不思議探偵社.

地震予知・前兆現象・予知・予言・UFO・宇宙人・透視・超常現象・都市伝説など不思議系情報をお届けっ!【さくらさんの未来予知公式サイト】

サイト内検索

             

予言・予知・占い 宇宙・自然・地震・前兆

【気になる情報・前兆現象】現在と11年前の地震発生状況~「まさに、東日本大震災前と状況が似てます」&今最も危険な場所~(3月18日)[No.0198]

現在と11年前の地震発生状況今最も危険な場所(3月18日)

東日本大震災の地震情報

東日本大震災(M9.0)

投稿者:幌筵さん
投稿日:
3月17日(木)

(11年前)
2011年03月09日(水曜日)
三陸沖/M7.3/震度5弱/津波発生

2011年03月11日(金曜日)
三陸沖/M9.0/震度7/大津波発生

(現在)
2022年03月16日(水曜日)
福島県沖/M7.3/震度6強/津波発生

2022年03月18日(金曜日)
東北太平洋沖で大規模地震発生??

※あくまで考察です。
今回の地震ですが、2011年3月9日に発生した大地震の規模、地震が発生した曜日、津波発生までも酷似してます。

まさに、東日本大震災前と状況が似てます。

投稿者:渦のたまごさん
投稿日:
3月17日(木)

レオさん、おはようございます。昨日は一度めの揺れが収まった後に、「メキメキメキ」というか、「バリバリバリ」という地鳴りというか、音がして「まずい」と思って起きたところ大きな揺れが起こりました。本当に、何かがはがれていくような音がものすごかったです。

以前は毎日、地震と噴火の記録をしていました。引越しの際に処分してしまったのですが、東日本大震災の時の記録だけは残してあり、その記録の中のM6以上だけを書き出すと、以下のようになります。

(3月9日)
11時45分 三陸沖 M7.2 震度5
11時57分 三陸沖 M6.3 震度3
13時37分 三陸沖 M6.1 震度3
(3月10日)
3時16分 三陸沖 M6.2 震度3
3時45分 三陸沖 M6.1 震度3
6時24分 三陸沖 M6.6 震度4
(3月11日)
14時46分 三陸沖 M9.0 震度7

3月11日という記憶が強いと思われますが、3月9日から始まっています。

そして、その後は
(3月11日)
三陸沖 M7.0
茨城県沖 M7.4
三陸沖 M7.2
茨城県沖 M6.1
福島県沖 M6.8
三陸沖 M6.6
茨城県沖 M6.4
茨城県沖 M6.7
福島県沖 M6.0
岩手県沖 M6.4
宮城県沖 M6.1
岩手県沖 M6.0
(3月12日)
茨城県沖 M6.6
福島県沖 M6.0
新潟県中越地方 M6.6 震度6強
三陸沖 M6.2
秋田県沖 M6.4
三陸沖 M6.1
福島県沖 M6.4
福島県沖 M6.0
岩手県沖 M6.1
(3月13日)
福島県沖 M6.0
宮城県沖 M6.2
茨城県沖 M6.4
福島県沖 M6.0
(3月14日)
茨城県沖 M6.2
福島県沖 M6.3
(3月15日)
福島県沖 M6.3
静岡県東部 M6.0 震度6強
(3月16日)
三陸沖 M6.0
千葉県東方沖 M6.0 震度5弱
(3月19日)
茨城県北部 M6.1
と、まだまだ、その後もM6以上は続きます。

ヤスさん、バシさん、ぽんぽさん、幌筵さん達の体感はすごいですね。意外な感じですが、のんべぇさんも…予知夢ですね。

今まで不思議探偵社さんでここまで確実に当てる事は出来なかったと思うので、データ分析の方々と体感の方々の両方の意見がそろった時は、十分注意したほうが良いという事が明らかになった気がします。

今回M7程度でしたので、上記ほどの余震が続くかはわかりませんが、東日本大震災の時は2日後に、M9が起きたので、引き続き注意していきたいですね。

スポンサーリンク

 

そうなんです、東日本大震災(M9.0)が発生した日「3月11日」「3.11」の印象があまりにも強いのですが、実はその2日前の3月9日から前震と思われる大きな地震が発生していました。

TEC(電離層の全電子数)や地磁気に現れた異常が東日本大震災前と非常によく似ていることは、これまでにも何度もお伝えしてきましたが、地震活動においても、これから東日本大震災と同じような経緯を辿る可能性があったとしても不思議ではありません。

16日に福島県沖でM7.3 震度6強の大地震が発生しましたが、実はその後に非常に気になる地震が発生しているのです。

その震源地は宮城県沖です。

地震情報の画像

宮城県沖は、16日に発生した大地震の震源地から近く、東日本大震災の震源地(三陸沖)とも近い場所です。

地震の規模はM3~4クラスですが、これだけ地震が急増しているということは、宮城県沖を震源とする大地震の発生が近いのかも知れません。

そうなると、まさに東日本大震災の再来といった感じで、再び大きな津波が発生する恐れもありますので、沿岸エリアにお住まいの方は、大きな揺れを感じたら、即座に津波避難タワーや高い台へと移動が出来るように今のうちに準備をしておいていただきたいと思います。

16日に発生した地震でも津波が発生していますが、幸い小さい津波でした。しかし、到達時間は地震発生から15分ほどと非常に短いものでした。

津波が発生したら、1秒でも早く避難をすることが大切です。避難経路の確認および避難場所までどのくらいの移動時間がかかるのかを確認しておいていただきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

不思議探偵社.Twitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

-予言・予知・占い, 宇宙・自然・地震・前兆