不思議探偵社.

地震予知・前兆現象・予知・予言・UFO・宇宙人・透視・超常現象・都市伝説など不思議系情報をお届けっ!【さくらさんの未来予知公式サイト】

サイト内検索

             

宇宙・自然・地震・前兆 防災・備え

【地震予知】「地磁気」「強震モニタ」による地震発生予測~東京(父島)の地磁気に2日連続で異常が出現&山口・福岡の県境で連日のように強いシグナル&火山活動「三宅島と伊豆大島の振幅が激しい」~(12月26日)[No.0305]

東京(父島)の地磁気に2日連続で異常が出現&山口・福岡の県境で連日のように強いシグナル&火山活動「三宅島と伊豆大島の振幅が激しい」(12月26日)

投稿者 :こあらさん
日 時 :2020年12月21日~
場 所 :東京(父島)、山口・福岡、京都府・兵庫県、
三宅島・伊豆大島
コメント:12/21の父島地磁気でまた異常がありました。2日連続になります。

地磁気のグラフ(父島)

また、スウェーデンのキルナ地磁気も同じようなタイミングで赤以上になってました。12/22夜10時過ぎに撮ったものです。

地磁気のグラフ(キルナ天文台)

強震モニタでは、地表最大変位にて、連日のように山口県・福岡県の県境がオレンジ濃淡〜赤に近いシグナルをよく見かけます。

強震モニタの画像

また、地中最大変位では京都府・兵庫県県境も時々オレンジシグナルを見かけます。

強震モニタの画像

あとはシグナルは弱いですが、北海道も黄緑〜黄色のシグナルの数が少し多めな気がします。

富士山のラドン濃度は12/23から40前後(現在は40を少し下回った数値)で維持されているようです。

地震と同じ18日の夕方頃から、三宅島と伊豆大島の振幅が激しいです。草津白根山と浅間山も含めて、13日か14日頃から上昇傾向を維持しています。

火山に設置されている地震計のグラフ

火山に設置されている地震計のグラフ

これは断定できませんが、地震の他に噴火の可能性もありますか?

この冬は寒くなると聞いていたので、普段買わないホッカイロや暖かくなる衣類を徐々に増やしていますが、西日本含め大雪続きに危機感を覚えました。

停電した時の夏の暑さ対策、冬の寒さ対策は死活問題だと思うので、どの家でも役立つ対策方があって欲しいです。

九州地方、主に鹿児島県民でしょうか?今年は水害がひどかったですが、大丈夫でしょうか?

火山灰とは日頃から隣り合わせで慣れているというのをネット上でよく目にしますが、日頃から備えているものや噴火が発生してからどのくらいの時間でどういう準備や行動をするのか、仕事や学校はどうなるのか等色々教えていただきたいです。

・帽子、保護メガネ(空気孔にはテープを貼る予定)、マスク、滑らない手袋、運動靴、長袖長ズボン(化学繊維ですが)、カッパ、傘は用意しました(夏用はまだ検討中)

・食料はどのくらい確保しますか?地震の備蓄とは別に必要な物は?噴火情報後の確保は無理?

・食料以外の備蓄で降灰専用の物は?

・服装の素材のアドバイスやはり綿でないと意味が無いのか?

・季節ごとの降灰時の対策や服装のアドバイス

・電車は0.5ミリの降灰でストップするとありましたが、桜島の噴火の時は猶予がどのくらいあるのか?噴火した時点で電車での帰宅手段は無謀なのか?

・噴火の規模にもよるとは思いますが、その期間はどんな生活を送っているのか

・停電、断水した場合の情報源はやはりラジオ?スマホやWi-Fiの使用可否

・普段から当たり前に行なっている工夫、準備、持ち物等

・出勤できない期間の生活・家の換気扇はつけてても大丈夫なのか

・歩き、自転車、バイク、車それぞれの注意点・雨が降っている間は外出しない方がいいのか?

・オススメグッズ一家にひとつのものから、個人的に役立つと思うもの等何でも。

可能であれば、それを選ぶ理由や特徴も降灰とは無縁なエリアに住む人たちにとって、アドバイスをお願いしますm(__)m

来週の年末から、また寒気が舞い込む等で、寒くなるようですね。仕事で外出される方は十分に注意してお出かけください。

我が家は仕事以外は極力出歩かなくて済むように、買い出しはほぼ完了し、月曜の仕事帰りに買い足して家で冬眠する予定です。

関越道の立ち往生が凄かったので、極力家で静かに過ごす家庭が増えますように。

スポンサーリンク

 

まず先に東京(父島)の地磁気ですが、振れ幅が最大で100nTとなっていますので、地震の前兆だとすると、M6前後の非常に強い地震となるかも知れません。

21日のグラフということですが、21日に青森県東方沖でM6.3の非常に強い地震が発生しましたが、グラフに異常が現われる数時間前の地震だったので、今回の地磁気異常とは関連性はないと思います。

ですので、異常に対応する地震はこれからということになります。

ほぼ同時にキルナ天文台(スウェーデン)の地磁気にも非常に大きな異常が出現していたという点が気になります。

東日本大震災(M9.0)の1週間前にもキルナ天文台の地磁気に大きな異常が現われていました。

次に強震モニタですが、山口県の沿岸に強いシグナルが現われており、シグナルを連日見かけているとのことなので、地震の発生が近いのかも知れません。

震源は内陸ではなく、福岡の北部海域(玄界灘あたり)となりそうな感じがします。

玄界灘では2005年に「福岡西方沖地震(M7.0)」の大規模地震が起きていますので、気になるシグナルだと思います。

それから、各火山に設置されている地震計データですが、群発地震が発生している(26日現在は回数が減少)、相模トラフ沿いに位置している伊豆大島三宅島で大きな振幅が起きているということは、地震活動だけでなく火山活動も活発化し始めていると考えられそうです。

やはり関東エリアは気が抜けない状況が続いています。

それと、鹿児島県・桜島の周辺にお住まいの方がいらっしゃいましたら、こあらさんのご質問にご回答して頂けるとありがたいです。

もし、箱根山富士山が噴火をしたら、関東にも大量の火山灰が降り積もることが予想されていますので、火山灰対策としてどのようなことを日頃から行っていらっしゃるのか等の情報を不思議探偵社で共有出来たらありがたいですっ!

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

不思議探偵社Twitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

-宇宙・自然・地震・前兆, 防災・備え