不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・超常現象・都市伝説・占い等 最新ミステリーから謎多きミステリーまで!さくらさんの未来予知公式サイト

             

ノーカテゴリー

[謎解き]おばあちゃんの話~海の神様の言葉~考察ページその柒~(12月30更新)

2018/01/11

会話のイメージイラスト

不思議探偵社に、みひろんさんからご投稿頂いた「おばあちゃんの話~海の神様の言葉~」をみんなで考察するページです。

何か思い付いたり、ピンっ!とくるものがあったら是非ご投稿をっ!

これまでの話&考察

・これまでのおばあちゃんの話が掲載されているページはこちら
[お告げ]おばあちゃんの話~海の神様の言葉~(その一)
[お告げ]おばあちゃんの話~海の神様の言葉~(その二)
[お告げ]おばあちゃんの話~海の神様の言葉~(その三)

・これまでの考察ページこちら
考察ページその
考察ページその
考察ページその
考察ページその
考察ページその
考察ページその

考察コーナー

スーパームーンの後に

投稿者:kiri さん
投稿日:12月30日(土
)

2018年1月2日スーパームーン。スーパームーンから1~2週間後に巨大地震の発生が多い。

八月は文字通り取るなよ。イチの重なる年にもチとウミの入り混じりありたこと覚えておろうが。→八→11、二の重なる年は悲喜入り混じり。サンの重なる年も悲喜入り混じりなり。節目なり。ニ、サン、についても良く考えられよ。単純に考えれば間違うぞ。

→ニ、サン→2月3日の節分だと思いますが、20、30と考えて旧暦の11月20日と11月30日は2018年の1月6日と1月16日。

12.12.12.17と合わせて考えると、巨大地震が発生するとしたら、2018年1月6日、12日、16日、17日。意味不明ですがそう思っただけです。

スーパームーンとは月が満月や新月のときに地球に最接近することですが、当然、月の引力も一番強くなるので、それが地球の地殻に影響を与えて地震を引き起こすとされています。

おばあちゃんのお告げに出てきた謎解きと中年おっさんさんの「12・12」「12・17」を旧暦に換算すると同じ日になるというのは興味深いですネっ!

ただ、その日が地震を警告しているのか、それとも他のことなのかは読み解くのが難しいといったところでしょうか。

いずれにしても、来年が平和な一年になること願うばかりですっ!

 

スポンサーリンク

 

東南海地震?

投稿者:モモンガ さん
投稿日:12月11日(月
)

おばあちゃんのお話で、お役目が終わったという言葉が出て来たので、今までのお話をじっくり読み返してたどり着いた自分なりの思いを投稿します。

このサイトに投稿されてる全体の内容から、何か危険が差し迫っているように感じられます。特に、強く受ける印象としては、東南海地震ではないかということです。

東日本大震災まえにも、その様な感覚を持っていたり、耳鳴りなどの体調の不調を訴える人が多くいたそうで、もしかするもそうなのではないかと思いはじめました。

ただ、地震とは自然の摂理で昔から繰り返されてきたもので、神様のためしではないということです。

ためしでなければ、人々の願いで避ける事が出来るとおばあちゃんの話にあったので、皆んなで同じ事柄を願うというのはどうでしょうか?

私自身、おばあちゃんの話にあった祈りのやり方で、日々の感謝の気持ちを神様に向けて念じているのですが、続けて行くうちに、身の回りで起こる出来事全てに幸せを感じるようになりました。

今日一日、ケガもなく事故にあわず無事に家に帰って来れた事や、家族が健康でいてくれた事など、毎日普通に終わる事が、尊くてありがたい事なんだと心の在り方か変わってきました。

おばあちゃんの言葉に出会えて良かったと思います。このサイトにやって来た人皆んなで、同じ願いができないでしょうか?

ファインディングニモの中に、人間の網に捕まった魚達が、同じ方向に向かって泳いで、皆んなで逃げ出すシーンがありましたが、一人一人の力は小さくても、力を合わせれば大きな力になると思います。

もしかしたら、地震は起こってしまうかもしれません。少なからずとも、ネット上には地震の起こるのを望んでいる心無い投稿をする人がいます。

しかし、それでも被害が少なくなるように祈ることで、人知を超えた力によって守られてる奇跡を目の当たりに出来るのではないかと思います。

長々とすみません。価値観も人それぞれですので、不快に思う人もいるかもしれませんが、そういう考え方の人もいると思って流して下さい。

 

思うままに

投稿者:HAL さん
投稿日:12月13日(水
)

おばあちゃんのお話、心にスッと入ってくるようになりました。

で、自分なりにおばあちゃんのお話を時系列で整理したくて、過去のものから読み直そうと思ってはいたのですが、なかなか忙しくしていて叶わなかったところ…直近(12/5投稿)のみひろんさんの書き込みにあった短歌に、正直ゾワッとなりました…(理由は個人的なことなので伏せておきます)

その短歌を見たとき、考察と言うよりは私の思うままをこのサイトにどうしても書き込みたい(書き込まなければ?)という気持ちになりました。

「お役目は人それぞれ」という事でしたので、あくまでもこれは私のするべきこととして実行していこう思っていることですが…お付き合いよろしくお願いいたします(^人^)

・汝らの手で起こす災い

環境破壊や戦争のことだと思いますが、今願うことは「北がどうか対話のテーブルについてください」ということ…。もっと強く願いたいのは「北のあの方が自国内に目を向け、国民を幸せに導いてほしい」ということ…。

