不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

宇宙・自然・地震・前兆

[大阪で震度6弱]近畿地方で非常に強い地震が発生しています。落ち着いて行動をしてください(6月20日更新)

2018/06/20

本日(6月18日)、午前8時頃、近畿地方で非常に強い地震が発生しました。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

地震の規模はM6.1
大阪で震度6弱

新たな情報が入り次第更新します。

最新情報12(6月20日更新) NEW!

大阪で発生した大地震から二日が経ちました。

大阪府内では、約1600人が各地の避難所に避難をしているとのことです。

また、主要の交通機関はほぼ復旧しているとのことですが、発生から運休が続いていた大阪モノレールでは一部区間のみで運転を再開したとのことです。

また、西日本では現在大雨となっており、地震によって緩んだ地盤と雨の影響で、土砂災害が引き起こされる可能性があるので十分に注意をしてください。

良い兆候としては、余震の回数がかなり減少してきており、今のところマグニチュード5を越えるような強い余震は発生していません。

ただし、まだ大地震の発生から2日しか経っていないので、今後、より強い余震が発生することは十分に考えられます。

これから散乱した物などを片づけを始める方もいらっしゃると思いますが、再び大きな地震が発生した時にはすぐに避難ができるように、部屋の入り口、廊下、玄関を優先して片づけをしてください。

 

スポンサーリンク

 

最新情報11

昨日の大地震から一日が経ちました。

現時点での人的被害は「死者4名、負傷者300名超」となっています。

運転を見合わせていた鉄道各線は、ほとんどの区間で通常通りの運行となっているとのことですが、JR京都線の京都~吹田まで運転見合わせ、大阪モノレールでは始発から全線で運転見合わせとの情報です(19日7時時点)

大混乱となった大地震から丸一日が経ち、徐々に日常が戻ってきているようです。

ただし、気になるのが余震です。

地震情報の画像

本日だけでもすでに8回の余震が発生しており、大地震から計25回の余震となっています(19日7時時点)

熊本地震の時のように昨日の大地震よりも大きい規模の地震が発生する可能性があるので、周辺地域にお住まいの方は十分に警戒をしておいてください。

また、天気予報では今日から明日にかけて西日本で大雨になる恐れがあるとのことなので、土砂崩れなどにも十分に注意をしてください。

 

スポンサーリンク

 

最新情報10

大阪や京都でやや強い地震が発生しています。

地震情報の画像

[画像:Yahoo!天気・災害より]

この地震の震源は大阪北部で規模はM4.0 震源の深さは10kmでした。

最大震度は4ですが、昨日早朝に起きた大地震によってダメージを負った建物に、さらなるダメージが加わり倒壊する恐れもあるので十分に注意をしてください。

また、夜間ということもあり、避難をする場合は足元に注意して移動をしてください。

最新情報9

大阪府災害対策本部によると、府内に395カ所の避難所が開設されたとのことです。

必要な荷物をまとめて、落ち着いて最寄の避難所まで避難をしてください。

これから陽が落ちて暗くなります。

崩れた壁などが散乱している箇所もあるので、夜間の移動は極力避けてください。

また、鉄道の運行状況は、京阪電鉄、阪神電鉄ともに全線で運転を再開したとの情報です。

最新情報8

震度6弱の地震が発生してから7時間ほどが経過しましたが、余震とみられる地震が続いています。

地震情報の画像

現時点ですでに15回もの地震が発生しています。

これが本当に余震であるのかはまだ分かりませんが、熊本地震のように今後より強い地震が発生する可能性を考え、備えておくことが大切です。

また、現時点で少なくとも200名を超える負傷者が出ているとの情報があります。

最新情報7

広い範囲で停電していましたが、大阪府 寝屋川市以外は復旧したとのことです。

現在の人的被害の状況は「3名が死亡 91名がけがをしている」とのことです。

気象庁の会見では、今回の地震が「南海トラフ巨大地震」へ影響するとは考えにくいとのことですが、一方で、今回の地震が「南海トラフ巨大地震」につながる可能性があると指摘している専門家もいるので、今後の地震活動を注視していく必要があります。

最新情報6

NTT西日本、NTT東日本、ドコモ、au、ソフトバンクの各社が「災害用伝言板サービス」を開始しました。

災害用伝言板サービスは、災害時に家族・親類・知人などとの安否確認に役立つサービスです。

最新情報5

気象庁が会見を行い「今後、震度6弱程度の余震が発生する恐れがある」「家屋の倒壊にも注意を」とのことです。

熊本地震の時のように、1回目は大丈夫でも2回目の強い揺れで倒壊する建物が出てくると予測されるので、学校の校庭などの広い場所に避難をして安全を確保してください。

最新情報4

ガス漏れが起きている場合、火災が発生する可能性があるので、停電の起きている地域の方はブレーカーを落としてください。

また、倒れてきた壁や家具等によって多数の負傷者が出ているとのことです。

最新情報3

現在、大阪の広範囲で停電となっています。

また、火災が発生したり、ビルの外壁が崩れたりしているとの情報もあります。

熊本地震の時のように、8時頃発生した地震が前震という可能性も考えられます。

まずは広い場所へ落ち着いて避難をしてください。

安全の確保が第一です。

最新情報2

鉄道は各社全線で運転を見合わせているとのことです。

また、大阪市の危機管理室の情報によると「ガス漏れが起こっている地域がある」とのことです。

十分に注意してください。

最新情報1

菅官房長官が会見を行い「現在のところは大きな被害の報告はない」とのことです。

しかし、揺れの大きかった地域ではこれから被害状況の把握がなされる見込みです。

まずは安全の確保をお願いいたします。

これから強い余震も予想されるので、室内の片付けなどは後にして、まずは落ち着いて安全に避難をしてください。

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


 

-宇宙・自然・地震・前兆