不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

サイト内検索

             

宇宙・自然・地震・前兆

【地震予知】「ラドン濃度」による地震発生予測~千葉のラドン濃度が警戒レベルを大きく超える&富士山のラドン濃度は少し高めのまま上下繰り返している~(3月7日)[No.0234]

ラドン濃度と地震の関係について

ラドン原子のイラスト

ラドン」は、無色で無味無臭の気体。原子番号は86。元素記号はRn。

地震が起こる前には地殻内部に圧力がかかり、部分的に地殻の破壊が起こりますが、その際に地殻内部に閉じ込められていた「ラドン」が大気中に放出されます。

阪神淡路大震災(M7.3)発生前、そして東日本大震災(M9.0)発生前に大気中のラドン濃度に大きな変動が出現していました。

必ずしも地震が起こる前に大気中のラドン濃度が上昇するわけではありませんが、ラドン濃度に変化が起きたら地震に要注意と考えて良いです。

 

スポンサーリンク

 

千葉のラドン濃度が警戒レベルを大きく超える(3月7日)

投稿者 :こあらさん
日 時 :
2020年2月下旬
場 所 :千葉、富士山
コメント:大気中ラドン濃度グラフ集より、千葉県 市川市が警戒レベル付近をフラフラしてましたが、2/28より警戒レベルよりだいぶ上昇したのでお知らせします。

ラドン濃度のグラフ

大阪は変わらず高めのまま上下してます。

富士山のラドン濃度は少し高めのまま上下繰り返しているそうです。

2/28の15時過ぎに、環天頂アークが見れたので撮りました。太陽が写ってるのは日暈(ひがさ)ですかね?

日暈(ハロ)の投稿写真

日暈(ハロ)の投稿写真

肉眼でもうっすらでしたが、スマホカメラはさらに薄く、不思議探偵社で見るような鮮やかな虹色もいつか見てみたいです。

新型コロナウィルスの感染拡大で心配事が続きますが、皆様に幸運が訪れますように。

まず千葉(市川)のラドン濃度ですが、警戒ライン(紫色)を大きく超えていることが確認できます。

3月3日、4日には千葉で地震雲が出現していたこともあるので、今回のラドン濃度上昇は非常に気がかりな現象です。

そして、富士山のラドン濃度も高い状態が続いているとのことなので、引き続きラドン濃度の変動を注視していきたいと思います。

ご投稿頂いた写真はコメントされているように、「環天頂アーク」と「日暈(ひがさ、ハロ)」ですネ~

日暈は基本的には「天気が崩れるサイン」とされていますが、千葉の天気を遡って調べてみたところ、撮影日の2月28日から3月1日までは晴れとなっていましたので、今回は地震の前兆して出現した日暈である可能性が考えられます。

やはり、関東(特に千葉)にお住まいの方はいつも以上に防災意識を高めておいて頂きたいと思います。

引き続き、全国各地の前兆現象を注視していきます。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

・不思議探偵社のTwitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

-宇宙・自然・地震・前兆