今それをすれば、北のあの方も国の指導者として国民的英雄になれるチャンスのはずなんです…。うわべじゃなくて、心から皆に慕われる、あたたかい指導者になられることを願ってみようと思います。

・天地の息吹たる災い

天災は人間にはどうしようもないこと…。天地も必死で生きている、ってことですものね(^^;

さんざん自然を壊してきた人間なのに、自分だけ助かろうというのもおかしな話…起きる事象はそのまま受け入れようと思います。もしそうなっても、自分の心がザワつかないように、我良しにならないように、と願おうと思います。

また、どこにいても、どんなに身を守っても、この先の世に必要な人は生かされるだろうし、お役目が終わった人は天に還されるのだろう…とそんな気がしてます。

「自分では選べない道、天に委ねよう」とおばあちゃんのお話を読んで思えたことでした。

…結局、私は祈ることしかできませんが(>_<)なるべく明るい未来を頭に描いて、自然の恵みに感謝の気持ちをもって、日々過ごしていこうと思います(^_^)

ちなみに、ここ3年くらいの間に私の心と環境に変化があり、自分のことではない他人への願い(欲のない祈り)は全部叶いました!不思議なことって本当にあるんですよね…。

↑と空き時間でほつほつ書き貯めていたら、米&北の対話に関する少し明るいニュースが飛び込んできました!どうか、良い方向に進みますように…。

 

スポンサーリンク

 

()男性?女性?

投稿者:まみ さん
投稿日:12月13日(水
)

大いなるお方とは  男性でしょうか?それとも女性でしょうか?

 

謎が解けた?

投稿者:kiri さん
投稿日:12月13日(水
)、17(日)

オタマのヤシロが分かってしまった!(たぶん間違いないと思う)

龍宮もあります。Wikipediaで二見興玉神社を見て下さい。ヤシロは夫婦岩かも。

夫婦岩の写真

完璧に謎が解けた。戌鳴く庭に金の鳥二羽舞い降りたらヤシロに気をつけよ=2018年1月1日(正月)/2月16日(旧正月)二見興玉神社のオタマのヤシロ(夫婦岩)が崩れたら波が襲う。巨大地震はその前にある。ので2017年中は安全と言う事です。北朝鮮が暴走しなければ…

なんとなく思ったんですけど。

・「現世の艮の方向より御魂現る。生を得て二つの都を往かれ、やがて縁あるオワリの地に辿り着く。」

・艮→三重県より見て北東。

・生を得て二つの都を往かれ→天皇陛下は神の化身。

・御魂→天皇陛下だと仮定したらオタマのヤシロは皇居?伊勢神宮? ますます謎だ!

・やがて縁あるオワリの地に辿り着く→伊勢神宮?

結局、伊勢神宮→伊勢→三重県→二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)→夫婦岩に行き着くんですけど…神籬(ひもろぎ)→夫婦岩の画像見てたらそうにしか思えないんですけど、レオさん的にはどーですか?

 

4つの太陽とは

投稿者:カムイ さん
投稿日:12月15日(金
)

おばあちゃんのお告げでの「4つの太陽」ってこれでは?

4つの太陽の画像

[画像:hazardlabより]

この現象が見られる時に何かが起こる!?

 

スポンサーリンク

 

きたにはたから~」について

投稿者:歴男 さん
投稿日:12月15日(金
)

「きたにはたから、ふた、たり、なり。みなみのたから、ふた、ここなり。ひがしにし、いつふたやにていずる。いまうつつ、みかづきいし。きたはおか、みなみはしま」についての考察

11/19のひふみんさんの投稿を参考に考察してみました。

『北の宝(大切なもの)、①20日(12月?)②2/10である。(日付を掛けている。)南の宝、①29日(12月?)②2/9である。東に4/28、西に5/28いづれも二夜で起こる(説明:ひがしにし→「東西」と「東に四」を掛けている。いつふたやにていずる→「五二八(二夜)にて起こる」)今は夢うつつな鹿島の要石(武甕槌神)北は陸、南は島。』

あくまで個人的な解釈です。このように進まないよう皆で祈りましょう。

 

海神にゆかりのある神社

投稿者:ひふみん さん
投稿日:12月16日(土
)

あまのみや めぐりきゆるは そらのはて いなるところに つちのふるえん

海人の宮 めぐり消ゆるは 虚の果て 異成るところに土の震えん

漁師など海に携わる仕事をされている方に縁のある神社、 めぐりが消えるのはいつわりの終わり 普通と違う不思議なことが起きる場所の大地が震えると、訳してみました。

海の神様のお告げの始めに戻るんですが、

夢の中で海から神様が出て来て、年が明けて「オタマのヤシロ」が崩れたら波が襲うから、船に乗るなと言われたそうです。

オタマのヤシロは、古代から海人にゆかりのある神社のことでは?と思いました。

以前おっしゃっていた方もいますが、やはり豊玉姫命(竜宮の乙姫さま?)か玉依姫命を祀っている神社ではないかなと推測しました。もしくは、海神の大綿津見神(豊玉彦)?

