不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

サイト内検索

             

宇宙・自然・地震・前兆

【地震予知】「地磁気」による地震発生予測~全国の地磁気に異常が発生「M4~M5前後が多数発生の可能性」~(6月9日)[No.0110]

2019/06/10

全国の地磁気に異常が発生「M4~M5前後が多数発生の可能性」(6月9日)

投稿者 :こあらさん
日 時 :2019年6月8日
場 所 :全国各地の観測地点
コメント:日本の各地磁気にそれぞれ異常がありましたので、順番に投稿します。保守作業によるノイズ発生状況にはいずれも記載ありませんでした。

まず、茨城県の柿岡地磁気

地磁気のグラフ

M4〜M5前後が多数あるかもしれません。M5未満で収まる可能性が高そうですが、わからないので念のため投稿しました。

続いて北海道の女満別地磁気

地磁気のグラフ

先ほどの柿岡地磁気より大きい波形も小さい波形もあるため、大小の比較ができません。こちらもM4〜M5前後が多数あるかもしれません。(M5未満で収まる可能性もあるかと思います)

続いて鹿児島県の鹿屋地磁気

地磁気のグラフ

柿岡地磁気とほぼ同じ数値なので、同等となるか、もしくは柿岡と鹿屋の中間あたりで起こる可能性もあるかもしれません。(同じものを拾っている?)

中間あたりの場合は、二箇所が拾っているよりも大きめのMの可能性もありえるかもしれません。

地磁気周辺の震源を拾っているのであれば、M4〜M5前後が多数で、M5未満で収まる可能性もありそうです。

次に父島(小笠原諸島)

地磁気のグラフ

こちらは他のとは異なり、短時間的な異常が上下に伸びている為、下の高低差はその高低差となってます。M5後半〜M6前半の可能性があります。

そして他の地磁気と同様に長時間にわたり山谷あるので、M4〜M5前後が多数こちらもあるかもしれません。(高低差が読めないので、多少上下あるかと)

(追記)
各地磁気の投稿をした際に、保守作業によるノイズ発生状況に記載はありませんと投稿しました。夜、他の方が、M7を危険視していたので、再度諸々確認したところ、父島の短時間の異常の時間帯が、保守作業ノイズ発生状況に記載となっていました。

確認不足か、後から追加されたかどちらかだと思います。気づいたので訂正します。すみませんでした。

前回(5月28日)、地磁気のグラフに異常が発生した1週間後に鳥島近海でM6.1の大きな地震が発生しましたが、こあらさんの予測は見事に的中していました。

今回は主に、M4~M5クラス前後の地震が多数発生する可能性があるとのことで、全国的に地震に要警戒となりそうです、

それから、小笠原諸島父島の地磁気の異常は振れ幅が100nTを記録しているグラフ(青色)もあり、瞬間的に急激な振れが発生しているので、こあらさんが推測されているようにM6クラスも視野に入ってくると思います。

北海道でも振れ幅100nTのグラフ(青色)があるので、もしかしたらこちらもM6クラスの大きな地震があるかも知れません。

参考までにこれまでの的中例を掲載しておきます。

・2月14日(振れ幅50nT) → 2月21日に北海道胆振地方強い地震(M5.7 最大震度6弱)が発生。

・2月28日(振れ幅100nT) → 3月2日に北海道根室半島沖大きな地震(M6.2)が発生。

・3月28日(振れ幅50nT) → 4月3日に北海道浦河沖地震(M4.3)が発生。

・4月1日(振れ幅50nT) → 4月8日に北海道浦河沖地震(M4.2)が発生。

・4月23日(振れ幅100nT)→4月27日に北海道十勝地方強い地震(M5.7)が発生。

・5月28日(振れ幅100nT)→6月4日に父島近海大きな地震(M6.1)が発生。

まれですが、50nTの振れ幅の場合でもM5後半の強い地震が起きたことがあるので、今回は全国でほぼ同時に異常が発生していることも考えると、やはりしっかりと防災意識を高めておいた方が良さそうです。

引き続き、地磁気を始め各データを注視していきます。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

・不思議探偵社のTwitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社のTwitterへのリンク

-宇宙・自然・地震・前兆