不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

サイト内検索

             

心霊・怪奇・ホラー 超能力・超常現象 都市伝説・言い伝え

【不思議体験記】プレイバック編~解けない呪い~(3月3日)[No.0136]

解けない呪い

ペンタグラムのイラスト

投稿者:ひなたぼっこさん
投稿日:2017年1月14日(土)

私が小学5年生の時にはじまった怖い実話です。

当時私には毎日のように一緒に遊んでいた仲の良いS子ちゃんという友達がいました。

小学5年生の夏にS子ちゃんのお父さんが、とある事件を起こしてしまい逮捕をされました。新聞に載っていたのでS子ちゃんのお父さんが逮捕されたという噂はすぐに広まって、S子ちゃんは事件をきっかけに不登校になってしまいました。

私はS子ちゃんが心配で週に3回くらいはお家に行って会いに行っていました。私の前では無理に明るくふるまっていましたが、心労は手に取るようにわかりました。あとで知りましたがカウンセリングに通っていたそうです。

でもS子ちゃんは少しづつ元気を取り戻して3学期が始まるころには学校へ再び通えるようになりました。

ほっとしたのも束の間で、クラスで目立っていた女の子グループからS子ちゃんはいじめをされるようになってしまいました。私は気の強いほうでしたので女の子グループに止めなさいよと言いましたが、それからは私が見ていないところで陰湿ないじめをやっていました。

担任の先生に相談したら女の子グループを注意してくれて、それからは学校でのいじめはなくなりましたが、放課後陰湿な嫌がらせのようなことが続いていました。

ちょうどその頃、私とS子ちゃんは図書館で借りた西洋魔術だったかの本を読んでいて、面白半分に女の子グループに呪いをかけてみようということになりました。

本によると呪いの儀式にはいろいろな道具が必要で、干からびたトカゲとか呪う相手の髪の毛や血液など揃えなければいけませんでした。

そんなものは用意できなかったので煮干しやケチャップで代用しました。ちゃんと用意できたのはロウソクと白い紙だけでした。今思い出すと血の代わりにケチャップなんて笑ってしまいますが、当時は面白半分とはいえワクワクしながら用意していた記憶があります。

紙に魔法陣を書いて、女の子グループ3人それぞれの名前を書いたメモ3枚と呪いたい内容を書いた紙3枚を用意して魔術をはじめました。

本を見ながらヘンな呪文を唱えて灰皿の上で名前のメモと呪う内容のメモを燃やして魔術をおこなったと記憶しています。思い返すと本気で呪うというより魔術ごっこをして遊んでいただけという感覚でした。

事件は魔術をおこなった日からたしか3日後に起きました。

女の子グループの1人E梨が図工の授業中にカッターナイフで怪我をしたのです。ちょっと切ったというものではなく左手の人差し指の付け根あたりから手のひらを大きく切り裂いた怪我に見えました。血もすごく出ていてすぐに保健室に行って応急手当をして病院へいったそうです。

このときはまだこれが魔術の効果とはおもいもしませんでした。

それから1週間ほど経った日ににまた事件は起きました。私は見ていませんでしたが、聞いた話だと女の子グループのF香が学校の階段で足を滑らせ踊場から一番下まで転げ落ちたようでした。

あの日どしゃぶりの雨で踊場の窓が開いていて雨が入りこんで踊り場が濡れていたようです。F香は足首を骨折して鎖骨にもひびが入ったようでした。

この話を聞いたとき、魔術のせいかもとおもいました。E梨とF香には大怪我をするようにと呪いをかけていたのです。

S子ちゃんと相談をして呪いを解こうということになりました。魔術の本には呪いを解く方法も書いてあったのです。

そこの部分は私もS子ちゃんもほとんど読んでなかったので図書館に行って、再び魔術の本を借りようとしたのですが本が見当たりません。

それから毎日図書館に行きましたがいつまで待っても本はありませんでした。

その間も呪いは続いていたようで、カッターナイフで怪我をしたE梨は家のドアに手をはさんで指を切断するという大怪我をしました。

F香はインフルエンザにかかって学校をしばらく休みました。

一刻も早く呪いを解かなければ大変なことになると思い、図書館や本屋をまわりましたがあの魔術の本は見つかりませんでした。

それから私たちは小学6年生になり、女の子グループに何か起きることもなくいじめもなくなって魔術のことは次第に忘れていきました。

女の子グループは3人でリーダー格のY子だけは何故か何も起きずに私たちは小学校を卒業しました。

丁度そのころにS子ちゃんの両親は離婚してS子ちゃんは宮崎県に引っ越してしまいました。当時は携帯電話やメールはありませんでしたから、S子ちゃんとはそれっきりということになってしまいました。

小学校を卒業してから20年後に小学校の同窓会があって私はS子ちゃんと20年ぶりに再会することができました。

S子ちゃんは結婚をして子供を2人産んでいて子育てが大変なのという話や小学校を卒業してからの話で盛り上がりました。

女の子グループのF香やE梨も来ていて、S子ちゃんに当時のいじめのことを謝っていました。F香は涙を流しながら謝罪していたので本心から謝っていたんだと思います。

そんな風に昔を懐かしむ話や近況報告をしていると、リーダー格だったY子は見当たらなかったので仲の良かったF香とE梨にY子はどうしてるの?と聞くと最初はあまり話たがらない様子でした。

でも少しずつ話をしてくれて、Y子に恐ろしいことが起きたことがわかったのです。

Y子は中学生のときに父親が解雇されて高校には進学できずに就職をしたそうです。20歳のころに職場の50歳くらいの上司と不倫をして妊娠したそうですが流産。それが原因で退職をよぎなくされて、しばらくの間は夜のお店で働いていたそうですが病気になり入院。

退院後結婚をして妊娠をしたそうですが流産となり、それから旦那さんの暴力がはじまるようになって離婚。暴力の原因は不倫妊娠した過去を旦那さんに知られたからとE梨は話していました。

離婚後はパートをしながら生計を立てていたそうですが、ある日突然行方不明となってしまったそうです。

それ以来Y子の消息はわかっていないそうです。

これを聞いた私はY子にかけた呪いのことを思い出しました。不幸が続いて早く死んじゃえ、と書いていたのです。当時リーダー格だったY子はS子ちゃんへのいじめが一番ひどかったので一番ひどい呪いをかけていたのです。

S子ちゃんもY子の話を聞いて魔術のことを思い出し、まさか偶然だよね・・・という会話をしました。

これは偶然なのでしょうか?それとも面白半分でやった魔術のせいでしょうか?

Y子が無事であることを私もS子ちゃんも望んでいます。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

・不思議探偵社のTwitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社Twitterの画像

-心霊・怪奇・ホラー, 超能力・超常現象, 都市伝説・言い伝え