不思議探偵社.

地震予知・前兆現象・予知・予言・UFO・宇宙人・透視・超常現象・都市伝説など不思議系情報をお届けっ!【さくらさんの未来予知公式サイト】

サイト内検索

             

奇跡・神秘・前世 都市伝説・言い伝え

【命の旅立ち】今があるのは~たくさんの不思議な力に常に守られて助けられて~(9月9日)

今があるのは

宇宙のイメージイラスト

投稿者:35さん
投稿日:9月5日(日)

レオさん
この度は大切な方とのお別れがあったとのこと、心からお悔やみ申し上げます。

私は3歳の時に生みの母を亡くしています。

結婚後、第二子を出産し退院してから、熱が出て新生児の息子と寝室で寝ていました。

その時、義理の母が泊まりがけで手伝いに来てくれていて、熱が下がった私に「昨日ベランダの上の方から、若草色の服をきた女の人と、ママ(私)のお婆ちゃんが一緒に飛んできて、私(義理の母)に会釈してから寝室に入っていったよ」と言われました。

ちなみに、その当時、飛んできてくれた祖母は健在でした。若草色の服の女の人は、私の母だと直感的に思いました。

亡くなっている私の母と、生きている祖母が一緒に飛んできてくれるなんて!?私は霊感も特別な能力もありませんが、見えないものも不思議なことも信じますし、その時も『ああ何て嬉しいことでしょう』と思いました。

今日までも、たくさんの不思議な力に常に守られて助けられて今があるんだと思っています。

義理の母は、「みえる人」で、他にも義理の母自身が出産中、母の義理の父(当時健在)が一寸法師くらいの大きさになってぷかぷか宙に浮き、ずっと励ましていてくれたそうです。

それと、義理の父は50代の若さで亡くなってしまっていたのですが、亡くなって相当年月が経った頃、義理の母がお仏壇のお水を取り替えようとしたら、亡くなった義理の父がお仏壇の前に立っていて、義理の母に見つかり慌てて逃げたそうです。

レオさん
悲しい時は我慢せず悲しんで、時間が癒してくれるのを待ってくださいね。どんな時も見えないだけで、亡くなった方は側にいてくれると思います。

悲しみが癒えたら、亡くなった方が安心できるような笑顔いっぱいの日々を過ごしてくださいね。

数年前に、父と育ての母も亡くなったのですが、私は誰が亡くなってもこう思います。

「寂しいけど、あの世でみんなで仲良く楽しくね!私もあと数十年くらいこの世で色々経験したらまた会おうね。ありがとう!大好き!またね〜」

スポンサーリンク

 

温かいお言葉ありがとうございます。35さんは幼少の頃にお母様を亡くされたとのことですが、ご自身が大人になってからも会いに来てくれているというのは、親が子を想う気持ち、強く深い愛情があの世とこの世をつなぎ、自由に行き来が出来るようになっているのかも知れません。

熱が下がったのも、お母様のおかげだったのではないでしょうか?

それから、義理のお母様のお話ですが、有名な都市伝説の一つ「小さいおじさん」を彷彿とさせる内容ですネっ!

一寸法師くらいの大きさといい、見つかると逃げるという点といい、「小さいおじさん」にまつわる話と共通しています。

ボクも35さんと全く同じ思いです。一時的に離れてはしまうけど、今世で強いつながりのあった人たちとは再び必ず会える時が来ると思っていて、「さようなら」は一度も言わずに「また会おう」「ありがとう」という言葉を伝えます。

いつその時がやってくるのかは分かりませんが、再会する時はお互いに笑顔で会いたいですネっ!

 

スポンサーリンク

 

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

不思議探偵社Twitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

-奇跡・神秘・前世, 都市伝説・言い伝え