不思議探偵社.

地震予知・前兆現象・予知・予言・UFO・宇宙人・透視・超常現象・都市伝説など不思議系情報をお届けっ!【さくらさんの未来予知公式サイト】

サイト内検索

             

奇跡・神秘・前世

【命の旅立ち】四十九日までは私たちのそばに~「祖母が今でも私は大好きです」~(9月7日)

四十九日までは私たちのそばに

おばあちゃんのイラスト

投稿者:あずきさん
投稿日:9月5日(日)

レオさん。いつも拝見しております。そして今、お辛い中更新ありがとうございます。いつかここに投稿しようと思いながら躊躇していたのですが、この機会に思いきってお話しようかなと思います。

私が小学校四年生の時の話です。大好きだった祖母が亡くなりました。

葬儀は祖母と同居していた叔父叔母の自宅であり、真言宗だったと思います。四十九日までに般若心経を100本?あげることになっていました。

両親に連れられてみんなで協力して100本あげるお手伝いに行きました。そのうち仏壇の前に座っている叔母がお経を上げだすと右手が震え始め、膝をぽんぽん叩く様になりました。もちろん叔母自身の意思ではありません。

叔母達は不思議がり、一度お墓を見に行こうということになったようです。

結果、お墓に木が倒れかかっており、祖母はそれを伝えたかったのではないかと。木は撤去され、そして叔母の右手は勝手に動かなくなりました。

その出来事で私は人には魂があり、四十九日までは私たちのそばにいてくれるのだとはっきりと信じられる様になりました。

きちんと思いを伝えるほどはっきりとそばにいてくれるのだと。

この確信は今も私の一部だし、そのことを幼い私に教えてくれた祖母が今でも私は大好きです。

スポンサーリンク

 

旅立った魂は四十九日まではこの世とあの世の狭間にいるとされていますので、あずきさんのおばあ様もきっとそばにいらっしゃったのだと思います。

お墓に木が倒れかかっていたことを伝えてきたのがおばあ様だった可能性はもちろん高いと思いますが、おばあ様を迎えに来たご先祖様だった可能性もあるのかなと、ふと思いました。

四十九日で魂はあの世へと行っても、お盆にはこちらに戻って来るとされていますので、何か伝えたいことがある場合は、お盆が一番伝わり易いのかも知れませんネ~

しかし、お盆とか関係なく、いつであっても手を合わせ故人への思いを馳せることは何よりも供養になると思います。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

不思議探偵社Twitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

-奇跡・神秘・前世