなかったのですが、2kmほど雲がくっきりと途切れており珍しいなと思い送らせていただきました。

地震雲の投稿写真

雲が二層になっていて下層の雲が帯状に伸びていますが、非常に分厚く、地震雲特有のうねりもまったく見られません。なので、これは地震雲ではないのでご安心をっ!

 

5月4日(金)

4月26日に関東の各地で地震雲が出現していましたが、その関東で立て続けに地震が発生しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は千葉県北西部で規模はM4.2 震源の深さは80kmでした。この10分後にも同じ場所で地震が発生しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は同じく千葉県北西部で規模はM4.1 震源の深さは80kmでした。

4月26日に出現していた地震雲は今回の地震の前兆だった可能性が考えられますが、かなり巨大な「竜巻形(たつまきがた)地震雲」も写っていたので、もっと大きな規模の地震が関東地方で発生することも考えられます。

関東にお住まいの方は、念のためもう数日間は注意しておいてください。

 

投稿者 :あつこ
日 時 :2018年5月3日14
場 所 :広島県 広島市
コメント:東から南の空に広範囲に出ています

地震雲の投稿写真

これは「断層形(だんそうがた)地震雲」かも知れません。このタイプは大規模な雨雲と似ているのですが、撮影地の天気予報をチェックしたところ、今日も明日も晴れの天気となっていました。

ただ、撮影の1日前には雨が降っていたようなので、雨雲の名残という可能性もあります。

念のため、1週間ほどは注意しておいたほうが良さそうです。

投稿者 :
日 時 :2018年5月3日15
場 所 :香川県 かわなべ町
コメント:空を見るとみなれない雲がありました

地震雲の投稿写真

これは少し気になる雲です。全体的にモザイクがかったような模様が出現しています。

地震雲としては分類できないのですが、以前このようにモザイクがかった雲が出現した後に地震が発生したことがあったので、念のため注意しておいてください。

投稿者 :ルーママ
日 時 :2018年5月3日10
場 所 :宮崎県 日南市
コメント:日南海岸を走行中の空です。東西に長く何本も伸びて、とてもダイナミックな雲でした。

地震雲の投稿写真

拡大してチェックしましたが、これはおそらく気象の雲だと思われます。部分的に波紋が出現していますが、ごくわずかなのと、雲に厚みがあって地震雲特有のうねりも見られません。

ただ、撮影地の日向灘では4月30日に地震が発生しており、フィリピン海プレートの地殻変動によっていつ地震が起きてもおかしくはないので、日頃の備えは万全にしておいてください。

投稿者 :ひま
日 時 :2018年5月3日18
場 所 :東京都 稲城市 向陽台
コメント:きれいだなーっておもった

地震雲の投稿写真

まるで空が燃えているようですネっ!これは地震雲ではないのでご安心をっ!

 

5月3日(木)

投稿者 :じゅん
日 時 :2018年4月30日6
場 所 :愛知県 名古屋市
コメント:他一面には雲などなかったので異様に見えました!多分飛行機雲なんだろうな…でも早朝に飛行機雲ってあるんですか?それにこんな太くないだろうし。途中で分岐してるのか、 合体してるのかわかりませんが不思議でした!

地震情報の画像

これは飛行雲ではなく「竜巻形(たつまきがた)地震雲」だと思われます。地震雲特有のうねりが確認できます。

写真を見る限り、結構な大きさがあるようなので、もし地震が起こる場合は大きな地震となる可能性があるので注意が必要です。

撮影日が4月30日とのことなので、もう4、5日ほどは注意しておいたほうが良いと思います。

投稿者 :グック
日 時 :2018年5月3日11
場 所 :福岡県 南区
コメント:薄くて分かりづらいので申し訳ないです。中央よりやや右側のぼんやり光っている部分なのですが、彩雲?環水平アーク?を、たまたま南東の空を見ていたら撮影できました。肉眼ではもう少しはっきりと見えたのですが、、、最近、噴火や地震が多発してますね。綺麗ですけど、薄れがちな防災意識を思い起こせた1枚でした。

環水平アークの写真

コメントされているようにこれは気象光学現象の「環水平アーク」ですネっ!真ん中に虹色が出ていますが、よーーーく見ると左右にもうっすらと虹がかかっています。

環水平アークも彩雲と同じく吉兆とされ、「幸運を呼び込む虹」と言われているので、グックとこの写真をご覧になった不思議探偵社のみなさんにもきっとラッキーな出来事が訪れると思いますっ!

昨日は、霊峰である石鎚山(いしづちさん)に出現した見事な「彩雲」を掲載させて頂きましたが、連日このような写真をシェア出来るのは嬉しいものですネっ!

みなさんにたくさんの幸運が降り注ぎますように(ー人ー)

 

スポンサーリンク

 

5月2日(水)

フィリピン海プレートの琉球海溝沿いで強い地震が発生しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は台湾近くで規模はM5.4 震源の深さは10kmでした。

この場所では約3ヶ月ほど前の2月7日に台湾地震(M6.4)が発生し、震源近くの街ではビルが倒壊するなど大きな被害が発生しています。

そして、2ヵ月前の3月1日には西表島M5.7 最大震度5弱の強い地震が発生し、その後は琉球海溝沿いでの地震が急増して現在に至ります。

もし、前回と同じような流れになるとすると、近いうちに西表島~沖縄本島付近で強い地震が発生するかも知れません。

投稿者 :雲とオヤジ
日 時 :2018年4月末10時
場 所 :愛媛県西条市
コメント:4月末に嫁さんの知り合いが愛媛県の石鎚山登山した際に頂上から天狗岳を撮影したものです。

今年に入ってからは各地で地震が多発し噴火も相次いでます。過去の日本や世界の地震データによると順番的に次はいよいよ南海トラフ巨大地震が近ずいているように思います。

いざと言う時の備えにTEC値グラフは常に見ています。そして不思議探偵社レオさんの[防災]みんなで作る備えのページも本当に有難く拝見させて頂いておりますっ!!

彩雲の投稿写真

これは見事な「彩雲(さいうん)」ですネっ!と、同時に「竜巻形(たつまきがた)地震雲」のようにも見えます。

ホントに綺麗な彩雲で、虹色がハッキリと確認できます。

彩雲は吉兆とされているので、この写真を撮った方にもこの写真をご覧になっているみなさんにも何かラッキーな出来事が訪れるかもっ!

しかも、撮影場所が石鎚山(いしづちさん)というのが、彩雲に輪をかけて素晴らしいのですっ!

石鎚山は日本七霊山の一つとされ、神秘的なパワーが発せられている霊峰でもあります。

かつて、この山で空海が修行をしていたり、天狗にまつわる伝説や古代には神が降臨したという伝説もあり、ミステリーに満ち満ちた山でもあります。

なので、この写真はものすごーーーく縁起が良いと思いますっ!このような写真をみなさんとシェアできるのは素晴らしいですネっ!

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


 

-宇宙・自然・地震・前兆