それぞれどの地域に祀られているか、調べてみました。

大綿津見神
沼名前神社 広島県福山市
日高見神社 宮城県石巻市
渡海神社 千葉県銚子市
綿津見神社 福島県相馬郡
志賀海神社 福岡県福岡市

豊玉姫命
若狭姫神社 福井県小浜市
益救神社 鹿児島県熊毛郡
高忍日売神社 愛媛県伊予郡
与賀神社 佐賀県佐賀市
海神神社 長崎県対馬市
鹿児島神宮 鹿児島県霧島市
豊玉姫神社 鹿児島県南九州市

玉依姫命
賀茂御祖神社 京都府京都市
吉野水分神社 奈良県吉野郡
青海神社 新潟県加茂市
玉前神社 千葉県長生郡
知立神社 愛知県知立市
玉井宮 岡山県岡山市
筥崎宮 福岡県福岡市
宇美八幡宮 福岡県糟屋郡
宮崎神宮 宮崎県宮崎市

句の訳が合っているかわかりませんが(汗)オタマのヤシロの解読のヒントになれば幸いです。

前のお告げで、今年はこのままいけば大過なく過ぎようと、おっしゃられていたので少し安心しました。

これからももっと祈りの和が広がって天に届くといいなと思います☆

 

スポンサーリンク

 

キリスト教的な表現が随所に

投稿者:アメジスト さん
投稿日:12月17日(日
)

こちらには二度目の書き込みになります。アメジストと申します。

『おばあちゃんの話』についての考察には、初めての投稿になります。よろしくお願いいたします。

さて、お祖母様に纒わる一連のお告げを読んで、私はある感想を抱きました。

それは、「日本の神様の様でありながら、キリスト教的な表現が随所に見受けられる」というものです。

特に、「ヨハネの黙示録」に類似性を感じる箇所が幾つかありました。

ここでお断りをしておきますが、私はキリスト教を信奉している訳ではありません。

ただ、幼稚園から高校までの期間をミッション系の学校で過ごしましたので、聖書や聖歌の有名なフレーズがおぼろげに記憶に残っている為、そのような感想を抱いたにすぎません。

神学的な知識もありませんので、細かい解説はご容赦ください。

また、謎解き・こじつけ・決めつけをするつもりはありませんので、私の書き込みにあまり惑わされず、「そんな見方をする人も居るんだな」という程度に受け止めていただければ幸いです。

奇しくも『花開く世界』の下りの中に、『宗教の違いは、その土地や人種(身体)の違いから、それぞれに合わせて生まれたもので、元々皆が信じる「最高神」は同じ神』という表現があります。

そうした前提で考えれば、他宗教、異文化のフィルターが掛かったものであっても、類似性があるのは当たり前なのかも知れません。

それでは幾つか事例を挙げてみます。

1.偽神について
「和なる方の使い」からのメッセージ
偽神を崇めるなかれ。
偶像崇拝をするなかれ。

(モーセの十戒として有名です。申命記5章・出エジプト記20章「あなたには、わたしのほかに、ほかの神々があってはならない。」「あなたはいかなる像も造ってはならない」という言葉があります)

2.巻物が登場する
かけはしごよみ」など「題名の付いた」巻物が一つづつ開いた下り

(ヨハネの黙示録にも、巻物で未来が開示される下りがあります。ヨハネの黙示録第5節「わたしはまた、御座にいますかたの右の手に、巻物があるのを見た。その内側にも外側にも字が書いてあって、七つの封印で封じてあった。」ヨハネの黙示録第8節~11節。引用は一つ下の3.の項にあります)

3.口と腹が苦い・甘いという表現
「和なる方の使い」からのメッセージ
皆良しの実を求め腹に入れよ。皆良しの実、姿形は美しくなく、口には苦けれど、腹には甘く、物事良く見えるようになるぞ。我良しの種、身体の外に出るぞ。やがて身体も心も強くなるぞ。

(ヨハネの黙示録第8節~11節に、預言者ヨハネが巻物を受け取る。そして食べる下りがあります。

すると、天から聞こえたあの声が、再びわたしに語りかけて、こう言った。『さあ行って、海と地の上に立っている天使の手にある、開かれた巻物を受け取れ。』

そこで天使のところへ行き、『その小さな巻物をください』と言った。

すると、天使はわたしに言った。「受け取って、食べてしまえ。それは、あなたの腹には苦いが、口には蜜のように甘い。』

わたしは、その小さい巻物を天使の手から受け取って、食べてしまった。それは、口には蜜のように甘かったが、食べると、わたしの腹は苦くなった。

すると、わたしはこう語りかける声が聞こえた。「あなたは、多くの民族、国民、言葉の違う民、また、王たちについて、ふたたび預言しなければならない。』

甘い所と苦い所がお祖母様とは逆ですね。でも表現手法がとても似ています)

4.随所に登場する「和せよ」に関するお言葉
あなた達の進む道は3つ。1つはあなた達が「皆良し」の心で自らの力で全てのつながりを和を基に変えていく世界。

2つ目はあなた達が「皆良し」の心を持つが、その先に天の世界とも和しす事を受け入れていく、すなわち「花開く世界」。

和せよ、和せよ。
大いに和せよ。
神とも和せよ。

(マタイによる福音書第22章35節~38節・マルコによる福音書第12章28節~30節

「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、主なるあなたの神を愛せよ」

「自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ」

使っている言葉は違いますが、意味合いが同じだと感じました)

5.神の愛
短歌
神の愛はいつもあなた方に届けられている。昼に輝く日輪の如く、夜に輝く月の如く。

那佳智加楽月珠様の言葉
わが愛は尽きる事無く、わが子ら全てに向けられている。
愛しきわが子ら、同胞ワせよ。

(「神は愛なり」は、ヨハネによる福音書など、聖書の随所に表現されている最も有名なフレーズです)

