不思議探偵社

地震予知・前兆現象・予知・予言・UFO・宇宙人・透視・超常現象・都市伝説など不思議系情報をお届けっ!【さくらさんの未来予知公式サイト】【「私が見た未来」著者たつき諒さんの公式サイト】

サイト内検索

             

予言・予知・占い 宇宙・自然・地震・前兆

【予知・予言】みなさんからの投稿~「2020年の頃から地球がどんどん寒くなってゆき、東京も北海道並みの寒さになる」~(10月16日更新)[No.0823]

2020/10/16

「2020年の頃から地球がどんどん寒くなってゆき、東京も北海道並みの寒さになる」(9月23日)

氷河期のイメージ写真

投稿者:等比市さん
投稿日:9月18日(金)

数年前、ある方から2つのお話を伺いました。

ひとつは、「近い内に天皇陛下(現在の上皇陛下)がお辞めになって、元号が変わる」ということ。

もうひとつが、「2020年の頃から地球がどんどん寒くなってゆき、東京も北海道並みの寒さになる」ということでした。

当時は天皇陛下が生前退位のご意向を発表される前でもあり、「辞める」とハッキリ仰っていたのを不思議に思った記憶があります。

ふと思い出したので投稿致します。

少なくとも現時点(2020年9月)では、地球環境は温暖化への方向へと進んでいるようで、世界各地で最高気温の更新が起きています。

今年6月には次のようなニュースもありました。

シベリアで38度を記録か、北極圏で過去最高の可能性

ロシア・シベリアのサハ共和国ベルホヤンスクで20日、気温が摂氏38度に達し、北極圏での過去最高気温を記録したとみられる。

この記録については検証が必要だが、38度の記録が確定すれば、6月の日別の平均最高気温より18度も高かったことになる。

北極圏で夏季に気温が高くなるのは珍しいことではないが、ここ数カ月は異常な高温が続いている。

北極圏では世界平均の2倍の速さで温暖化が進んでいると考えられている。

BBC News

今年の夏は…というか、昨年も一昨年の夏も日本では猛暑日が続いて猛烈な暑さとなりましたし、実感として『温暖化は本当なんだ』と日常的に感じることが多くなっているような気がします。

今月(9月)初めには猛烈な強さの台風10号が九州をかすめていきましたが、あれほどまでの強さになったのは海水温が高いためで、やはり温暖化が関係していると見られています。

しかし、現在の地球環境は温暖化ではなく、氷河期へと向かっている(寒冷化)という話もあります。

先ほど、とろさんから次のようなご投稿を頂きました。

投稿者:とろさん
投稿日:9月23日(水)

地球の寒冷化は数年前から議論されていたことです。CO2が温暖化の元凶と言われていますが、これに懐疑論を展開する人は意外と多いです。

太陽活動が地球の温暖化や寒冷化が大きく左右する為です。

昨年2019年も太陽の黒点が281日発生しませんでした。今年2020年も5月18日までに100日以上、無黒点の状態となっています。

NASAも寒冷化に向かうと懸念しています。

地球上空の熱圏(地上から80km〜500km)が最近、薄くなっていると言われています。現在、ラニーニャ現象も発生しており、少なくとも今年の12月から来年1月は日本では寒くなると予測されています。

寒冷化は寒暖の差が激しく気候全体が不安定になります。その後も太陽黒点の減少と熱圏の関係で地球は寒冷化の方向になると言う学者もいます。

ボクたちの住む地球が温暖化しているのか、それとも寒冷化していくのか分かりませんが、いずれにしても、これまでの地球環境が急速に変わってきていることは間違いないかと思います。

9月上旬には、アメリカ西部で33度の真夏日となった翌日に気温が1度まで下がるということが置きました。真夏から一気に真冬となったわけです。

等比市さんのお知り合いが予知(予測)されているように、東京が北海道並みに寒くなってしまうということは、単に気温が下がって寒くなるというだけでなく、農作物への影響も多大となることは間違いないかと思います。

ということは、ボクたちの生活が一変してしまうような状況が訪れるということになってしまう可能性が高いと思われます。

これは日本だけでなく、世界の環境が激変するということでもあります。

等比市さんのお知り合いは、上皇陛下が生前退位をなさることを予知していたということですから、寒冷化の予知も現実化する可能性が高いのかも知れません。

 

スポンサーリンク

 

月が氷河期を招く(9月28日)

投稿者:さん
投稿日:9月23日(水)

22日は、不思探4周年だったんですね、遅ればせながら、おめでとうございます。私はまだ不思探を読み始めて1年未満の新参者なので、まだ目を通してない過去記事を後で時間のある時にちょっとずつ読みたいなと思ってます。

ところで等比市さんの予知に関してですが、このまえ、子供と久しぶりに近所のプラネタリウムに行ったところ、月が毎年4センチほど地球から離れていってるんだそうです。

その影響で地球は数々の異常気象を起こし、そして氷河期に突入すると言ってました。

その辺の詳しい解説を映像とともに流していた訳ですが、私の悪い癖で、プラネタリウム室の暗さとひんやりした気持ち良さ、心地良いBGM(オルゴール音)と静かに語りかけるようなナレーション…で、ついウトウト眠くなってしまい、半寝状態で月の映像を薄目で見つめながら、ぼんやりと解説を聞きかじっていたため、ざっくり過ぎて申し訳ありません。

要するに現在進行中の温暖化&異常気象は過度期(?)で、いずれ氷河期が訪れるらしく、すでにその兆候も現れてるらしいんです。

ですが、そのプラネタリウムを見た日も9月中旬なのに真夏日で、「氷河期?どこが?…」って印象ではありましたが…。

お祝いのメッセージありがとうございますっ!そしていつも不思議体験記などへたくさんのご投稿ありがとうございますっ!!

