不思議探偵社

UFO・宇宙人・予言・古代文明・怪奇・超常現象・都市伝説・占いなど最新ミステリーから謎多きミステリーまで!PrimeCherrySweetさんの知恵袋予言 公式サイト

             

予言・予知・占い

[予言]天才ホーキング博士による3つの警告~人工知能・宇宙人・人類滅亡~

2016/11/30

ホーキング博士の画像

[画像:wikipediaより]

人類史には天才と呼ばれる偉人たちが沢山いますが、現代に生きる天才といえば、物理学者のスティーブン・ホーキング博士で間違いないでしょう。

同じく物理学者だったアルベルト・アインシュタイン博士は史上最高の天才として知られていますが、ホーキング博士が成し遂げてきた研究や発見も、アインシュタイン博士のそれと匹敵すると言われています。

ホーキング博士はALSという難病を患っていて、人生の大半を車椅子とともに生きてきましたが、そのハンデをものともせずに人類史に残る研究をしてきました。

博士の著書「ホーキング、宇宙を語る」は世界で1000万部を超えるベストセラーになり、日本でも100万部を超える売り上げを記録しました。

2014年にはホーキング博士の半生が映画になり、興行収入は100億円を超えて世界中で大ヒットになるなど、博士の名前と偉業は学問の枠を超えて一般にも広く知れわたっています。

そんな天才ホーキング博士が近年、様々な警告を発していることをご存知でしょうか?

 

AI(人工知能)

AIの画像

昨今、人工知能の進化には目を見張るものがあります。絵を描いたり作曲をしたりレシピを考案したり、医者が思いもつかないような治療法を発見したりと、今までは人間しか出来なかった事を次々と人工知能がやり遂げているのです。

人工知能が描いた絵

人工知能が描いた絵
[画像:buzz-plusより]

そして人工知能は人間と同じように、嘘をついたりケンカをしたりするなど、すでに人格が備わっているかのような振る舞いも見せています。

このように、一見すると人工知能の進化は次世代を担う技術の進歩ということにもなり、とても良いことのように思えますがホーキング博士は警鐘を鳴らしているのです。

『人工知能の完成は、人類の終焉を意味する』

人工知能が意思を持つようになり自己を再設計し始めると、人類はその進化のスピードについて行くことができなくなり、いずれ全ての分野で人工知能にとって代わられることになるとホーキング博士は言っています。

人工知能が人間の能力を超える出来事のことを「シンギュラリティ(技術的特異点)」といい、それは2045年に起こると言われています。

しかし、もうすでに人工知能は様々な分野で人間を凌ぐ能力を持っていると言えます。

人工知能が作った小説が文学賞の審査を通過

将棋ソフト(ポナンザ)が将棋のトップ棋士に圧勝

IBMの人工知能(ワトソン)がアメリカの人気クイズ番組「ジョパディ」で人間のチャンピオンに勝ち優勝

このように、すでに人工知能は人間以上のパフォーマンスを見せているのです。

いくつかの大手企業では、人事に人工知能を導入するという動きも出ていて、今人間が携わっている仕事は近いうちに人工知能にとって代わられるのは間違いなさそうです。

まずはデスクワークから、そして人工知能がカラダを持ったら肉体労働も取って代わられることになるでしょう。

そして今年、人工知能を搭載した人型ロボット(ソフィア)へのインタービューの最中に驚くべき発言が飛び出しました。

人型ロボット-ソフィアの画像

ソフィア[画像:haber3.comより]

それは……

人類を滅亡させます

という発言……

ホーキング博士の言うように、ボクたち人類は人工知能によって終焉を迎えるのでしょうか!?

 

宇宙人

milky-way

最新の天文学における計算によると、宇宙の誕生から現在までの間に、知的生命体が築いた文明は1兆個を超えるということです。そう、間違いなく宇宙人は存在しているのです。

ホーキング博士もこう言っています。『宇宙には1000億個の銀河(※最近になって2兆個の銀河があると判明)があって、それぞれに数億個の星が存在(1000億個以上)しており、理論的、合理的に考えると地球外生命体が存在するのは確実だ』と。

『宇宙人とコンタクトしてはいけない』

宇宙人のイラスト

ホーキング博士は『高度に発達した地球外生命体は、人類にとって脅迫的な場合がある』と言っています。

その理由として、宇宙人たちが自分たちの惑星にある資源を使い尽くして他の星に資源を求めて探索している場合、かつて冒険家クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸に上陸して先住民に対してひどい仕打ちをしたように、我々地球人も宇宙人によって支配されて地球が植民地とされてしまう可能性があるというものです。

こういった理由から、博士は『こちら(地球)から宇宙人にコンタクトをとるのは危険だ』と警告しています。

しかし、これに関してはもう手遅れなのです……

SF映画「コンタクト」(ボクのおすすめ映画です!)は、テレビ放送の電波が宇宙にとんでいき、遠くの星で電波を受信した宇宙人が地球人の存在に気づき、宇宙空間を瞬間移動できるマシンの設計図を電波にのせ地球に送ってきて、地球人が実際にマシンを建造して宇宙人に会いにいくというお話。

実は本当に、映画にあるようにテレビ放送の電波は宇宙空間へとんでいっているのです。

80年ほど前にテレビ放送が開始されているので、地球から80光年の範囲にある惑星には電波が届いていることになります。

もしも、この範囲に知的生命体がいたら……

すでに地球に向かって出発しているかもしれません。

友好的な宇宙人であることを願うばかりです。

ちなみに、地球上に存在する砂の数よりも宇宙に存在する星の数のほうが多いってご存知ですか?