6.「まちびと」について
智能泉種様が語られた「まちびと」

(この項目は特に、キリスト教における生誕・再臨的なものを強く思い起こさせる下りです。4つに分けて解説します)

6-1「まちびと
汝らのまちびと、やがて来たる。

(このフレースはとてもキリスト教的です。詳しくない人でも、クリスマスソングなどで似たフレーズを結構耳にしていると思います。

特に「待つ」「まちびと」であれば、普段から待望している場合に使う表現なので、キリスト教の様に、「救世主の再臨」を乞い喜ぶ思想が根底にある文化圏の人ならば違和感が無いところですが…。他の宗教や文化に「まちびと」の概念があるのかどうか、私には判りませんが)

6-2「ネ」
ネの国より生じ、北よりメグリ終えて、オワリの地に来たる。

(根の国は日本の神様的に考えれば異界、黄泉。ウィキペディアでは、海の彼方、比定地としての実在する地方をあげていますね。

ただ、「ネ」という言葉に、私はもうひとつの引っ掛かりを覚えました。それは『エサイ(エッサイ)の根』という言葉です。

これはわりとポピュラーなクリスマスキャロルである『エサイの根より』という歌の歌詞にも出てきます。

この言葉を簡単に説明しますと、「生まれてくるキリストがダビデ王の系譜である」と説明するのに、「ダビデ王の父親であるエサイという羊飼いの系譜である」という間接的な言い回しをわざわざすることがあるのです。

又、「根」という言葉を使うのは、木々を切り倒された切り株から若枝が芽吹く様子を、苦境からの救世主の誕生に重ねている訳です。要するに待望の救世主の到来を表現する場面で「エサイの根」という風な言葉が使われている訳です)

6-3 人であり神である
人なりし神、神なりし人なり。

(キリストは神でありながら人の子として生まれた存在として、聖書の随所に表現されています)

6-4 神のシルシ
悪狐と悪狼の多き世の事、詳しくは伝えられねど、シルシ無き者達は皆偽りなり。只人にあらず。間違う事なかれ。

(神のしるしについて、ヨハネ黙示録7章第2節に、こんな文があります。「また、もうひとりの御使いが、生ける神の印を持って、日の出る方から上って来るのを見た。」)

とりあえず以上です。長々と書き込みいたしまして、失礼いたしました。

受け止め方は人それぞれだと思いますが、最初にも申しましたとおり、「似てるな~」程度であり、まして「だからどうだ」という結論を申し上げるものではございません事を、お断りしておきます。

 

スポンサーリンク

 

神魂神社

投稿者:kiri さん
投稿日:12月8日(金
)

12月5日(火)投稿のおばあ様のお告げで「ひもろぎの いわにひびくは かみのこえ いずれきこゆは とうげのしらせ」の意味が知りたくてネットでいろいろ見ていたら行った事はないですが、神魂神社かもすじんじゃ)と言う場所が島根県松江市大庭町にあるそうです。

神魂神社の写真1

神魂神社の写真2

本殿は現存する日本最古の大社造りで国宝のようです。よく分かりませんが、ここがオタマのヤシロなのか?って勝手に思いました。

年が明けて神魂神社に神籬(ひもろぎ)の岩があるのかどうかも分かりませんが、その岩が崩れるかなんかしたらそれは神の声で、その後、峠、大峠の知らせが聞こえると言う事なのかなぁ?と思いました。

でも、神籬(ひもろぎ)は日本全国どこにでもありそうなので結局、どこなのか分かりません。

実際、家の近所にも有名な道の真ん中にある神籬(ひもろぎ)がありますし…日本のどこかの神籬(ひもろぎ)に異変が起これば峠の目安になると言う事なのでしょうか?

残りの短歌は調べてて怖くなったので止めました。

神魂という名前だけでも凄さが伝わってくる神社があるとは……。

おばあちゃんのお告げの原点でもある「オタマのヤシロ」につながりそうな感じはしますネっ!

オタマ=御魂=神魂 と変換しても違和感はないんじゃないでしょうか?

 

()凡人にはどんな役割が?

投稿者:凡人 さん
投稿日:12月9日(土
)

こんにちは  みひろんさん お婆様
ヤダなーって内容もありますが楽しく読ませてもらっております。なんとかして大難を小難にしたいですね!! 今年もあとわずか…お体にお気をつけ下さい。

お婆様に質問があるのです。

人は皆それぞれ役割を持って生まれてきているので…』という事ですが凡人はどんな役割があるのでしょうか?

特に頭がいいわけでも運動神経がいいわけでもなく知恵もない。性格良いのか?それほどでも…外見いいのか?全然…器用なのか?全然…ただただ今存在してるものを有り難く使って生きてるだけです。

若い頃は『生きてる意味が分からない、生きてて楽しくない、1つくらい得意分野があってもいいのに何故自分にはないのか、いつまで生きていないといけないのか…』等と考えることが多かったです。あと趣味も無かったですね。

今思えば あまりにも自分が何も持っていないので少し焦ってたのかもしれません。

今は趣味できてますので楽しい時間は出来ましたが凡人なのは相変わらずです。出来ることしてたらいいや(というか それしか出来ない…)と思えるようになりイライラする事も減った感じです。災害などを思うと起こる度に色んな事に対しての感謝を考えさせられます。

別に悩み相談ではないです(笑)謎なのです、凡人の存在が!!

面白いご質問ですが、ある意味奥の深い質問でもあるような感じがしますネっ!

