不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・怪奇・超常現象・都市伝説・占いなど最新ミステリーから謎多きミステリーまで!PrimeCherrySweetさんの知恵袋予言 公式サイト

             

宇宙・自然・地震・前兆

【保存版】地震雲の見分け方~名前と種類と特徴~

2016/11/30

sky20161126

あなたは最近、空を見上げていますか?

子供頃はよく空を見上げては、面白い形の雲を探したりしましたよね。

大人になると日々の生活に追われ、雨が降り出しそうな時くらいしか空を見なくなった人も多いんじゃないでしょうか?

しかし、この記事を読んだあなたは、今日から毎日何度か空を見上げることになるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

大地震の前兆

不思議探偵社では、こちらの記事 大地震の前兆!?「海ガメの産卵ゼロ」と「青いカエルの出現」や、こちらの記事 [前兆現象]鳥取地震の直前に地震雲がTwitterにアップされていた!で、宏観異常現象(こうかんいじょうげんしょう)を取り上げていますが、その最たる前兆現象でもある「地震雲」についてもっと詳しくご紹介したいと思います。※地震の前兆として現れる生物的、地質的、物理的異常現象のこと。

地震雲が発生するメカニズムについてはいくつか説がありますが、地殻に変動が起きて地殻同士が押し合ったり摩擦を起こした際に電磁波が発生して上空まで届き雲の形成に影響を与えるからという説が有力です。

 

断層形(だんそうがた)地震雲

断層形地震雲の画像

断層形地震雲[画像:ぶっつぁけ隊より]

一面広がっている雲のエリアと青空とがはっきりと分かれていて、空が分割されているように見えます。まるで空に青い海と白い浜辺があるように見えることもあります。

特徴

雲が出現してから3日ほどして地震が起きることが多く、大きな地震になる場合があるので注意が必要です。

地震雲ではない場合

低気圧が発達して上昇気流が生じてできる大規模な雨雲と似ているので、よく見間違うことの多い地震雲です。

巨大地震の実例

2005年1月18日・・・釧路沖地震(M6.4)
2016年10月21日・・・鳥取地震(M6.6)

 

帯状形(おびじょうがた)地震雲

帯状形地震雲の画像

帯状形地震雲[画像:キャンピングカーで巡る日本の風景より]

長い帯のような雲。

特徴

雲が濃くて幅が広い場合は大きな地震になることが多く、帯の長さが長くなるほど地震の発生が近くなります。

地震雲ではない場合

いわゆる飛行機雲と似ています。時間が経つと消えてなくなる場合は飛行機雲と考えて良いでしょう。

巨大地震の実例

2004年12月26日・・・スマトラ島沖地震(M9.3)
2016年4月14日・・・熊本地震(M6.5)

 

波紋形(はもんがた)地震雲

波紋形地震雲の画像

波紋形地震雲[画像:暮らしの雑記帳より]

水面にできる波紋のような雲。

特徴

波紋の濃淡が濃いほど大きな地震になることが多く、波紋の中心方向が震源地を示しています。

巨大地震の実例

2004年10月23日・・・新潟中越地震(M6.8)

 

放射状形(ほうしゃじょうがた)地震雲

放射状形地震雲の画像

放射状形地震雲[画像:かいてつす 地球を救うより]

あまり輪郭のはっきりしない線状の雲が1方向から、放射状に広がっています。

特徴

雲の出現から数日以内に地震が発生しやすいといわれています。

巨大地震の実例

該当なし

 

肋骨状形(ろっこつじょうがた)地震雲

肋骨状形地震雲の画像

肋骨状形地震雲[画像:トピックペディアより]

線状の雲が肋骨のように並んで現れます。

特徴

雲の出現からすぐに地震が起こることが多く、雲の範囲が広いほど大きな地震になるといわれています。

巨大地震の実例

2005年3月18日・・・福岡県西方沖地震(M7.0)

 

弓状形(きゅうじょうがた)地震雲

弓状形地震雲の画像

弓状形地震雲[画像:トピックペディアより]

半弧のような弓形の雲。

特徴

雲が出現してから3日ほどして地震が起きることが多く、雲が長くなるほど発生が早まるといわれています。

巨大地震の実例

該当なし

 

竜巻形(たつまきがた)地震雲

竜巻形地震雲の画像

竜巻形地震雲[画像:Shin♪の 気まぐれblogより]

垂直に立ち、竜巻や煙のような形をした雲。

特徴

雲が出現してから一週間以内に地震が起きることが多く、雲の近くが震源になる場合が多いです。
その場にとどまり続け、形がほとんど変わらないという雲でもあります。

地震雲ではない場合

いわゆる飛行機雲と似ています。時間が経つと消えてなくなる場合は飛行機雲と考えて良いでしょう。

巨大地震の実例

1995年1月17日・・・阪神淡路大震災(M7.3)

 

鞘豆形(さやまめがた)地震雲

鞘豆形地震雲の画像

鞘豆形地震雲[画像:トピックペディアより]

鞘豆に似た形をした雲。

特徴

雲が出現してから数日ほどで地震が起きることが多く、雲の大きさと比例して地震の規模も大きくなるといわれています。

地震雲ではない場合

レンズ状の雨雲に似ています。

巨大地震の実例

該当なし

 

スポンサーリンク

 

まとめ

iphone20161126

大地震の前に必ず出現するわけではないですが実例も多く、最近では鳥取地震の前兆として地震雲が撮影されTwitterにアップされていました。

前兆現象として地震雲のほかにも植物や動物たちが普段とは違う姿を見せるなど、自然はボクたちに思いのほか色々なことを教えてくれているのかも知れません。

空を見上げると、ストレスが軽減されリラックス効果があるということは実証されていますし、今日から積極的に空を見上げましょう!

もし……

不思議な雲を見つけたら……

パシャっと撮影して不思議探偵社へお知らせください!

※投稿システムの導入が完了したら、投稿方法などをお知らせさせて頂きます。

12月には、地震雲などの前兆現象にフォーカスするページを開設する予定ですので、ご協力宜しくお願いいたしますっ!

信じるか信じないかは、あなた様次第でございますっ!!!

スポンサーリンク

-宇宙・自然・地震・前兆