不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

サイト内検索

             

宇宙・自然・地震・前兆

【地震予知】「FM電波」による地震発生予測~とてつもない異常がさらに大きくなり継続「東日本大震災の時よりも長い」~(3月31日)[No.0043]

とてつもない異常がさらに大きくなり継続「東日本大震災の時よりも長い」(3月31日)

3月23~24日にかけて、千葉県の行徳高校が測定公開している「FM電波」のデータに非常に激しい乱れが出現していました。

詳しくはこちらのページ 

をご覧ください。

そして、その後も大きな異常な状態が継続しているようです。

投稿者 :みーママさん
日 時 :2019年3月27日~29日
場 所 :行徳(千葉)
コメント:あれからまた行徳データーを観察してますが、乱れたあとにMAX値が跳ね上がり台形を維持し、AVGも継続してみだれがあります!

FM電波のグラフ

継続時間が長い…これは気になります。

台形を維持すると中〜大きめ地震が来ることがあり、一週間くらいは要注意かもしれません。(噴火・遠方・深発を含みます)

日向灘の連発からどうしてもトラフ関連が動いたら…と心配でたまりません。

(追記)
引き続き異常値が出て持続。小さな地震ではこんなに継続しないのでは?と危惧しています。。

FM電波のグラフ

MAX値・AVG値の動きがある場合火山や深部の動き又は海外での地震の場合もありましたが…どうもおかしいように思います。

どちらにしても、日々防災意識を高くより高く持つことが必要だと思います。

本当にこれは異常な状況だと思います。

しかも今回のグラフ(27日~29日)のレベル(グラフの左側の数値)が、前回のグラフよりもさらに大きくなっています。

前回のグラフがこちらです。

FM電波のグラフ左の数値を見ると最高で1200となっています。

しかし今回の数値はさらに大きくなり、青いラインが1800~1900で推移しています。

東日本大震災前のグラフでも最高は1200くらいでした。

FM電波のグラフ

東日本大震災が起こる1週間前のグラフ

つまり、27日~29日に現れた大きな異常は東日本大震災前の約1.5倍ものレベルに達しているということになり、みーママさんがコメントされているように、異常の継続時間については比較にならないほどに長い状態となっています。

前回のページで推測しているように、最近、南海トラフ巨大地震の想定震源域(日向灘や紀伊水道)で強い地震が複数回起きていることから南海トラフ巨大地震の前兆なのか、観測地点が千葉県なので首都直下型大地震の前兆、または富士山などの噴火の前兆などが思い当たります。

前回は「4月の第1週目までは危険度の高い期間」であると推測していましたが、異常がさらに大きくなって、これだけ長時間継続しているとなると、少なくとも4月いっぱいは危険度が非常に高い期間となるのかも知れません。

これからはより一層、FM電波や強震モニタなどの各データを注視していきます。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


オススメ記事っ!

 

・不思議探偵社のTwitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社のTwitterへのリンク

-宇宙・自然・地震・前兆