生きてる意味が分からない、生きてて楽しくない~」という悩みにも似た疑問は、誰しもが一度は考えることだと思います。

偉そうなことは言えませんが、自分本位になっている時ほど人生への疑念が湧いてくるように思います、なんとなく……。

誰かのために、世の中のためにと頑張っているときは不思議と雑念が消えるというか、人生乗れてるというか……そんな感じがするんですが、みなさんはいかがでしょうか?

凡人云々という疑問はきっと自分自身ににフォーカスし過ぎているから生まれたものではないでしょうか?

あ、これは、おばあちゃんへのご質問でしたネ!(笑)

みひろんさん、おばあちゃんに伺ってみてくださいっ!

 

スポンサーリンク

 

中国の宇宙ステーション その2

投稿者:モモンガ さん
投稿日:12月8日(金
)

しずけさに おときりのわみちびきて あまとにのびる ひかるいとのは

という歌とともに見た場面で「東の空に明るく光る輪が白から赤や青っぽい色にかわり、たくさんに分かれてからそのうちの二つがドーナツのようになって落ちて行くのを見た」とありましたが、それが

犬啼く庭に連れ立つ金の鳥二羽舞い降りたらやしろに気を付けよ

につながるのではないでしょうか?

中国の宇宙ステーション「天宮1号」が落ちてきたときに大気圏に入って来る際に、砕けた姿を見たのではないかと思います。

砕けた部品のうちの燃え尽きなかった2つが何処かの地上に落ちて来るのではないかと思います。そして、その事が大峠の始まりだと思います。

アメリカの先住民族のホピ族の言い伝えが9つあり、そのうち8個は既に当たっているそうです。

9つ目が、「天の住まいが大音響とともに落ちてきて青い星のようなものが見えるとき、ホピ族の儀式はまもなく終わりを告げるであろう」とあります。

ホピ族の言い伝えには、この世は3回滅んで今の世界は4回目の世界だそうです。

いずれの世界も、人間の争いや悪しき心のせいで神様が世直しのために、心の清い人を助けて、古い世界を終わらせて今の世につながっているそうです。

この世の終わりが新しい世界の始まりということでした。4番目の世界が終わると5番目の世界が始まるそうです。

宇宙ステーションの落ちて来る予想が、2018年1月~2月までに落ちて来ると予想される事から、おばあちゃんのお話に関係があるのではないかと思います。

ホピ族(アメリカ先住民族)の予言についてですが、予言に出てくる「青い星」とは今年謎の大爆発を起こした「パンスターズ彗星(C/2015 ER61)」ではないかという説があります。

また、近いうちに超新星爆発を起こすと予測されている星「ベテルギウス」ではないかという説もあります。

そして「天の住まいの落下」とは国際宇宙ステーション(ISS)という説や、巨大なUFOが落ちてくるという説があります。

モモンガさんがおっしゃるように、中国の宇宙ステーションかも知れません。

ホピ族の予言は恐ろしいほどに的中率が高く、以下の予言(しるし)が的中をしています。

白い肌の人間が到来する、そしてその者たちの文化が栄え、地上の支配者のように振る舞う

ヨーロッパ系民族によるアメリカ大陸の侵略と現代まで続く反映。

馬に曳かれない車輪の声で満たされる

自動車のこと。

いたるところで鉄のヘビが大地を横切る

鉄道列車のこと。

空中に「くもの巣」がはられる

電線のこと。

「第一の炎の輪」「第二の炎の輪」

第一次世界大戦、第二次世界大戦。

「ひょうたんの灰」を発明する。(この灰は川を煮えたぎらせ、黒い雨を降らせ、不治の奇病をはやらせ、大地を焼き尽くして、その後何年も草一本生えないようにする)

原子力爆弾のこと。

これほどまでに的中をしてるホピの予言ですが、ボクたちの世界が終わると5番目の世界が始まるとも予言しています。

新しく始まる5番目の世界が訪れる時には以下のような状態になるとも言っています。

このようなしるしとともにとてつもない破壊の時が訪れる。

世界は前に後ろにと激しく揺り動くだろう。

白い人たちは他の土地のーー最初の知恵の光を所有するーー人たちを相手に戦うことになる。

ここからさほど遠くない沙漠で白人が引き起こしたような、幾本もの煙と炎の柱が立ちのぼる。

ホピの場所にとどまり暮らしているものの安全は保たれるだろう。

そしてつぎに再建の時がようやく訪れる。そしてじきに、再建の時がやってきたあとすぐに、パハンナが帰ってくる。

彼は第五番目の世界の夜明けを運んでくるだろう。

われわれの心の中に彼の知恵の種を植えつけることだろう。種は必ず植えつけられることになっている。その知恵が五番目の世界への移行を円滑なものとするだろう」

Native Heartより

果たして、このホピ族の予言も現実化するのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

 

三重から見た方角

投稿者:むぎチョコ さん
投稿日:12月6日(水
)

おばあちゃんの9月15日のお告げで、以下のものがあったと思います。

>「犬啼く庭に連れ立つ金の鳥二羽、舞い来たらやしろに気を付けよ。
>「蛇の住処の中に犬に追われた鳥が見つかったら、チの嵐は一時止むであろう。

これ、「犬」や「蛇」はおばあちゃんがお住まいになっている三重から見た方角のことを意味しているのでは?と思いました。

つまり、それぞれ以下の方角に相当することになります。

戌=西北西
巳=南南東

ちょうど、三重から見てほぼ西北西には北朝鮮があり、逆に南南東に当たる場所には以前北朝鮮の標的とされていたグアムが位置しています。

このことから、「金の鳥」についてはミサイル や 戦闘機のような兵器を連想しました。

さらに「チの嵐」も上記からの連想ですが、もし攻撃が始まってしまったら悲しいことですが「血の嵐」と言えるでしょうし、その様子を外から見たら「地の嵐」にも見えるかも知れません。

