不思議探偵社.

地震予知・前兆現象・予知・予言・UFO・宇宙人・透視・超常現象・都市伝説など不思議系情報をお届けっ!【さくらさんの未来予知公式サイト】

サイト内検索

             

予言・予知・占い 宇宙・自然・地震・前兆

【地震予知・前兆現象】地磁気の変動~「一連の異常が16日頃から収束傾向にあります」「全国的にM5以上の地震に警戒なさってください」~(4月20日)[No.0507]

各データについて

地磁気

地磁気のグラフ(キルナ天文台)

地磁気とは地球の磁気のことで、時々磁場が大きく乱れること(磁場異常)があり、地磁気のグラフにも異常が現れます。

太陽から放出された荷電粒子による磁気嵐によるものと、地震を引き起こす断層由来の磁場異常があります。

東日本大震災(M9.0)が発生する10日前に、地磁気のグラフが激しく乱れていました。

 

「一連の異常が16日頃から収束傾向にあります」「全国的にM5以上の地震に警戒なさってください」(4月20日)

投稿者:あおぞらさん
投稿日:4月19日(火)

レオさん、こんにちは。あおぞらです。K indexですが、一連の異常が16日頃から収束傾向にあります。

地磁気のグラフ

K indexが2か1の値になっていますが、再び上昇することがなかったため、収束とします。全国的にM5以上の地震に警戒なさってください。

もしかしたら、今朝の福島県中通りのM5.4の地震が該当するかもしれませんが、まだ、判断をつけるのは早いかもしれません。

取り敢えず25日まで、警戒をお願いします。

グラフを見ると、確かに16日を境にK index(地磁気のじょう乱指数)が収束しているようです。

あおぞらさんが見出した法則では、収束してから地震発生ということですから、19日の早朝に福島県で発生したM5.3 震度5弱の地震が法則に該当する地震だったという可能性は考えられるとは思います。

しかし、本日掲載したように、大気中のラドン濃度にも非常に気がかりな変動が続いていますから、19日の地震で今回の法則が解消されたとは言い切れない感じもします。

あおぞらさんは25日まで警戒期間とお考えのようですし、相変わらずTEC(Total Electron Content=電離層の全電子数)にも異常が連日出現していますから、引き続き、大地震への警戒が必要であることには間違いありません。

日本全国どこにいても、防災意識を最大レベルに高めておいていただければと思います。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

不思議探偵社.Twitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

 

-予言・予知・占い, 宇宙・自然・地震・前兆