不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

サイト内検索

             

宇宙・自然・地震・前兆

【地震予知】「地磁気」による地震発生予測~各地の地磁気に異常が出現&カナダの地磁気にも非常に大きな異常「波形の向きから日本で大地震が発生する可能性大」~(9月3日)[No.0167]

各地の地磁気に異常が出現(9月3日)

北海道

投稿者 :こあらさん
日 時 :2019年8月29日
場 所 :北海道(女満別)
コメント:まずは8/29の北海道女満別地磁気で異常がありました。

地磁気のグラフ

保守作業におけるノイズ発生状況に記載があります。maxとminiの差で見ると、下の2つが100前後で、振れ幅で見ると上2つと1番下が100です。

おそらく大きくてもM5後半で済むような気もしますが、もしかしたらM6前半の可能性も

日 時:2019年8月30日

地磁気のグラフ振れ幅が100です。

日 時:2019年8月31日

地磁気のグラフ(北海道)

振れ幅が1つ100になってます。

この日の地磁気では大きい地震の前後に複数回少し小さめの規模がありそうです。

全てのグラフではありませんが、振れ幅が100nTとかなり大きい異常が現れているので、こあらさんが推測されているように、M5後半~M6前後の強い地震の前兆かも知れません。

 

スポンサーリンク

 

茨城

投稿者 :こあらさん
日 時 :2019年8月30日
場 所 :茨城(柿岡)
コメント:8/30はラスト3時間が少し気になります。

地磁気のグラフ(茨城)

保守作業におけるノイズ発生状況にはいずれも記載ありません。

日 時:2019年8月31日

地磁気のグラフ(茨城)

8/31の保守作業におけるノイズ発生状況にはいずれの記載もありません。

茨城の地磁気にも100nTの振れ幅が記録されています。

前回(8月22日)は、茨城の地磁気に100nTの異常が出現し、2日後の24日に福島県沖M5.5の強い地震が発生しました。

 

スポンサーリンク

 

鹿児島

投稿者 :こあらさん
日 時 :2019年8月30日
場 所 :鹿児島(鹿屋)
コメント:鹿児島県 鹿屋地磁気

地磁気のグラフ(鹿児島)

日 時:2019年8月31日

地磁気のグラフ(鹿児島)

振れ幅が1つ100になってます。

鹿児島でも8月31日のグラフに100nTの異常が現れています。

ということは、北海道、茨城、鹿児島の観測地点で同時に大きな異常を検知したということになりますので、もしかすると、M6を大きく超える大規模地震の前兆なのかも知れません。

 

スポンサーリンク

 

世界の地磁気

カナダ~波形の向きから日本で大地震が発生する可能性大

投稿者 :こあらさん
日 時 :2019年8月31日
場 所 :カナダ
コメント:8/31 15時半頃のカナダの地磁気です。

地磁気のグラフ(カナダ)

振れ幅が350でした。

日 時:2019年9月1日
9/1の12時過ぎのカナダ地磁気です。

地磁気のグラフ(カナダ)

振れ幅が久々の500

日 時:2019年9月2日
カナダの地磁気の振れ幅がさらに上がって550になってます。

地磁気のグラフ(カナダ)

法則はわかりませんが、波形の向きから日本の可能性が大といっている方がいて、振れ幅450で震度5〜6と記載があるので、その後さらに振れ幅が大きくなったので波形の向きが同じように日本対象なら、規模ももう少し大きい可能性も?(450時点で西日本と関東を予想エリアとされてます)

カナダでは500nTを超える凄まじい異常が検知されたようです。

これが日本の地震の前兆だとすると、450nT震度5~6ということは、今回は500nTを超えているので、震度7の大地震になる可能性があるのではないでしょうか。

日本の各地でも100nTの異常が現れていることもあるので、やはりM6以上、M7以上の大地震を想定しておいた方が良いかも知れません。

日本全国どこにいても、いつも以上に防災意識を高めて、強い地震に備えておいて頂きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

スウェーデン(キルナ天文台)

投稿者 :こあらさん
日 時 :2019年9月1日
場 所 :スウェーデン(キルナ天文台)
コメント:スウェーデンのキルナ天文台が数ヶ月ぶりに下のグラフが赤以上になりました。

地磁気のグラフ(キルナ天文台)

宇宙天気ニュースによると、太陽フレアは発生していないようですが、コロナホールの影響でとあります。

太陽風も日本時間31日6時頃に570km/sに到達したとありますが、1日12時過ぎの時点で直近12時間は690〜740km/sとさらに高速となっています。

といっても世界で地震が連発した6〜8月、キルナの赤以上がなかったので、キルナ天文台地磁気も拾えるエリアがあるのかなぁといったところです。

※今回は、なめぞーさんからのご投稿は掲載を割愛させて頂きました。

こちらも非常に気になる異常です。

東日本大震災が発生する1週間前にも、キルナ天文台の地磁気に今回と同様に大きな異常が現れていました。

引き続き、地磁気のグラフや各データを注視していきます。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

・不思議探偵社のTwitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社のTwitterへのリンク

-宇宙・自然・地震・前兆