不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

古代文明・歴史の謎 宇宙人・UFO・UMA

【不思議体験記】みなさんからの投稿~UFO!?空を飛ぶ謎の物体を撮影っ!その2~(4月7日)[No.0041]

2019/04/08

UFO!?空を飛ぶ謎の物体を撮影っ!その2(4月7日)

投稿者 :渦のたまごさん
日 時 :2019年3月24日15時
場 所 :埼玉県 大宮
コメント:レオさん、これは虫ですか?後ろに公園があるので何か飛ばしてますか?ここは大宮駅から徒歩25分くらいの氷川神社です。

渦のたまごさんからの投稿写真

写真右側の樹木の上に何やら黒い物体が写っています。

拡大してみます。

渦のたまごさんからの投稿写真(拡大その1)

拡大その1

さらに拡大してみます。

渦のたまごさんからの投稿写真

拡大その2

渦のたまごさんがコメントしているように、帽子のように見えますネっ!

さらに拡大してみます。

渦のたまごさんからの投稿写真(拡大その3)

拡大その3

帽子が空を飛んでいるようにしか見えません(笑)

鳥ではないことは確かです。

となると、風に飛ばされた誰かさんの帽子が空を舞っていた!?のでしょうか。

でも帽子にしては大きすぎるし、若干金属的な光沢も見受けられます。

実は、このような形をしたUFOがあるのですっ!!!

画像をクルっと回転してみると……

渦のたまごさんからの投稿写真(回転)

うん、より一層、帽子に見えてきた(笑)

冗談はさておき、これ、帽子以外に「ある物」に似ていると思いませんか?

そうです、これですっ!

釣鐘の写真

「釣鐘(つりがね)」ですっ!

実は釣鐘タイプのUFOがありまして、なんとそれは地球製。

それがこちらっ!

釣鐘型UFOのイラスト

釣鐘型UFO

画像を見ても分かるように、かつてナチスが開発していたというUFOが釣鐘型(ベル型)でした。

なぜナチスがベル型のUFOを開発していたのかというと、その昔、ヒトラーはチベットやヒンズー教に伝わる古代の伝承に興味を持っており、古代インドに存在していたという伝説の空飛ぶ宮殿「ヴィマナ」を再現しようとしていたからだと推測されています。

ヴィマナのイラスト

ヴィマナのイラスト[画像:wikipediaより]

太古の昔に起きた大戦争が記されているヒンズー教の聖典「マハーバーラタ」や「ラーマーヤナ」において、核戦争らしき描写があったり、空飛ぶ乗り物が出てきたり、超科学力が登場したりと、古代にUFOがすでに地球にやって来ていたことを示すような記述があります。

古代文明やUFOなどに興味のある方はご存知の方も多いとは思いますが、太古の昔に宇宙人がやって来て、ボクたち人間を始め、様々な生物を作ったり、文明を授けたりしたという説「古代の宇宙飛行士説」を裏付ける一つの資料として、先に紹介したインドの聖典があります。

インドだけなく、世界各地に太古の昔に高度な科学技術力を持つ宇宙人がやって来ていたことを示唆するような伝承や文献、遺跡はたくさんあります。

「古代宇宙飛行士説」を語り出すと長くなるので、話を元に戻すと、渦のたまごさんが撮影したのは

ベル型UFO

だったに違いありませんっ!

信じるか信じないかは、あなた様次第でございますっ!!!

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

・不思議探偵社のTwitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社のTwitterへのリンク

-古代文明・歴史の謎, 宇宙人・UFO・UMA