不思議探偵社

地震予知・前兆現象・予知・予言・UFO・宇宙人・透視・超常現象・都市伝説など不思議系情報をお届けっ!【さくらさんの未来予知公式サイト】【「私が見た未来」著者たつき諒さんの公式サイト】

サイト内検索

             

予言・予知・占い

【予知・予言】みなさんからの投稿~ノストラダムスの予言「世界中に広がる破滅的な最後の大地震」~(6月18日)[No.0694]

ノストラダムスの予言「世界中に広がる破滅的な最後の大地震」(6月18日)

ノストラダムスの肖像画

投稿者:YAMATAKEさん
投稿日:6月16日(火)

何時も拝見させていただいています。久し振りの投稿となります。掲載されないこととは思いますけれども、記録として残しておいて頂きたく、投稿させて頂きます。

ノストラダムス予言におけます、ポセイドンによる最後の大地震の予言詩です。

アンノジジェ、地球の中心からの火
それが新しい大都会のオトゥールを震わせる
そのとき二つの大きな岩は長い間戦っている
そしてアレチューズが新しい川を真っ赤に染める

第1巻87番 五島氏の大予言・地獄編P181

この予言詩におけます一行目の「アンノジジェ」につきましては、古代ギリシャ語の「エンノシジェウス」から採られたものであり、ギリシャ神話における海神ポセイドンが、普段においてはいろいろな恵みを与えてくれるけれども、人類が悔い改めることなく荒廃や堕落の極限まで行くと、ポセイドンの怒りによって、そこから世界中に広がる破滅的な最後の大地震を引き起こしてしまう。

このポセイドンが引き起こす最後の大地震による破滅のことを「エンノシジェウス」と呼ぶとのことでした。

このように、現在の世界が荒廃や堕落の極限まで来てしまっているのではないでしょうか。

次に続きます「地球の中心からの火」につきましては、地球内部から上昇して来るマグマの熱エネルギーの事のようです。

このことにつきましては、埼玉大学工学部名誉教授であり、理学博士でもあられます角田史雄名誉教授によります「熱移送説」が該当するのではないでしょうか。

この「熱移送説」とは、これまでのようなプレートテクニクス理論だけでは、巨大地震を引き起こす程のエネルギーを説明出来ないが、地球内部から上昇するマグマの熱エネルギーを加えるならば、巨大地震を引き起こす大きなエネルギーを説明出来るというものです。

最近は、九州における火山活動が活発化していると共に、岐阜飛騨地方・長野県中部地方におけます長期に及ぶ群発地震も火山活動(マグマ)によるもののようです。

ですので、このマグマ活動による熱エネルギーが、歪エネルギーを蓄えた南海トラフや関東のプレートに加わってしまいますと、巨大な地震を引き起こす引き金となってしまうということも想定出来てしまいます。

また、上記させていただきました予言詩を補足するかのような予言詩が存在することに、先日気が付きましたので、合わせて紹介させていただきます。

日がタウルスの第二十番目に来るとき、大地は激しく揺らぐ
その巨大な劇場は一瞬に廃虚となるだろう
大気も空も地も暗く濁り
不信心な者たちは神や聖者の名を必死に唱えるにちがいない

第9巻83番五島氏の大予言P114

この予言詩におけます「日がタウルスの第二十番目に来るとき」とは、「タウルス」が牡牛座でありますので、12星座による牡牛座(4/20〜5/20)の二十番目における5月10日ではないかとか、現在の天文学では13星座が認められていますので、13星座による牡牛座(5/14〜6/20)の二十番目であります6月3日ではないか、というような想定をしていましたけれども、該当しませんでした。

ですので、再度検討をしてみましたところ、牡牛座には20番星という星が存在していました。

ですので、この一行目につきましては、「日がタウルスの20番星に来るとき」ということになると想いますけれども、私には星座に関した知識が不足していますので、牡牛座の20番星によって地震発生日を引き出すことが出来ませんでした。

しかしながら、新13星座が6月20日までですので、その6月20日までには発生してしまうのではないかと、新たな想定をしています。

ただし、もしかすると、原文は(SolvingtdeTaurus)となっていますので、牡牛座の20番星でもなく、おうし座の20日を暗示しているのかもしれません。

さらに、下記させていただきました第2巻52番の予言詩におきましても、一行目におけます「夜間何日間か大地が揺れるだろう」といった内容が、前記させていただきました地震の予言と同一の大地震を予言しているように思えてなりません。

その二行目の頭には「春」と予言されていますけれども、6月20日までは、天文学的には「春」と定められているのです。

夜間何日間か大地が揺れるだろう
春 非常な努力が二度つづけてなされる
コリントスとエフェソスが二つの海を泳ぐだろう
戦場の剛勇の者二人が戦いを起こす

ノストラダムスサロン掲載第2巻52番(山根和郎訳)

なるほど~
ノストラダムスの予言は世間的にはもう忘れ去られていますが、色々と解釈が出来るので面白いですよネ~~、謎解きのような感じが面白いですっ!

気になるのは、YAMATAKEさんが導き出した「6月20日までに、世界中に広がる破滅的な最後の大地震が発生してしまうというものが、何年の6月20日なのかという点が気になります。

もし、何年なのかを導き出すことが出来たら、是非、追加のご投稿をお願いしますっ!

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

不思議探偵社Twitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

-予言・予知・占い