不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

サイト内検索

             

宇宙人・UFO・UMA

【UFO・宇宙人】米国防総省の元高官「極めて説得力の高い証拠がある」&米軍機が撮影したUFO動画(2019年9月19日更新)

2019/09/19

(2017年12月20日)
今週アメリカで「米国防総省がUFOに関する調査を秘密裏に行っていた」ことがニューヨークタイムズによって報じられました。

そして、米国防総省の元高官が「地球外生命体が地球に来ているという証拠がある」と暴露をし、米軍機が撮影したUFO動画を国防総省が自ら公開するなど、UFO・宇宙人関連に大きな動きが見られています。

もしかすると、宇宙人(地球外生命体)が公式に公の場に登場する日が近いのかも知れませんっ!

まずはニュース記事と動画をご覧くださいっ!!!

米国防総省「5年前まで秘密裏にUFO調査」米紙報道

UFOニュースの写真

アメリカの国防総省が5年前まで、UFO=未確認飛行物体の目撃情報の調査を秘密裏に行っていたと有力紙ニューヨーク・タイムズが伝えました。

ニューヨーク・タイムズが16日、国防総省の元担当者などの話として伝えたところによりますと、国防総省は航空宇宙関連の脅威の識別プログラムという名目で、2007年から12年にかけて、およそ2200万ドル(およそ25億円)の予算を投入して、アメリカ軍で報告された未確認飛行物体の目撃情報の調査を行ったということです。

予算は、当時、与党だった民主党の上院トップ、リード院内総務の要請で計上され、ほとんどはラスベガスに本社がある航空宇宙関連の企業に支払われ、この企業が実際の調査にあたったとしています。

調査の対象には、2004年にカリフォルニア州サンディエゴの海岸付近で、海軍の戦闘機が目撃して追跡しただ円形の物体も含まれていたということです。

ニューヨーク・タイムズによりますと、この調査プログラムについて国防総省の当局者は、5年間行われ2012年に終了したと認めましたが、プログラムの元担当者は、調査は引き続き行われていると話したとしています。

NHK

 

スポンサーリンク

 

米国防総省 元高官「極めて説得力の高い証拠がある」

インタビューに答える米国防総省元高官

インタビューに答える米国防総省元高官

米国防総省で極秘のUFO研究プロジェクトの責任者を務めていた元高官が18日、CNNのインタビューに応じ、地球外生命体が地球に到達している証拠はあると確信すると語った。

「私の個人的な確信として、宇宙にいるのが我々だけではない可能性を裏付ける、極めて説得力の高い証拠がある」。そう語るのは、国防総省のUFOプロジェクトを率いていたルイス・エリゾンド氏。

(中略)

エリゾンド氏によれば、航空力学の法則を無視しているとしか思えない、異常な飛行物体が確認されたといい、「一見した限りでは航空局からのフライトサービスもなければ推進形態もなく、人間のような生物が感じる健全な重力を超越した驚異的な操縦を行っていた

軍のパイロットが2004年に遭遇した謎の体験の記録映像も調査対象の1つだった。

この時のパイロットの1人で、元兵士のデービッド・フレバー氏はCNNの取材に対し、全長40フィート(約12メートル)の物体が高速で方向転換しながら飛行する様子を目撃したと話している。

livedoor news

 

スポンサーリンク

 

米国防総省が公開したUFO動画がこちらっ!

<前半のパイロットの発言>
すごいドローンだ
何機もあるぞ、スペクトラム分析器を見ろ
なんてことだ
みんな風に向かって飛んでいる
西から120ノットの風だ
あれを見てくれ

<19秒~25秒に表示されるテロップ>
正体不明の物体が写っている
映像は2004年に撮影され、このほど米国防総省が公開した

<後半のパイロットの発言>
あれは×××(音声不明瞭)じゃないよな?
あれは×××だ
もしそうだったら…
あれを見ろ!
回ってる!!!

<34秒~endに表示されるテロップ>
操縦士の一人は米メディアに対し物体は「この世のものとは思えない」と語った

 

UFOの画像を拡大

動画のUFOが写っている部分を拡大してみます。

米軍機が撮影したUFO

形は楕円形をしており、真ん中あたりがポコっと膨らんでいるようです。

また、UFOから光が発せられていることも分かります。

パイロットの発言からも、この謎の物体が軍用機や航空機ではないことは明らかのようです。

やはりこれは……

 

UFOで間違いないっ!

 

信じるか信じないかは、あなた様次第でございますっ!!!

 

スポンサーリンク

 

アメリカ海軍が公式に存在を認めたっ!!!(2019年9月19日) NEW!

このページは2017年12月に作成・公開していますが、関連したニュースが本日飛び込んできましたっ!!!

未確認飛行物体の目撃報告、米海軍が「本物」と確認

空中を高速飛行する未確認飛行物体(UFO)をとらえたとされる映像について、米海軍がようやく、未確認物体に分類していることを確認した。

正体不明の物体は、軍の機密指定が解除された3本の映像に映っている。海軍報道官はCNNの取材に対し、この物体を「未確認航空現象(UAP)」と形容した。

映像は2017年12月~18年3月にかけて公開されたもので、高速移動する長方形の物体を、高性能赤外線センサーがとらえている。

このうち2004年に撮影された映像では、センサーがとらえた物体は急加速して画面の左側に消えていた。センサーは物体の速度に追いつけず、再発見することはできなかった。

残る2本はいずれも2015年の映像で、戦闘機のパイロットが交わした「ドローンだ」「全部風に逆らってる」「見ろよ、あれ!」といった会話が収録されている。

(中略)

公開された映像がとらえているのは、海軍の訓練空域で頻繁に目撃される侵入事案のほんの一部にすぎないと報道官は強調。

「長年の間、海軍のパイロットはそうした侵入事案を報告してこなかった。映像中に存在する、あるいは存在しないものに関する従来の用語や仮説には、パイロットの名誉を損なうような固定観念が付いて回ったからだ」と述べ、UAPの正体を探るためには、そうした物体を目撃した訓練生に報告を促すしかないと話している。

とうとう、アメリカ軍がUFOの存在を公式に認めましたっ!

でも………

何?UAPって?(笑)

何?未確認航空現象って(笑)

言葉をすりかえないで「これはUFOですっ」って潔く認めなさいっ!(笑)

何はともあれ、アメリカ軍が公式に認めたわけですよ、UFOの存在を~

これは歴史的な出来事です、一大事です。

もう一度言います、これは歴史的な出来事ですっ!

とはいえ、もっともっと隠してる情報があることは間違いないので、全てを公表して頂きたいものですネっ!

信じるか信じないかは、あなた様次第でございますっ!!!

 

スポンサーリンク

 

関連記事その1:[未確認飛行物体]あなたも目撃するかも!?知っておきたいUFOの種類と特徴

関連記事その2:[動画]国際宇宙ステーションからの中継にUFOらしき物体が!!NASAは中継を打ち切りに

関連記事その3:噴火が始まる5日前の阿蘇山でUFO目撃情報と写真がツイッターに投稿される!

関連記事その4:なんぞこれ!?「謎の物質をモコモコ放出しながら飛ぶUFO動画」チリ政府機関が公開

関連記事その5:[UFO]読者の方がUFOを激写っ!!!さくらさんの未来予知との関係は!?

関連記事その6:[UFO]読者の方がUFOを激写っ!!!空飛ぶ黒い球体の正体は!?

関連記事その7:ロズウェル事件~人類史上もっとも有名なUFO事件~解読するのはあなたかも!?

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

・不思議探偵社のTwitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社のTwitterへのリンク

-宇宙人・UFO・UMA