不思議探偵社.

地震予知・前兆現象・予知・予言・UFO・宇宙人・透視・超常現象・都市伝説など不思議系情報をお届けっ!【さくらさんの未来予知公式サイト】

サイト内検索

             

予言・予知・占い 宇宙・自然・地震・前兆

【地震予知・前兆現象】地磁気の変動~「全ての振れ幅が100なので、北海道~東北エリアはM6前後の地震か噴火に警戒してください」~(2月22日)[No.0437]

各データについて

地磁気

地磁気のグラフ(キルナ天文台)

地磁気とは地球の磁気のことで、時々磁場が大きく乱れること(磁場異常)があり、地磁気のグラフにも異常が現れます。

太陽から放出された荷電粒子による磁気嵐によるものと、地震を引き起こす断層由来の磁場異常があります。

東日本大震災(M9.0)が発生する10日前に、地磁気のグラフが激しく乱れていました。

 

スポンサーリンク

 

「全ての振れ幅が100なので、北海道~東北エリアM6前後の地震か噴火に警戒してください」(2月22日)

投稿者:こあらさん
投稿日:2月20日(日)

2/17の北海道(女満別)地磁気にて、短時間的な異常がありましたのでお知らせします。

地磁気のグラフ

全ての振れ幅が100なので、北海道〜東北エリアはM6前後の地震か噴火に警戒してください。

現在進行形で雪や暴風情報がありますので、その他諸々気をつけてお過ごしください。

黒潮大蛇行が千切れた等で、大蛇行解消か?みたいな内容を今週ちらほら見かけました。真偽不明ですが、継続中という説もあるそうです。

以前(2019年に)あこや貝の大量死の件で投稿した事があります。

あの後、数回真珠関係の業者の方と話す機会がありましたが、翌年も翌々年も大量死は続いているそうです。(稚貝か母貝かは聞いてません)

大量死の件は家族で話題にしましたが、大蛇行の件は話題にしてなかったようで、先日の千切れた件で話をしたところ、大量死の原因は大蛇行ではないのかと母が突然考察しました。

他の大蛇行期間を見ると、大蛇行が長期なのは1965年以降1975年8月から1980年3月まで1981年11月から1984年5月までのようでだいぶ昔です。

黒潮大蛇行の画像

その後は2年未満と短いので、大蛇行中は海水温が違ったり、海中の成分も違いそうなので可能性ありそうかなと思いました。考察としてどうでしょうか?

学生の不思議探偵社.ファンが複数いるとは凄いですね!

通常習う教科が専門でない限り役に立ったことは無いですが(笑)、部活や勉強の頑張る姿勢、正解するまで繰り返し試行錯誤する部分は生活・仕事をしていく上では一生続くと思うので、頑張ってください。

点と点を繋いで線になって始めて理解できることも多々あります。今のコロナ禍、何かひとつを信じ込むと他の主張が入らなくなるので、情報量は多く、正解はすぐにわからなくても、最終的に終わってからでも正解がわかればいいなと思ってます。

実際、初期にあり得ないと思いながら読んだ内容が最近現実味を帯びている物もあり、かなり驚いています。とはいえ詐欺に遭わないようにも気をつけてください(笑)

不思議探偵社.のロゴも、最初に投稿される前に自分もカラフルになったと気付きました。

レオさんが3パターン公開された数日以内の深夜に真っ暗なモノを1度見ました。

レオさんのお茶目な悪戯だと思っているんですが〜…?

スポンサーリンク

 

先日、不思議体験記の方にロゴの件を掲載しましたが、その後、みなさんから続々とロゴの件についてご投稿が届きましたっ(笑)後日、改めてロゴについてページを作成しようと思っていますので、お楽しみにっ!

ロゴの件はさておき、北海道の地磁気のグラフが全て100nTという大きな振幅となっています。

こあらさんが予測なさっているように、地震が発生するとなるとM6前後の規模となる可能性が高そうです。要警戒です。

そして、黒潮大蛇行について、次のようなご投稿が届いています。

投稿者:しきさん
投稿日:
2月20日(日)

先日黒潮大蛇行の解消が見られました。

黒潮大蛇行の画像

以前から黒潮大蛇行と南海トラフ地震は関連性がある可能性を示唆する情報が上がっていましたが、私もこの情報や内容には興味があり、今回他にも気になる情報がありましたので投稿させて頂きます。

先日解消した黒潮海流域では海面水温が平年に比べて-1〜-2度程度の変化が見られます。一方、親潮海流域では平年に比べて-5度と大幅な低下が見られます。

特に色の濃い水温が低い領域が岩手〜福島沖にまで広がっています。また、2004年から始まった黒潮蛇行が2005年に解消した際には同年の8月と11月に宮城県沖と三陸沖でM7.2の大地震がそれぞれ発生しています。

ただこの年は全国的に大きな地震も多かったため、海面水温の低下が地震活動に直接的な影響をどの程度与えるのかは自分でも分かっていません。

しかし東北地方太平洋沖地震以降も大地震の発生が懸念されているエリアですので日頃の備えに越したことはないと思っています。

「黒潮大蛇行が終わると大地震が起こる」というのは以前から指摘されているのですが、こあらさんのご投稿にあるように、黒潮大蛇行は頻繁に発生する現象であることに加えて、東日本大震災(M9.0)をはじめとした大地震が黒潮大蛇行とは関係なく発生していることを考えると、黒潮大蛇行から地震の発生を予測することは困難ではないかと思っています。

ただ、しきさんがおっしゃっているように2005年に解消した直後にM7クラスの地震が起きていますし、かなり古いですが、論文も発表されています。

ご興味のある方はこちらから論文(PDF)をお読みください。
日本付近の大地震発生の季節変動と地域性

「台風の後に大地震が起こる」というのも有名ですが、こちらも実際に調査・研究がされていて、台風と地震の発生には関連性があるとアメリカの大学の研究チームが発表をしています。

おっしゃっているように、日頃の備えが何よりも大事で、地震大国の日本ですから地震の発生は致し方ない事象であっても、ボクたちの行動、心構えによって被害を減らすことは可能です。

 

スポンサーリンク

 

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

不思議探偵社.Twitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

 

-予言・予知・占い, 宇宙・自然・地震・前兆