不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

その他

[気になる情報]1月30日から31日にかけて全国の放射線量が急上昇していた!?(2月13日追加更新)[No.0001]

2019/02/13

1月30日から31日にかけて全国で一斉に放射線量が上昇する現象が観測されていた(2月7日)

投稿者:りょうさん
投稿日:2月2日(土)

ご存知の方も多いと思いますが、2019年1月30日午後2時半頃、東海村の核燃料サイクル工学研究所で放射性物質が漏洩する事故が発生しました。

その件に対して「作業員や環境への影響も無し」と説明する日本原子力研究開発機構に疑いの声が多く上がっています。

1月30日から31日にかけて、日本全国で一斉に放射線量が上昇する現象が観測されており、ネット上では首を傾げる声が相次いでいます。

それを見て、「新・全国の放射能情報一覧」というサイトにアクセスしたところ(ツィッターの画像が撮られた時刻とは異なり、もっと後になります)、主に関東地方を中心に放射線量が上がっており、中でも特出的に上がっているのは、なぜか事故のあった東海村がある茨城県ではなく、福島原発がある福島県の(120倍)という数字です。

更にツィッターからの情報ですが、「30日に千葉の沿岸部で黄色い粉が降ったという報告があった。折しも30、31は全国で線量の上昇が観測されている。何があったのか?2011の3/20ごろ、千葉の我が家にも降ったのを思い出す。そのあと息子は不自然な鼻血を流した。あのとき気象庁は花粉と即刻断定していた。」

「事故が発生した東海村のプルトニウム燃料第二開発室は、プルトニウムとウランを混ぜてMOX燃料を製造する施設で、ウランは核物質であり黄色い粉、「イエローケーキ」と呼ばれています。 プルトニウムと一緒にウランも出た可能性があるのでは。」という物がありました。

今回の事故は東海村で起きていますが、放射線量のグラフを見る限り、福島の値が明らかに高いのですが、これはどういう事でしょうか?

ツィッターに流れてきた情報を見ていると、日本原子力研究開発機構の発表をそのまま信じて良いのか、不安になってしまいました。

これは非常に非常に気になる情報です。

確かに1月30日に東海村の核燃料サイクル工学研究所で放射性物質が漏れたというニュースがありました。

しかし、外部に漏れたわけではなく「プルトニウム燃料第2開発室」という建物の一室での話で法令の基準よりも下回っていたということでした。

ところが、ツイッターの放射線量のグラフを見ると1月30日から31日にかけて全国の放射線量が急上昇しているようです。

そして、1月31日から2月1日のグラフを見ると…

放射線量のグラフ

一番右上の宮城県のグラフがとんでもないことになっています。

福島県の放射線量はグラフが振り切れて上に張り付いています。

りょうさんからの情報にもありますが、福島県は120倍の放射線量になっていることが確認できます。

他にも茨城県や千葉県をはじめとした関東地方の放射線量が非常に高い状況になっていたようです。

何か詳しい情報をご存知の方は、是非教えて頂きたいと思います。

 

みなさんからの情報(2月13日追加更新) NEW!

フクイチから黒煙があがっていた!?

投稿者:まちこリラックスさん
投稿日:2月9日(土)

[気になる情報]1月30日から31日にかけて全国の放射線量が急上昇していた!?(2月7日)に関して

ご参考まで 下記の記事によると、フクイチから1月30日に黒煙が上がっていたそうです。

1月30日に海外のウォッチャーが黒煙噴出する様子をとらえています。

このところ、この手の怪しい発煙は福島第一で何度も観察されているのですが、時期的に見て、この発煙により大量の放射性物質が放出され、それが鼻血多発につながった可能性があります。

asyura2.com

これは気になる情報です。もし、福島原発由来の放射線物質が全国に拡散していたとしたら、福島県の線量だけが突出していたことにも納得です。

黒煙とは一体なんだったのでしょうか!?

 

同じ頃、ネットオークションにウランが出展されていた!?