そうなんです、月は徐々に地球から離れています。

ただ、さんが書いているように、年間わずか3センチ~4センチほどなので、100年や1000年程度では地球環境への影響は皆無だと思われますが、数百万年後、数億年後にはその影響が顕著に表われるんでしょうネ~

月が氷河期を招くというのは初めて知りましたっ!

現在の地球環境が温暖化へ向かっているのか、それとも氷河期に向かっているのかについては、専門家の方々でも意見が分かれていますが、少なくともここ10年~数年の短期間で見れば、異常なスピードで温暖化が起きていると言えそうです。

地球に住むボクたち人間や動物、植物にとっては温暖化になったら困る。氷河期になっても困る。

どっちに向かうにしても、地球環境の急激な変化には対応できないですし、今の科学技術力では地球環境を安定化させることもできないので、まさに「神頼み」といった感じではないでしょうか。

等比市さんのご投稿によると「2020年頃から地球がどんどん寒くなっていく」ということですから、これは世界の平均気温などで客観的に検証が行えますので、現在は毎年のように上がっている平均気温が1年後、2年後に下がっていたら、等比市さんのお知り合いの予知が現実化しつつあると判断できるのかも知れません。

 

スポンサーリンク

 

やはり地球は温暖化している!?(10月11日)

投稿者:とをりすがりさん
投稿日:10月5日(月)

黒点活動による気温低下ですが、前回起きた時期は「マウンダー極小期」と呼ばれ、北半球平均気温が0.1~0.2℃下がったと考えられています。

ただ、あくまで平均ですので、地域によってはもっと下がっている地区があったことは否定できませんが、地球温暖化で下部対流圏温度が10年につき0.12~0.22°Cの割合で上昇していますので、平均的には2010年頃の気温に戻る程度になります。

なお、現在は1000年頃から始まった小氷河期が終わり、間氷期に戻ったとも言われていますので、温暖化ガスの排出を抑えない限りは地球温暖化のペースが落ちるだけで、上昇傾向なのは変わらないでしょう。

なるほど、太陽活動による気温の変化はそれほど大きくはないという説があるんですネ~~

そして現在、小氷河期が終わったという説についても色々な意見はあるようですが、2030年頃から小氷河期に突入するという説もあり、本当に地球の環境はどちらへ向かっているのかは、その時になってみないと分からないということで間違いないかと思います。

ちなみに、温暖化にもっとも影響を与えているのは二酸化炭素(CO2)よりも「水蒸気」で、海水温が上がると水蒸気が増えて、さらに気温が上がってさらに水蒸気が増えてと、悪循環が起きているとも言われています。

もし、地球が温暖化へと進んでいるのであれば、今後さらに加速度的に気温が上昇していくこととなります。

ですので、少しでも温暖化のペースを下げるためには、二酸化炭素の排出量を減らさないといけないということになります。

中長期的には氷河期へ向かっているのか温暖化へ向かっているのか分かりませんが、実感としては、近年、温暖化によって気温が上がっていると感じている人が多数ではないでしょうか?

どちらに向かっているにしても、緩やかな変化でない限り、ボクたち人間も含めて地球上の生命は適応できずに滅んでしまう可能性が高いと思います。

そういえば、さくらさんの未来予知「100年以内に人類が滅ぶかも知れない」とありますが、もしかしたら、地球環境の急激な変化によるものなのかも知れません。

 

スポンサーリンク

 

週末は師走並みの寒さに(10月16日) NEW!

等比市さんのお知り合いの予言「2020年の頃から地球がどんどん寒くなってゆき、東京も北海道並みの寒さになる」ですが、この週末に関東~関西は北海道よりも寒くなりそうです。

土日は何を着る? 東京や大阪でも「師走並みの寒さ」か

17日土曜は、九州から関東にかけての太平洋側では、広い範囲で雨が降るでしょう。発達した雨雲は、海上が中心ですが、北風が吹くので、昼間も気温があまり上がらなくなりそうです。

東京や名古屋、大阪では、最高気温が15℃くらいと11月下旬並みで、今シーズン最も上がらない予想です。

天気予報図

気温が低いだけではありません。北風が吹くので、体感温度は、気温の数字よりも低いでしょう。風速が1メートル強まると、体感温度は1℃下がると言われています。

東京や名古屋、大阪では、日中は3メートル前後の北風が予想されていますので、体感的には、10℃を少し超えるくらいでしょう。

ちなみに、平年の12月上旬~中旬の最高気温は、東京や名古屋、大阪では12~13℃くらいですので、体感的には、師走並みの寒さになりそうです。

日本気象協会

関東はここ最近、肌寒い日が多いのですが、明日は北風も相まって12月くらいの寒さとなるようです。

もし、今後も関東で継続的に季節外れの寒さが続くようだったら、冬に北海道並みの寒さになる可能性もゼロではないのかも知れませんネ~

冬に札幌の気温は氷点下にまで下がりますから、もし東京でも氷点下となる日が何日もあったら、等比市さんのお知り合いの予言は現実化しつつあると言えるのかも知れません。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

不思議探偵社Twitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

-予言・予知・占い, 宇宙・自然・地震・前兆