みひろんさんの7/20の投稿によると、おばあちゃんは『年が明けて「オタマのヤシロ」が崩れたら波が襲うから、船に乗るなと言われた』そうですから、それと組み合わせて時系列に並べて整理すると次のようになります。

1. 今から年明けの間に北朝鮮への攻撃が(2回、2発、2機…)ある

2. 年明け後に「オタマのヤシロ」に異変がある(恐らく地震?=「崩れたら」)

3. その後「波が襲う」ので「船に乗るな」

4. (1の結果?)紛争に発展するが、北朝鮮がグアム方面に何らかの飛翔体を発射した後に一時中断される

クリスマスまでに北朝鮮への攻撃があるという報道が一部にありますが、これが実現しないことを祈るばかりです。

最後になりますが、神さまが敢えて難解な形でお告げを出されているのは、皆で知恵を出し合うこと・力を合わせて問題に立ち向かうことが「和する」ことに、すなわちタメシや大峠を乗り越えることに通じるのだと、暗に教えてくれているというのもあるのかもしれませんね。そういう心構えを忘れずにいなさいと。

こうやってわたしがお告げに触れられるのも、サイトを公開して頻繁にページを更新して下さっているレオさんや、お告げを受けていち早くそれを丁寧にまとめて下さっているおばあちゃんやみひろんさん(いつも、相当な手間だと思います。。)がいらっしゃらなければそもそも成り立たないわけですし、それを元にいろいろな角度から知見を共有して下さる皆さんの投稿があってこそだと思います。

犬や蛇は確かに干支の漢字に変換でき、方角を示しているとも解釈できそうです。

それが、おばあちゃんの住んでいる三重県から見ると、北朝鮮の方角とグアムの方角を示しているという発見はナイスだと思いますっ!

 

中国の宇宙ステーション

投稿者: さん
投稿日:12月7日(木
)

11/28のニュース記事を見て、ふと引っかかった言葉がありましたので投稿させて頂きます。

内容は、中国の宇宙ステーション実験機が、これから2018年4月までの間に、地球のどこかに落ちる可能性が濃厚になったというものでしたが、その実験機の名前が「天宮1号」。

(あれ?確か、みひろんさんのお婆さまが受けたお告げの句に「あまのみや」って言葉がなかったかしら?)と思い、過去の記事を探していたら、ありました。

あまのみや めぐりきゆるは そらのはて いなるところに つちのふるえん

「あまのみや」が中国の実験機を指すのなら、下の句の意味は「巡り消ゆるは 宇宙の果て 異なるところに 土の震えん」と解釈できます。

「異なるところ」というのが「中国(打ち上げた国)以外の国」を指すのか、日本以外の国を指すのか分かりませんが、「土の震えん」は、落下した際の衝撃を表しているのではないかと思います。

「土が震える」ということは、海上ではなく陸地に落ちることを示唆しているのかもしれません。

中国の宇宙ステーションのほとんどは大気圏突入の際にほとんど燃え尽きるようですが、部分的に残って地上へ落ちてくるのではないかと言われています。

現時点ではどこに落ちるのか計算ができないようなので、最悪の場合は人が住む都市部などへの落下も考えられます。

「異なる所」が打ち上げた中国以外という解釈は正解のような感じがしますネっ!

落ちてくる部品のサイズによりますが、家屋などに直撃してしまうと、それなりの被害が出てしまうかも知れません。

大気圏突入で宇宙ステーションが全て燃え尽きることを願うばかりです。

 

光の柱について

投稿者:なみ さん
投稿日:11月27日(月
)

左側(東)の空に光の柱が見えたとありましたがその柱は短いものですか?それとも地から天まで 届きそうな長いものですか?

光の色は  青白いようなものなのか  オレンジのようなものなのか 光の輝き度なども  覚えていらっしゃる範囲で教えてほしいです。

光の柱についての質問1

光の柱についての質問2

光の柱についての質問3

 

空と海の乗り物に乗ってくる

投稿者:もふもふ さん
投稿日:11月27日(月
)

(おばあさんの、新しい夢見の考察です)なかちからのつきたま様のおっしゃる、「空と海の乗り物に乗ってくる」(文章が少し違いますが)とのお言葉はやはり北朝鮮の事だろうと思います。

「それが始まっている」という事ですので、真っ先に思い出すのは、最近秋田県の海岸に相次いで流れ着いている、北朝鮮の不審船です。これは海の乗り物に当てはまります。

残るは空の乗り物ですが、これはまだ(気づいていないだけ?)ですが、それは戦闘機か、何処かの国の旅客機に紛れ込んでくるか、人は乗れませんが、ミサイルか…

何にしても、これ以上の事態の悪化は避けたいところですね。皆で和して祈りましょう。

 

バリ島のアグン山噴火

投稿者:蕎麦の香 さん
投稿日:11月28日(火
)

レオさんいつもありがとうございます。興味深く拝見しています。11月27日のおばあちゃんの夢の話を見ていたらテレビのニュースで、バリ島のアグン山噴火のニュースが流れてて、もう、皆様の考察で重複しそうですが、一応…