投稿者:じゃんくんさん
投稿日:2月8日(金)

1月末の線量上昇について はじめて投稿させていただきます。

すでにレオさんも、ご存知かもしれませんけど…東海村の核燃料サイクル工学研究所で放射性物質が漏洩する事故のニュースについて触れられていましたが、ちょうど同じ頃、ネットオークションにウランが出展されたニュースがありました。

ここからはわたしの妄想です。このウランの出展者、或いは提供者が発覚を恐れて一般ごみとして捨てられ、焼却場へ入ったのではないか?!などと考えてしまいました。

ちょっと気になったので投稿させていただきました。勝手な妄想でホントっ申し訳ありません。

そのニュースは初耳だったので調べてみました。

どうやら、何者かが日本のヤフーオークションに、ウラン99%と記載されたガラスの管に入った粉上の物質を出品していたとのことです。

しかも、初期鑑定の結果、出品されていた物質は本当に放射性物質の可能性があるようです。

日本原子力研究開発機構(JAEA)によると、劣化ウランやイエローケーキと呼ばれるウランの粉末とみているとのこと。

すでに警察は出品者や入札者の事情聴取を開始したということです。

一体、どこで入手したのか気になりますネ~。捜査の進展を待ちたいと思います。

 

韓国から流れて来てるもの!?

投稿者:おにふくさん
投稿日:2月8日(金)

りょうさんの投稿の、放射線が各地で観測されてる件ですけど、これは、韓国から流れて来てるものじゃないでしょうか。

韓国の原発は、何回も事故を起こしてますし、被爆者が出ている事故もあります。それに、偏西風は西から東に向かって流れていますね。

もし韓国で原発事故が起きていたら、放射性物質が風にのって日本まで到達するという可能性はありそうです。中国からも黄砂が飛んでくるくらいですからネ~。

でも本当に事故が起きていたら、韓国でも騒動になっていそうです。

 

神戸も同様の状態に

投稿者:神戸人さん
投稿日:2月8日(金)

記事に掲載されてる福島県の振り切れて上に張り付いている放射線量グラフ、よく見ると神戸も同様の状態になってますね。なんなんだろ〜

神戸のグラフを確認してみると…

放射線量のグラフ

確かに、完全に振り切れています。お隣の大阪も30日の途中から振り切れて0.1以上となっていたようです。

本当に一体何が起きているのか気になります。

 

福島ではない原因もあるのかなぁ(2月13日) NEW!

投稿者:もんささん
投稿日:2月9日(土)

全国の放射線量のグラフに関して
月間グラフに切り替えますと、福島に関しては常に同じくらいの高レベルを維持しており、(月平均で8.5μSv/hr)となっており、福島ではない原因もあるのかなぁと思ったりしてます。

そして地味に神戸が高め横ばいで推移しているのも気になります。

他の原因も十分に考えられると思います。この後、みなさんから寄せられた「他の原因」について掲載します。

 

黄砂の影響!?(2月13日) NEW!

投稿者:にゃんこさん
投稿日:2月9日(土)

1月30〜31日にかけての、放射線量の異常について、自分なりに考察してみました。

先ず、tenki.jpさんの過去の雲の動きを見る限り、30日から31日にかけて、ゴビ砂漠からの雲が、日本列島を通過しています。

ゴビ砂漠といえば、黄砂の原因と言われている地域ですね。また、ゴビ砂漠は核実験が行われていた地域でもあり、その砂には未だに高めの放射線が含まれているとされています。

そして、気象庁発表の、黄砂観測状況ですが、1月は、黄砂自体が観測された日は無いとのことです。が、降雨状況を見てみると、観測された放射線量の多い地域では、結構な降雨量が観測されています。

さて、それでは情報元のTwitterに貼られていた画像ですが、こちらはホワイトフードという所が公開している、気象庁の線量観測情報を基にリアルタイムで表示するようにしたものです。

