不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

宇宙・自然・地震・前兆

[宇宙のミステリー]かつて火星に生命体が存在していた可能性を示す「複雑な有機物」を発見したとNASAが発表

火星の写真

地球のお隣さんの惑星「火星

現在の火星は砂と岩だらけの荒野が広がり、生命が育まれるような環境ではありませんが、かつては地球のように広大な海が存在していたことが最新の研究で明らかになっています。

しかし、海があったからといって必ずしも地球のように生命体が誕生するわけではなく、また生命体が存在していたという証拠は見つかっていません。

ところがっ!

2018年6月7日(現地時間)、NASA(米航空宇宙局)が驚くべき発表をしましたっ!

火星に生命が存在した!?NASAの探査機が火星の土壌に有機物を発見

火星探査で掘った穴の写真

火星探査車キュリオシティーが掘った穴(深さ約5cm 直径1.6cm)

米航空宇宙局(NASA)の無人火星探査車キュリオシティー(Curiosity)が、火星表面にある35億年前の岩石からこれまでで最も複雑な有機物質を検出した。

科学者チームが7日、発表した。火星の生命探査に飛躍的な進展をもたらす発見だ。

さらにキュリオシティーは、火星大気中のメタン(CH4)濃度が季節変動することを示すさらなる証拠を発見した。

これは、メタンの発生源が火星自体で、おそらく火星の地下水である可能性が高いことを示唆している。

火星のゲール・クレーター(Gale Crater)での掘削調査で採取された複数の化合物は、生命の直接的な証拠ではないものの、キュリオシティーが火星に着陸した2012年以降に火星表面から掘削採取された化合物としてはこれまでで最も多様性に富んだものだと、専門家らは指摘している。

米科学誌サイエンス(Science)に発表された2件の論文のうちの一つの主執筆者で、NASAのゴダード宇宙飛行センター(Goddard Space Flight Center)の宇宙生物学者のジェニファー・アイゲンブロード(Jennifer Eigenbrode)氏は「これは重大な意味を持つ発見だ。火星上で最も過酷な環境の一部に有機物質が保存されていることを意味するからだ」と説明する。

もしかすると、これよりもさらに保存状態の良い、内部に生命の痕跡を含む何かが見つかる可能性もある」と、アイゲンブロード氏はAFPの取材に語った。

AFP

実は以前の探査でも有機物は発見されていましたが、今回発見されたのはより複雑な有機物とのことで、かつて火星に生命体が存在していたという可能性が高まったと言えそうです。

そして、今後も順調に探査が進めば、生命体の化石を発見するということも十分に考えられると思いますっ!

今後の火星探査に期待したいと思いますっ!

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


 

-宇宙・自然・地震・前兆