不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

宇宙・自然・地震・前兆

[地震予知]「北海道沖で超巨大地震が切迫している可能性」政府の地震本部が発表

政府の地震調査研究推進本部が発表

北海道沖の千島海溝沿いで、今後30年以内にマグニチュード(M)8・8以上の「超巨大地震」が発生する確率は最大40%とする見解を、政府の地震調査研究推進本部が19日、発表した。

東日本大震災に匹敵する規模の地震が「切迫している可能性が高い」として対策を呼びかけている。

[画像:朝日新聞より]

地震本部が千島海溝沿いの地震について予測を見直すのは13年ぶり。最新の研究を踏まえ、東日本大震災(M9・0)級の地震の確率について今回初めて検討した。

その結果、十勝沖から択捉島沖までを震源域とするM8・8程度以上の地震が起きる確率は7~40%だった。

同規模の地震は平均340~380年ごとに発生し、直近では約400年前に起きたと考えられるという。地震本部は「平均的な間隔の『満期』を超えており、発生が切迫している可能性が高い」としている。

朝日新聞

非常に気がかりなニュースが入ってきました。北海道根室沖の巨大地震に至っては実に70%もの確率で発生するという予測がされているようです。

震源予測域で津波が発生すれば、北海道南東の沿岸部はもちろんのこと、青森県や岩手県の沿岸部にも津波が襲来するものと思われます。

また、巨大地震の周期がすでに満期を超えているとのことで、いつ巨大地震が発生してもおかしくはない状況と言えそうです。

ここ最近の日本全国の地震活動から予測すると、東北沖が今一番切迫しているというのがボクの見立てですが、今回の発表、地震についての予知予言も考えると、東北~北海道にお住まいの方はいつにも増して防災意識を高めておかなければいけないのだと思います。

今一度、非常食の備蓄非常持出袋の用意」「家具の固定などを確認しておいてください。

 

スポンサーリンク

-宇宙・自然・地震・前兆