日本から見てバリ島は、方位的に未の南西で南寄りの南西でアグン山は、聖なる山で火の神様として崇められているとてもパワーのある山らしいです。

9月の時におばあさんがバリ島がきになるとおっしゃってられたのを思い出しました。おばあさんが受け取った珠の1つが火だったのもあり、気になり…

と言うことは、他の方位の、どこかの水の神様が、祀られているところになにかが起こりそうなのかな…などと単純なので、思ってしまいました。

勘違いで方位とかズレてる事があったら、すいません。

 

歌中のみごろにあわぬ~&質問

投稿者:にやたん さん
投稿日:11月28日(火
)

おばあさまのお告げの考察の中でチョココロネさんの考察をみて、思っていたことですが、海さんの考察をみて、吐き出すこととしました。

私が、思うに「みやしろに~」の歌中のみごろにあわぬ と、チョココロネさんの考察中の策 女 乱 は、あの方(禅譲される御方の后)ではないかと。

色々調べるとあまりいい噂がありませんし、かといって、私達ではどうすることもできないことではありますが・・・

みひろんさんに質問があります。おばあさまに聞いていただきたいのですが、祈りは具体的に、どのようにすればよいのでしょうか?

「こうなって欲しい」や「こうならないように」等と思い描けばいいのでしょうか?

 

海からの乗り物に乗った者

投稿者:しまうま さん
投稿日:11月28日(火
)

これより遠くない先に海と空より乗り物に乗った者たちが訪れ、タメシの一つとなる、鳥と大将に注意しなさいと伝えました。」「その時はやってきています。南の海と空のハタラキも始まりました。他の方角にも風が吹き始めています。」「あなた達の力で変える事が出来る事、出来ない事が含まれます。

これを拝見し、海からの乗り物に乗った者とは!あるニュースが思い浮かびました。

このところ北朝鮮の漂流船が頻繁に流れ着いています。かの国の気の毒な方々・・・とも思えますが、もし細菌や生物兵器などを日本に運ぶ作戦だったら恐ろしいと。

鳥と大将に注意とは、トランプさんと将軍様の言動で動きが読めるということでは。

最近テロ支援国家に指定され、仕返しを、目立たない、被害に気付くのに時間のかかる方法にしたら。

空からの乗り物はわかりませんが、ドローンなど目立たない可能性もあります。

南の海と空のハタラキ バリ島の火山も危険が再燃しました。噴火の規模によっては海も空も影響がでるかもしれません。

わたし達の力で変える事ができる事 想定すること、もしもの為に無防備でいないこと、祈る事でしょうか。

 

ムスビのお役目

投稿者:ひふみん さん
投稿日:11月28日(火
)

みひろんさん、おばあちゃんさんいつもありがとうございます。

たましず、今はムスビのお役目をされている皆様方に代わり、私が伝えます。

今年は11/28夜~12/4に出雲大社の大国主大神の元に全国から神様が集まって神議(かむはかり)という全ての縁をむすびつける会議を行うそうですが、(ムスビのお役目をされている皆様方)とはその神々様のことですかね?

出雲大社では、27日19時~神様達を迎える儀式が行われたそうですが…

出雲大社の画像

ムスビの決まり事はやがて知らされるでしょう。

神議で決まった事が、おばあちゃんを通してお知らせされるのでしょうか?

そうだとしたら、なんだかありがたいです。。

もともと神様は信じてはいましたが、不思議探偵社さんのサイトでおばあちゃんのお告げに出会ってリアルタイムに発信されていると存在を確信できるというか、、これからタメシがあるかもしれませんが、大難が小難となるようにお祈りしていきたいと思います。

 

南の海と空のハタラキ

投稿者:桜雲 さん
投稿日:11月29日(水
)

先日のおばあさんの夢のお告げで気になったことがあったので投稿します。

那佳智加楽月珠様のお言葉で「その時はやってきています。南の海と空のハタラキも始まりました。他の方角にも風が吹き始めています。」 

この南の海とはバリ島の噴火のことで、他の方角のハタラキというのも各地の火山の動きのことではないかと思いました。

また、最近、北朝鮮からの漂着船が多いのは、日本海側の沿岸警備状況の確認するためで、工作員の潜入が急速に増え始めているのではないかと思えて仕方ありません。

火山と北朝鮮の関係はよくわかりませんが、地下核実験により大地震が発生し、どこかの火山を刺激する可能性があるということでしょうか。

バリ島の噴火は神様の怒りを表し、「日本」を快く思わない人達からの神社や神域を穢す行為に対しても、大鉈がふるわれるのではないでしょうか。

神様から見ると人間の行き過ぎた行動に対する大浄化が必要なのかもしれませんが、大難が小難になるよう祈るばかりです。

 

しずけさに~」について

投稿者:kiri さん
投稿日:11月29日(水
)

沈黙の北朝鮮がミサイルを発射しました。

しずけさに おときりのわ みちびきて あまとにのびる ひかるいとのは

静けさに 音切りの輪(ミサイル) 導いて 天都(戸)に伸びる 光る糸の刃(武器)

北朝鮮問題の解決策が見えない中、静かな北朝鮮が東の方向(アメリカ本土)へ発射した天にも伸びる程のミサイル(大陸間弾道ミサイル)から戦争が始まる。かもしれませんのでレオさん注意して下さいね。

