不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

宇宙・自然・地震・前兆

東京都の商業ビルなどが震度6強の地震で「倒壊・崩壊」の危険性が高い~紀伊国屋書店などの有名ビルも~

震度6強で倒壊の危険、都内251棟

JR新橋駅前のニュー新橋ビルの写真

JR新橋駅前のニュー新橋ビル

1981年の法改正前の旧耐震基準で建てられた東京都内の大規模な商業ビルやマンションなどの計852棟について耐震診断をしたところ、約2割が震度6強以上の地震で倒壊・崩壊の危険性が高いことが都のまとめで明らかになった。

危険性が「ある」を合わせると、全体の3割に上り、巨大地震に向けた対策が急務となっている。

都が29日に公表した診断結果のまとめによると、震度6強~7の地震で倒壊・崩壊の危険性が「高い」とされた建物は156棟(18・3%)。

同じ震度で倒壊・崩壊の危険性が「ある」とされた建物は95棟(11・1%)あり、「高い」と「ある」の合計は251棟(29・4%)だった。

一方、危険性が「低い」とされた建物は584棟(68・5%)。

ほかに改修工事中などの建物が12棟ある。診断結果の報告がない建物も5棟あった。

危険性が「高い」とされたのは、紀伊国屋書店の新宿本店が入る紀伊国屋ビルディング(新宿区)、JR新橋駅前のニュー新橋ビル(港区)、日本大医学部付属板橋病院(板橋区)など。

このうち、科学技術館K棟(千代田区)のように、耐震改修に着手した事例もあった。

朝日デジタル

今回の調査対象は、大規模商業ビルやマンションということですが、東京都内には旧耐震基準で建てられたビルは数多くあるので、それらの建物も倒壊・崩壊してしまう可能性が高いと思われます。

東日本大震災の時には、東京都は震度5弱の揺れで、天井が崩落したり部分的に崩れたことはあっても建物が倒壊することはありませんでした。

そして、南海トラフ巨大地震が発生した場合は東京都は震度5弱~5強の揺れになるのではないかと想定されています。

震度6強以下なので安全かというと残念ながらそうではありません。

地震で揺れるたびに建物にはダメージが蓄積されていくので、震度5強の揺れでも倒壊する可能性は十分にあります。

耐震診断時には当然、ひび割れなどのダメージもコンクリートの劣化状態も調査していますが、残念ながら完璧なものではありません。

また、最も怖いのが長周期地震動(長周期パルス)というもので、これが建物と共振を起こすと揺れが増幅されて、建物に大きなダメージが生じて倒壊してしまうとされています。

特に背の高いビル(高層ビルやタワーマンションなど)が共振を起こしやすく、南海トラフ巨大地震などの東京から遠くの場所で起きる大地震のときには、長周期地震動が発生すると予測されています。

そして、いつ起きてもおかしくはないとされている首都直下型地震では震度7の揺れになると予測されているので、今回の調査対象になった人が多く集まるような大規模ビルでは耐震補強が急務と言えます。

もし、どこかの建物内に居るときに激しい揺れが襲ってきたら、揺れが収まるのを待ち、速やかに建物の外に避難して、建物内に戻ることは極力避けましょう。最初の揺れで崩れなくても、余震で崩れる場合があります。

是非この機会に、みなさんがよく利用する建物が1981年前に建てられた建物かどうか調べてみてください。

 

スポンサーリンク

 

[この記事はここまで ですっ!]


 

-宇宙・自然・地震・前兆