不思議探偵社

地震予知・前兆現象・予知・予言・UFO・宇宙人・透視・超常現象・都市伝説など不思議系情報をお届けっ!【さくらさんの未来予知公式サイト】【「私が見た未来」著者たつき諒さんの公式サイト】

サイト内検索

             

宇宙・自然・地震・前兆

【地震の前兆現象】みなさんからの投稿~『鈴の音』と地震の前兆現象との関連性&他~(11月20日)[No.0078]

『鈴の音』地震の前兆現象との関連性&他(11月20日)

地震のイメージ画像

投稿者:りぼんさん
投稿日:11月11日(水)

以前ご紹介した弘原海清『阪神淡路大震災1995年1月17日御前5時46分:前兆証言1519!』に記載されている前兆証言と、最近の事柄との関連性について、ご報告させてください。

<鈴の音との関連性>
本には次のような証言が掲載されています。
・(地震の)1週間前からひどい耳鳴りに悩まされ前々日の夕方から体全体を下から突き上げられる圧迫感を感じた(西宮市)

・5日前突然の耳鳴りがして、耳鼻科で「低音性感音難聴」と診断された(京都市)

・4〜5日前の夜しきりに耳鳴りがした(ピーとかブーというような音)(神戸市)

・12月末より耳鳴りが少しひどくなり、1月に入ると特にひどくなり、夜床につくと電話の発信音のようなピーンピーンという音が一層ひどくなった。(地震直前の)5時前にはザーザーという音が止まなくなった。地震以後は耳鳴りは少なくなり、ほとんど気にならないようになった(西宮市)

・2日前から頭の深い部分で「うなり音」がしていた(西宮市)

・地震前夜9時ころから耳鳴りが止まらなかった(キーンという耳鳴り)。地震の前にはいつも耳鳴りがある(松山市)

人間の可聴域は下は20Hz、上は15,000〜20,000Hzと個人差があるようです。

通常よりも広い可聴域をもつ人の耳には、地殻の振動→空気の振動が様々な音となって聞こえるのではないかと思いました。

レオ様の元に寄せられている「鈴の音」も、もしかしたら地殻変動が音となって聞こえているのかもしれません。

これはあくまで私の推測に過ぎませんが、6月から神奈川県の三浦半島で発生した異臭はその後北上し、10月には横浜市に、11月には鎌倉市・千葉県の市原市まで広がっているそうです。

もしかしたら、長期間に渡り地殻が変動し続けていて、その地殻変動を鈴の音として認識されているのでは、そのような可能性もあり得るのでは、と思いました。

<異常湧水との関連性>
また、今年の9月から静岡県の富士宮市の住宅街で「異常湧水」が発生し、11月現在も続いているそうです。

前兆証言の本では、井戸水が枯れたという多くの証言に加え、「逆に水量が増加した」「水温が上がった」との証言も掲載されています。

・1ヶ月前から芦屋の住宅地の真ん中で温泉があちこち湧き出していた(神戸市東灘区)

・3日前の夕刻干上がっていた川原が突然異常湧き水で水びたしになった(西宮市)

前兆証言に記載されている内容は、もっぱら直前のものが多く、数ヶ月前からの予兆は記載されていないため、数ヶ月に渡る異臭騒動・湧水と単純比較はできませんが、もしかしたら、阪神淡路大震災よりも大規模な地震の前兆である可能性もあり得ると思いました。

<電子機器との関連性>
前兆証言の本では、地震直前に起きた様々な電子機器の不調が65件掲載されています。現在静岡県でテレビや携帯の異常があったとの記事を拝見して、関連性が高いのでは、と思いました。

この前兆証言の本は、当時大阪私立大学理学部長であった弘原海清氏が、1995年1月の地震後から3月末までに住民の方々から寄せられたFAX、葉書、封書に書かれた証言を整理・選択し、1519通3000ケースの証言をまとめたものです。

このような調査は科学的ではないとの批判もあったそうです。住民の五感によって感知された地震の前兆的な異常を中国では「宏観異常」と呼ぶそうです。

当時は(そして現代も)科学においては機器観測を重視し、宏観異常を取り上げることはなかったようです。

そのような状況下において、住民の方々の前兆証言を書籍として出版した弘原海清氏の業績は、非常に貴重であると私は考えています。

弘原海清氏は2011年1月、東日本大震災の直前に他界されました。もう少し生きていてくださったらと悔やまれてなりません。

この本で紹介されている前兆現象としては、空と大気の異常が490件、大地の変化が189件、人が感知した異常が91件、動物・鳥類・魚類・爬虫類・昆虫・植物などの異常が792件、電子機器の異常その他が149件となっています。

証言が多いので、まだ全てには目を通して切れていませんが、記事と関連する内容がありましたら、ご報告させていただいてもよろしいでしょうか。どうかご検討ください。

少しでも皆様のご参考になれば、幸いです。

スポンサーリンク

 

貴重な情報ありがとうございます。阪神淡路大震災は今から25年前に発生した大地震ですが、科学的には解明されていない前兆現象の存在にいち早く気が付き、情報を収集なさってまとめあげた弘原海清さんの功績に感謝をしたいと思います。

ここ最近、鈴の音が聞こえてきたというご報告が増えていますが、記載されているような前兆現象としての「耳鳴り」が関係しているという可能性は十分に考えられそうです。

体感系地震予知能力をお持ちの方で、体感が耳鳴りとして現れる方も多いことを考えると、最近、『鈴の音』のご報告が増えているということは、大地震の発生が近づいているということの表われなのかも知れません。

もちろん、全ての『鈴の音』の原因が耳鳴りというわけではなく、不思議現象(メッセージやサイン的もの)として聞こえてきているケースも見受けられます。

地震予測でおなじみの幌筵(パラムシル)さんは、11月15日のご投稿で『鈴の音』が聞こえてきた後に、巫女のような姿をした女性が目の前に現れて消えたとおっしゃっていました。

これは、後になってからしか判明しないことですが、もし、近いうちに大地震が起きて、その後に『鈴の音』のご報告がピタっと止んだら、地震の前兆現象だったと判断してよさそうです。

『鈴の音』だけでなく、こちらのページ 【気になる情報】みなさんからの投稿~千葉の海岸に大量のハマグリが出現~東日本大震災前にも同じことが起きていたという情報も~ に掲載しているように、千葉の海岸エリアで大量のハマグリが出現していますが、東日本大震災前にも同様のことが起きていたということや、神奈川東部(横須賀や横浜)で「原因不明の異臭」が6月頃から断続的に発生しているということもありますので、これらが地震の前兆現象である可能性を考えると、関東エリアは今、最も大地震の発生が高まっている場所なのかも知れません。

首都直下型地震は発生確率的にいつ起きてもおかしくはありませんし、発生確率がわずか1%以下だったにも係わらず起きた熊本地震のように、ある日突然、何の前触れもなく大地震は起こり得えますから、地震大国である日本で暮らす以上は、地震の備えを万全にして、防災意識を忘れずに日々の生活を送ることが大切なのだと思います。

そして、有事の際には、パニックにならずに慌てず冷静に行動することによって、可能な限り被害を最小限に抑えることが出来るはずです。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

不思議探偵社Twitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

-宇宙・自然・地震・前兆