不思議探偵社

地震予知・前兆現象・予知・予言・UFO・宇宙人・透視・超常現象・都市伝説など不思議系情報をお届けっ!【さくらさんの未来予知公式サイト】【「私が見た未来」著者たつき諒さんの公式サイト】

サイト内検索

             

たつき諒さんの予知夢 予言・予知・占い

【予知・予言】東日本大震災を的中させた漫画家「たつき諒さん」の予知夢~お知らせ・交流ページ(その15)~新型コロナウイルスの予言について~(4月15日更新)[No.1097]

2021/04/15

たつき諒さんについて

たつき諒さんの漫画「私が見た未来」の表紙

1999年出版「私が見た未来」

1975年に漫画家デビュー。

元々予知夢を見ていたが、1980年頃より大災害等の予知夢も見るようになる。

1976年11月24日に「QUEENのボーカルのフレディさんが、流行り病で亡くなった」と言うテレビニュースをフレディファンの友人と一緒に見ている予知夢を見る(1回目)

1986年11月28日には、フレディさんが亡くなり、その人生が映画化される予知夢を見る(2回目)

1991年11日24日にフレディさん死去。2018年11月に映画「ボヘミアン・ラプソディー」が日本で公開。

1982年4月25日、日本のロックシンガーが若くして亡くなる予知夢を見る。

1983年、尾崎豊さんデビュー。1992年4月25日に死去。

1992年8月31日「ダイアナ?んだ」の文字イメージ予知夢。1994年に雑誌に掲載。

1997年8月31日にダイアナ妃死去。

1995年1月2日の予知夢で「15日後か15年後に神戸にひび割れた大地」の映像+文字を見る。

予知夢から15日後の1995年1月17に阪神淡路大震災(M7.3)が発生し、神戸市などに甚大な被害が発生。

1996年3月11日に最後の予知夢。「大災害は2011年3月東日本のどこか」の文字イメージ及び、自分の顔を怪我するイメージも現れる。

1996年に雑誌に描き、1999年朝日ソノラマから単行本「私が見た未来」を発売。

その表紙に「大災害は2011年3月」の文字及び、顔半分を手で隠す自画像を描く。

単行本の出版から12年後の2011年3月11日に東日本大震災(M9.0)が発生。顔も怪我をする。

震災直後から「東日本大震災を的中させた漫画家がいる」と世間で大きな話題になる。

また、1995年には「疫病は予知夢を見てから+25年の法則。2020年頃未知のウイルスが現れ4月をピークに消え、10年後また現れる」とホームページに記載。

そして、25年後の2020年に新型コロナウイルスの感染が世界中に広まり、パンデミックとなる。新型コロナウイルス感染症により、世界で200万人以上の犠牲者が発生(2021年1月時点)

たつき諒さんからのコメント「4月ピークは外れたことをお詫び申し上げます」

日本国内では2020年4月がピークとなりました。
第3波の発生により、日本国内でのピークは2021年1月(2021年1月時点)

「私が見た未来」でも描いていた「富士山の噴火」と「横浜に大津波が襲来する」という予知夢はまだ現実化しておらず、富士山の噴火は最短で2021年8月、横浜に大津波は最短で2026年6月〜9月とのこと(以後、15年ごとに警戒)。

 

スポンサーリンク

 

新型コロナウイルスの予言について(4月14日)

投稿者:難波進一さん
投稿日:4月2日(金)

たつき諒さんの新型コロナ予言に関して。とても素晴らしい活動を有り難う御座います。

さて、新型コロナに関する(と思われる)予言に関して、4月をピークに収束と言う件について。

状況からみて収束の時期は、2021年の4月を指していると思われます。なぜなら、元になる流行の時期が2020年頃と明確に示しているからです。

過去流行したウイルス感染症の例から、2020年4月ピークで沈静化するとは考えられません。

2021年4月をピークに沈静化し、この予知夢は完璧なものとなると思います。

投稿者:Little Kappaさん
投稿日:4月13日(火)

はじめまして。このサイトのことを数日前に知りました。あまり時間がなく、まだ少ししか読めていませんが、たつき諒さんの予言で思ったことがあったので、投稿させていただきます。

たつきさんのコロナについての予言で「四月をピークに」というのを読んで、「あー、今月がピークで終わるんだぁ」とほっとしました。

すると、その後の投稿で「4月がピーク」が当たらなかったことを謝罪しておられます。

それは、2020年の4月とみなさんが思っていたからですよね。

私は、最近このサイトを発見したので、4月と言われ素直にそのまま今月(2021年)だと思いました。

今、コロナ患者数が世界中でまた増え始めていますよね。その患者数のグラフを見てください。日本だけではなく、世界全体のグラフです。

新型コロナウイルスの感染者数の推移のグラフ(世界)

