不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

宇宙・自然・地震・前兆

[宇宙のミステリー]月の地下には大量の水や氷が存在する可能性が高いっ!東北大が証拠を発見

月の写真

地球から最も近い天体「

今から50年ほど前に、人類は初めて月に降り立ちました。

しかし、その後40年以上、不思議なことに人類は月に行っていません。

その理由として、「膨大な費用がかかるため」、「月には何もないから行く必要性がないため」、「そもそも人類は月に行ったことがなく、技術的に不可能なため」、「月には宇宙人の基地があり『来るな!シッシっ!』と言われているため」などなど……様々な噂が実(まこと)しやかに囁(ささや)かれています。

しかも、近年はお隣の惑星「火星」への探査や移住計画などがフォーカスされており、月の存在感はイマイチな感じになっています。

一時期は、NASA主導で月面基地計画なども予定されていましたが、いつの間にか立ち消えてしまいました。

そもそも月は人が定住するには不向きとされていました。その理由として水が無いから

もし水があれば人が飲むことはもちろんのこと、酸素を作り出すことも、水素燃料を作り出すことも可能になり、植物も育てることが可能になります。

火星には大量の氷があることが分かっており、定住することが可能ということで、急速に火星移住計画が進んでいます。

しかしっ!

この度、月にも多量の水や氷が存在することを示す物質が発見されたのですっ!

 

スポンサーリンク

 

月の地下に大量の氷か 東北大などのチーム発表

東北大学は、月の地下に氷が存在する可能性が高いことを示す鉱物「モガナイト」を、地球以外の天体で初めて発見したと発表した。

モガナイトの写真

モガナイト」は、高い気圧で水が蒸発する際に生成される鉱物で、これまで、地球以外の天体には存在しないと考えられていた。

東北大学などの研究チームは、月の隕石(いんせき)に「モガナイト」が含まれていることを世界で初めて発見し、月の地下には1立方メートルあたり、およそ19リットルの水が存在する可能性が高いと発表した。

東北大学・鹿山雅裕助教「氷とか水が、(月の)地下であれば、大量に埋まっていることがわかった。資源の活用がもっと容易になる

氷は飲料水や水素燃料にも交換できることから、月を拠点とした宇宙開発の重要な資源になることが期待されている。

FNN

これは夢が広がるスゴイ発見ですっ!

この発見は月でも人が暮らすことが可能になるということになり、わざわざ片道約8ヶ月間もかかる遠い火星に行かなくても、半日ほどで到着できる月に都市を作れば良いのです。

そもそも、地球以外の惑星に移住する目的として「万が一、巨大隕石が落ちてきて地球が壊滅しても人類が存続していくため」という大いなる理由があります。

これまでは火星しか候補地はありませんでしたが、これからは月が最有力となるのではないでしょうか。

地球から近いというメリットによって、開拓速度も火星と比べてグンと早くなるので、もしかしたらボクたちが生きている内に月面都市が完成するかも知れません。

数十年後には『今年のゴールデンウィークは月で過そうかな~♪』なんていう会話がされているかも知れませんネっ!

こんな感じで、今回の大発見のニュースは世界中に衝撃を与えていると思いますが……

でも実は、月に水があることをボクは知っていました。

なぜかって?

それは……

うさぎさんの餅つきイラスト

うさぎさんが月で暮らしているからですっ!ですっ!ですっ!ですっ!ですっ!

もち米を炊くにも水が要りますからネ(笑)

そう、月に水があるのは明白だったのです……

冗談はさておき、大発見をした東北大学の研究チームを称えたいと思いますっ!

 

スポンサーリンク

 

[このページはここまで ですっ!]


 

-宇宙・自然・地震・前兆