12月に入ったらおばあ様のお告げと中年おっさんさんのお告げが現実になりそうな嫌な予感がするのでいつでも避難できる準備をしています。

12月12日~12月17日は津波が来そうなので年末のご挨拶を兼ねて山の方へ行こうと予定を入れました。

北朝鮮のミサイル発射をうけて戦争の心配もあります。何も無いことを祈りますが、レオさんや不思議探偵社の皆さんが生き残れたらなぁ…と思います。僕も生き残れるかな?こちらは神戸在住です。では、また。

 

はるわけて~」について

投稿者: さん
投稿日:11月23日(木
)

いつも皆様の解釈を興味深く拝見しておりますが、ふと閃いたことを投稿させて頂きます。

はるわけて せいめいいたる みちすがら みごろにあわぬ あでやかな みなをいただき ときはうもれり

春分けて 晴明至る 道すがら 身頃に合わぬ 艶やかな 御名を戴き 時は埋もれり

この句を拝見した時、失礼ながら今上陛下のご退位と、皇太子さまのご即位のことを指すのではないかと思ってしまいました。

先日ご退位が4月頃になるだろうという見解がニュースになっていましたし、時期もぴったりだと思います。

春分から晴明(春分から15日目)までの間に、皇太子さまが即位されることを、天界の方では「身頃に合わぬ(=ふさわしくないorまだ早い)」と思っておられるのでは。

今上天皇と皇后両陛下の祈りが、地を鎮めることに大きな役割を果たしているという考察をされているサイトを見たことがありますが、私もそう思っています。

天皇皇后両陛下と同様のレベルの祈りを捧げられる方は、今の皇室にはいないのではないでしょうか。「時は埋もれり」が、時間を無駄にする等の意味だとすると、禅譲が日本にとって良い結果を生まないように思えます。

 

「まちびと」について

投稿者:ヴィレッジ さん
投稿日:11月23日(木
)

「まちびと」について

>「人なりし神、神なりし人なり。
ヒトラーの予言にも書いてありますョ。
日月神示でも同じようなことを言ってますし。

五葉之巻(第16帖)
マコトでもって洗濯すれば霊化される
半霊半物質の世界に移行するのであるから
半霊半物の肉体とならねばならん
今のやり方ではどうにもならなくなるぞ
今の世は灰にするより他に方法のない所が沢山あるぞ
灰になる肉体であってはならん
原爆も水爆もビクともしない肉体となれるのであるぞ
今の物質で作った何物にも影響されない
新しき生命が生まれつつあるのぞ
岩戸ひらきとはこの事であるぞ

上つ巻(第35帖)
死んで生きる人と生きながら死んだ人と出来るぞ

富士の巻(第19帖)
四つん這ばいになって着る物も無く
獣けものとなって、這はい回る人と
空飛ぶような人と
二つにハッキリ分かれて来るぞ

日月神示より

おばあちゃんの話にも
あなた達の進む道は3つ
とあるように、行き先は皆同じではないというところが大事なところです。進化できるか、落ちていくか、それはその人次第ということで

 

戦争の話とも共通する記述

投稿者:エルママ さん
投稿日:11月24日(金
)

おばあさまのお話と日月神示の類似性を指摘しておられた方がおられたので、私も少し見てみましたところ、おばあさまがひいおばあさまから聞かれた戦争の話とも共通する記述がありました。

日本がおそらく自然災害で弱っていると見るや、ロシアが攻めてくるようです。はっきりと攻めてくるのはロシアと書いてあります。

日本の同盟国のはずのアメリカとイギリスも手のひらを返し、侵略する側に回るようです。特に女性と子供、老人は集められ軟禁されるようです。

日本にあるものを妬まれ戦争に巻き込まれるという事で、なんだろうと考えてみますと海底資源(レアメタル、金属、金、石油などかなり豊富にあるようです)、水資源、森林資源などが浮かびます。日本は領海域を含めると世界でも5番か6番目の面積だそうです。

中国が尖閣諸島、韓国が竹島、対馬を狙っているのもおそらく海底資源が目的だと思います。

戦争に巻き込まれないよう願うばかりですが、仮に巻き込まれたり侵略された場合、日本は度重なる自然災害でダメージを受け、国力が弱っている状態の時、であるようです。

時期ははっきり書かれていませんが、子年を真ん中に挟む時期ということで2026-2038年という説明もありました。

ちょうどひいおばあさまのひ孫が子を産む頃にはどういう方向に行くかわかるといったお話で、みひろんさんが多分10年後くらいかなあとコメントされていましたが、2026年以降という時期が当てはまるような気がいたします。

 

毒鯨の話

投稿者:碧那 さん
投稿日:11月26日(日
)

今回、初めて投稿いたします。不思議探偵社を、いつも楽しみに拝読しております、レオさん素敵なHPを作って頂き有難うございます。おばあちゃんの話等、とても興味深く、魂に響き、精神の勉強になっています。

もう既に、どなたかが投稿しているかもしれませんが、アルゼンチンの潜水艦の事故があったようで、おばあちゃんの毒鯨の話を思い出しました。

爆発のような音もあったとのニュースもあり、海の神様の一番の懸念でもある、「毒鯨」が死ねば、毒で海中の生命の多くが絶たれ、人にも影響あり。という事が、現実に起こってしまったのではないかと心配になりました。

早く多くの人々が大切な事に気が付いて、自然と共存できる世の中になると良いのですが…。

 

スポンサーリンク

-ノーカテゴリー