新患者数は昨年の12月がピークになっていますが、今月の新患者数は12月の数に追いつかんばかりの勢いです。

12月16日に最高数になっていますが、7日間の平均値のグラフ(赤の太線)でみると4月中に12月の数値を追い越さんばかりの勢いです。

ですが、同時に世界中でワクチン接種の数も増えています。

よって、この4月にピークにはなるものの、その後落ち着いていくということではないかと、私は解釈しました。どうでしょうか?

なるほど、この可能性はあるのかも知れません。

たつき諒さんは、1995年に疫病は予知夢を見てから+25年の法則。2020年頃未知のウイルスが現れ4月をピークに消え、10年後また現れるとホームページに記載をなさっていて、昨年(2020年)がちょうど予知夢をご覧になってから25年目にあたり、新型コロナウイルスのパンデミックが起きたことで、予知夢が現実化したと言えるのですが、新型コロナの感染者数は2020年12月がピークになったので、4月ピークについては時期が8ヶ月ずれたと受け止めていました。

そして、現在の状況ですが、Little Kappaさんからの情報にあるように、今月(4月)の感染者数が昨年の12月を超えてピークとなる可能性があり、もしかしたら、4月ピークというのは今年の4月になるということも十分に考えられます。

日本においては、これから気温がどんどん上がっていき、同時に湿度も上がっていくので、ワクチン接種というよりも、環境の影響によって感染者数は自然と減少していく可能性があります。

新型コロナは従来のコロナ(風邪ウイルス)やインフルエンザウイルスと同様に、気温と湿度の上昇によって感染が抑制されることが判明しています。

つまり、北半球の国々ではこれから感染が減少していき、南半球の国々では感染が増加していくとう傾向になると思われます。

兎にも角にも、4月ピークについてたつき諒さんに伺ってみますので、ご連絡を頂き次第更新しますっ!

 

スポンサーリンク

 

たつき諒さんからご回答(4月15日) NEW!

投稿者:たつき諒さん
投稿日:4月14日(水)

地震→津波→原発事故では無く「大災害」と見せられたの同様の言葉・文字メッセージ夢でしたので、正直わからないんです。

不謹慎な事を言わせて頂けば、重症化する人の少ないウイルスの「おかげ」で8月いっぱい富士山閉山ならラッキー。今年噴火しなければ、次は2036年8月に噴火の可能性。

「10年後再び姿を現す弱毒ウイルス」のおかげで2030年代も閉山、かもしれません。

それすら、予知夢見せ存在の7次元将棋wかもしれません。

ご回答ありがとうございます。

未知のウイルス出現の予知夢は、東日本大震災の予知夢と同じく夢の中で言葉によるお告げ的メッセージと文字のビジョンをご覧になったということで、4月という時期が何年の4月なのかは不明であるようです。

そして、富士山噴火の予知夢については、早ければ今年(2021年)8月に現実化するわけですが、もし、新型コロナウイルスの影響によって8月も閉山となったら、噴火が起きた際に被害が最小限に抑えられるかも知れないから、そうなればラッキーであるとお考えのようです。

ちなみに昨年は、新型コロナの影響で7月から9月上旬まで富士山は閉山となっていたようです。

そして、「7次元将棋」については、3月26日に発売されたフライデーに掲載されたのでご存じの方も多いと思います。

フライデーの記事

「フライデー2021年4月9日号」より

7次元将棋とは、たつき諒さんに予知夢を「見せていた」という何らかの存在による未来を変える(被害を減らす)ための戦略、計画といったもののようです。

フライデーさんの取材で初めて出てきた「7次元将棋」というワードですが、最初ボクも何をおっしゃっているのか理解出来なかった(笑)ので、たつきさんに詳しいご説明をして頂いたという経緯がありました。

それでどういったことなのか理解が出来たのですが、たつきをマスターするのはまだまだ先になりそうですっ(笑)

兎にも角にも、今年の8月は富士山に登らない方が良いことは間違いありません。

これまで、たつき諒さんの予知夢はことごとく現実化しているわけですから、まだ現実化していない2つの予知夢富士山の噴火神奈川(横浜)に大津波も現実化することを前提に、ボクたちは備えておく必要があります。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

不思議探偵社Twitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

-たつき諒さんの予知夢, 予言・予知・占い