こちらの情報によると、『過去30日間に計測された線量の平均に比してどのくらいの線量なのか』を表示しているとのことです。(ちなみに、黒く表示されているのは、3時間以上計測データが欠測で、比較出来ない状態だそうです)

ここで、あくまで可能性としてですが、1つの仮説を立ててみました。

1.過去30日間、放射線量が少ない時期が多く、平均値が低い状態だった。

2.1月30〜31日に、ゴビ砂漠からの黄砂を含む雲が流れてきた。

3.冬季としては比較的暖かい日が続いていたこともあり、その雲が日本海で蒸発した水分(湿った空気)を吸収し、雨雲となった。

4.日本列島に上陸したその雲が雨をもたらした為、過去30日の平均値より高い線量となった。

5.雨となった為、黄砂としては観測されていない。実際、その当日かは覚えていませんが、雨の後、黄砂でも降ったんじゃないか?と思うくらい車が白くなった日が確かにありました。

ただ、同じ雲から雨が降ったと思われる他の地域で線量が低い地点も有り、この仮説も、いまいち説得力に欠けるんですよね…(苦笑)

なるほどっ!放射線物質を含む「黄砂」の影響ということは考えられそうですネ~。

ただ、ほぼ同じ条件でも線量の高い地域と低い地域があるのは謎ではあります。

 

太陽フレアの影響!?(2月13日) NEW!

投稿者:縁の下さん
投稿日:2月9日(土)

いつも拝見しています。放射線量の話が出てきていますが、太陽フレアが発生?すると放射線が大量に放出されるとネットにありました。

つい最近、太陽フレアについての掲載があったので、(いつの掲載か忘れましたが、年末の掲載だったかと思います…)関連があるのではと思いました。

確かに太陽フレアによって莫大な量の放射線が飛んできますが、地球には地磁気があり、それによって放射線がほぼカットされるので、今回の件とは関係性が薄いのかも知れません。

ただ、地球の地磁気は急速に弱まっており、太陽からの放射線が地上へ降り注ぐことは近い将来起こりえることだとは思います。

 

1月30日以前にも放射線量が高い日があった!?(2月13日) NEW!

投稿者:こあらさん
投稿日:2月10日(日)

奈良では1/20頃や最近も変化があります。

放射線量のグラフ

島根は何回も。

放射線量のグラフ

鳥取、山口、和歌山あたりも変化がありました。福島周辺よりも、西日本側で変化がある日が多いのが不思議ですね。

放射線量のグラフ

この情報は、放射線量急上昇の謎を解くのに非常に重要なカギになると思いますっ!

コメントされているように、福島原発からは遠い西日本の各地で、「疑惑の1月30日」以前に放射線量の上昇が起きているということは、先に紹介したにゃんこさんからの仮説「黄砂の影響」を裏付けているようにも思えます。

 

福島原発のライブカメラ映像に黒煙が映っていた(2月13日) NEW!

投稿者:りょうさん
投稿日:2月10日(日)

米国ウォッチャーが撮った、1月30日の福島原発のスクショ(東京電力が提供している、福島第一原子力発電所ライブカメラ映像かと思われます)画面右上に、2019-01-30の文字が見えます。

フクイチのライブカメラ映像

明らかに煙が出ています。今後も福島原発の情報には、アンテナを立てていた方が良さそうですね...。

これは決定的瞬間です。確かに1月30日黒い煙が大量に発生していたようです。

もしかしたら、これは「ベント(原子炉格納容器の圧力を下げるために行う)」かと思ったのですが、ベントでは水蒸気が放出されるので黒い色にはならないはずです。

となると、これは別の要因で発生した黒煙と推測され、これに放射性物質が含まれていたならば、福島県の線量が120倍にはね上がって、関東地方の線量も倍近くになった原因と考えられそうです。

一体、1月30日に福島原発で何が起きたのか、そして今も何か起こっているのか…非常に気になるところです。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


 

・不思議探偵社のTwitterはコチラ ですっ!

不思議探偵社のTwitterへのリンク

-その他