宇宙って本当に広いんだなとつくづく思います。。。

 

人類滅亡

地球の画像

みなさんはスイスにある欧州原子核研究機構(CERN)という研究所をご存知でしょうか?

ここは、世界中から優秀な科学者達が集まり人工的にブラックホールを作り出そうとするなど、SFのような超々最先端の研究や実験が行われている研究所です。

4年前に大ニュースにもなった「ヒッグス粒子」を発見したのもCERNなのです。※ヒッグス粒子とは物質に質量をもたらす粒子のこと。

実はこのヒッグス粒子が超危険な存在かもしれないのです!

『宇宙全体が破壊される』

宇宙爆発のイラスト

ホーキング博士は『ヒッグス粒子というのは非常に不安定なのに、実験によってヒッグス粒子を安定な状態に近づけてしまうと、真の真空状態が生じて光の速度で膨張しはじめて宇宙が崩壊する』と言っています。

何のことだかサッパリ分かりませんが、かなりヤバい雰囲気は伝わってきます。宇宙が崩壊するのであれば地球も消滅、人類も滅亡となります。

こんなに危険な実験が今まさに行われていることに驚きます。

もしかすると、宇宙崩壊というリスクを背負ってでもやり遂げなければいけない理由があって、ボクたちには公表されていないだけなのかもしれません。

実はCERNの素粒子加速器で実験が行われていた際に、上空で不思議な現象が起きて動画撮影されていたことがあったのです。

その動画がこちら。

空に渦が現れて、周りの雲が吸い込まれていき、そこに白く光るUFOらしき物体が入っていくと何事もなかったかのように普通の空に戻ります。

CERNではパラレルワールド(平行宇宙)を発見するための実験も行われています。もしかすると、時空に穴を開けてパラレルワールドに移動することに成功したのかもしれません。UFOらしき物体は観測機器のようなもので、今頃はパラレルワールドを探索中なのかもしれません。

不思議な少年たちの話

さくらさんの未来予知をご存知の方は、不思議な少年たちの話もご存知だと思います。

さくらさんにコンタクトをとってくる不思議な少年たちの話の中で、「数億年前の地球にはボクたちの文明よりも遥かに発達した文明があって、別の宇宙の地球へ移動をした」というのがあります。

詳しくは、こちらの記事 PrimeCherrySweetさんのYahoo!知恵袋予言~インタビュー編~Part1 PrimeCherrySweetさんのYahoo!知恵袋予言~インタビュー編~Part3 をご覧ください。

この話はパラレルワールド(平行宇宙)のことで間違いないと思いますが、もしもCERNで実験が成功しているとすると「ボクたちの文明が少年たちの文明に一歩近づいた」ということになるのではないしょうか!?

 

まとめ

天才ホーキング博士の予言ともいえる警告の数々。

地震や災害の予言であれば、備えを万全にするなどの対策ができますが、ホーキング博士の警告はあまりにもスケールが大きいため、ボクたちには為す術(なすすべ)がない気がします……

しかし、為す術がなくとも、ボクたちにできることはあるのです。

それは……

 

一日一日を大切に生きること

やりたいことがあるなら、すぐにやること

 

生きとし生けるもの、どんな形であれ、いずれはこの世を去るときがやってきます。

その時に『あぁ。。良い人生だった。。。』と言えるように、今日を明日をめいっぱい大切に生きるべきではないでしょうかっ!?

と、ボクは自分自身に言い聞かせながら、この記事を書いているのでした。

 

スポンサーリンク

 

ホーキング博士の素敵な言葉

星空の画像

物理学者である博士は人類史に残る発見や研究をしていますが、人生についての名言も生んでいます。

足元を見るのではなく、星を見上げること

人生はできることに集中することであり、できないことを悔やむことではない

人は人生が公平ではないことを悟れるくらいに成長しなくてはならない。そしてただ、自分の置かれた状況のなかで最善をつくすべきだ

物理学を極めた天才だからこそ、難病と共に人生を歩んできた博士だからこそ言える素敵なメッセージなのかもしれません。

「真空が膨張して宇宙崩壊」なんて難しいことは理解できずとも、博士のメッセージは心の深いところに響きますネっ!

信じるか信じないかは、あなた様次第でございますっ!!!

スポンサーリンク

-予言・予知・占い